2019年03月17日

「清水湯」という品川区の武蔵小山にある温泉 そして 「エプソムソルト入浴」

3週間ほど前から、
武蔵小山駅から歩いて5分ほどのところにある清水湯http://www.shimizuyu.com/)に、
時折、電車で通う母。
もちろん私は付き添いです。
母が入浴中は、
私はその近所にある目黒不動尊にお参りしている次第です。


母も、病だからといって歩かないと、、、
足腰が弱りすぎれば、それは生命力の減退を拍車をかけるので、
自覚をもってがんばってますね。

尊敬します。



清水湯とは、2つの天然温泉、黄金の湯と黒湯温泉。美人の湯、長寿の湯の天然温泉と岩盤浴でさらに健康にそしてより美しく。
銭湯価格でどなたでもご利用いただけます。

ということで、病気療養に人気が高いところです。
かなり遠方からも車等で来ているのが、清水湯前の駐車場の車のナンバープレートからもわかります。

とても薬効成分も優れたところがあると私も思います。
実はその薬効成分のある温泉の湯質成分と同じようなものが目黒不動尊でも出ておるところが一箇所だけあり、
そこで私のプルパ等の法具や自作ていしん、シュンガイト等のパワーストーンを浄化させているのです。
すると普通の水道水などでは比較にならないほどの浄化力で、私の施術の成果はそのようなところからも支えていただいている。

そのようなパワフルな温泉ですから、がんなどにもよろしいと評判なんですね。



そんな温泉に必死に通う日頃の母。
その母のサポートとして姉が一週間前に情報提供してくれました。
新聞に広告が出ていた本の切り抜きを速達で送ってくれたのです。


奇跡の温泉免疫療法 治りたければ、3時間湯ぶねにつかりなさい!
内容紹介
医者に見放された患者10万人を笑顔にした
アトピー、膠原病、糖尿病、アルツハイマー、そして、がん……
医者がさじをなげた難病に、なぜつぎつぎと奇跡が起きるのか!?

湯治療法の体験、喜びの声、続々!


とのこと。


母に読んで欲しいということで送ってくれた情報ですから、
とりあえず図書館から借りてきました。 ^-^;

そして母いわく。

「3時間も入ってたら、私は死んでしまう・・・」

と顔が若干ひきつりつつ、ひとこと。。。



まぁ、清水湯は混み混みなことも多いので、どう考えても3時間も入れる訳はないのです。







そこでとりあえず、エプソムソルトという (硫酸マグネシウム) 入浴剤をアマゾンから購入しました。



シークリスタルス 国産 エプソムソルト (硫酸マグネシウム) 入浴剤 8s (4kgX2) 浴用化粧品 計量スプーン付 無香料



こちらでも温まるようにということで購入。

アマゾンの商品紹介では。。。。
商品紹介
エプソムソルトとは?
欧米でもっとも使用されている入浴剤です。
200年以上昔、イギリスのエプソムで発見され塩に似ているのでエプソムソルトと名づけられました。塩ではありません。アメリカではどんな田舎でも販売しています。そして古くから使用されている入浴剤です。

どんな入浴剤?
エプソムソルトはミネラル100%です。特にマグネシウムは必須ミネラルです。
15000mgのマグネシウム風呂をお楽しみ下さい。肌が綺麗にサラサラになります。

使い方は?
お風呂に150cc以上入れるだけです。20分以内の入浴をおすすめします。
付属のスプーン50ccの場合3〜4杯
30ccの場合5~6杯入れてください。

何から作られているの?
硫酸マグネシウムです。
聞きなれない名前ですが海水の3番目の成分で安定した安全な成分です。赤ちゃんでも使用できます。

日本のどこでつくられていますか?
瀬戸内海で抽出され山梨県の化粧品工場で生産しています。

沢山の雑誌や芸能人が愛用しているわけは?
2010年以前での日本で発売がなかったのでアメリカの雑誌が日本でエプソムソルトを紹介したのが2013年です。
その記事からエプソムソルトを使いはじめる人が増えてきました。
芸能人は西、東洋問わず見せる仕事なので肌の手入れに使用しています。芸能人が使うと雑誌の取材も多くなりました。

安全なエプソムソルトの選び方
ロットナンバーの印字してある製品を選びましょう。それは品質管理が行われているからです。




体がとても温まるしアトピー性皮膚炎などにもいい。
そして風呂釜にも、それほどのダメージは与えられず。
おしゃれな入浴剤よりもかえって安くつくものです。


個人的にはエドガーケーシー療法でも、
たびたびエプソムソルトの入浴を促すリーディングがあり、
どんなものなのかと気になっていたのです。

欧米では普通に入浴剤として用いられる定番なのに、
日本ではそうなっていないのはなぜだろうか?

そんな疑問もあって、試してみたかった!

でも限られた研究費という制限内で買おうという目論見から、
ほかのものが常に優先されて、
なんとなく躊躇し続けてきたのですが、この際!ということで。




利用してみて、ストレスフルな日々を一層してくれる爽快感もあり、ほっとするつかの間が味わえます。

いい感じです。
posted by スズキ at 09:47| Comment(0) | 母の自宅介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする