2018年05月07日

施術で大変なハードルの高さがあるのが、前縦靭帯が骨のように固まって動かない状態です

前縦靭帯骨化症.jpg

図を観ていただいて、
薄緑色の部分が前縦靭帯という靭帯です。

体調が極端に悪い方には、
意外に多くの割合でこの前縦靭帯が骨ほどに硬化してしまい、
胸椎がほとんど動けなくなっている人が多くおられるようです。
実際にお医者様から「前縦靭帯骨化症」という症状名をいただき、
私どものところへおいでいただいたお客様もおられます。

ただそのような症状名をもらっていなくとも、
実際には胸椎の椎間板が縮んだままだったり、
椎間板が部分的に拡張したままであったり。
あまり変異したまま動けない部分があるか、
胸椎全体どころか胸郭全体の動きが大きく制限をうける場合があります。

この前縦靭帯は、胸椎の前側にあるということで、
胸骨や肋骨、そして心臓や肺の裏側に位置します。


多くの場合は、この前縦靭帯が硬化した状態が強まるときには、
肺の動きや肋骨や胸骨の稼働制限による呼吸のしづらさ・息苦しさ、
胸腺の働きの制限により免疫力の低下からアレルギー等や病疾患になりやすく、
心臓への負担からの血行への問題などが生じてしまうものです。

ですがお気づきのように、前縦靭帯に対して、
直接的な物理圧をかけることが不可能に近い。
胸骨や肋骨、そして心臓や肺越しに前縦靭帯を加圧するなんて、
できるものじゃありません。


すると多くは前縦靭帯の硬化に問題がでてしまうことがあれば、
ほとんどは一生そのままでいるしかないのです。。。



ただ、異常といえるほど、
現在の日本人の姿勢悪化のせいで、
前縦靭帯が骨のように固くなり胸椎が動けない人が増えています。


私個人の施術上の対処として、
この部分に対しても背中側からのインパクト圧やそれを掛ける前の念入りな下ごしらえ、
それにつづく重りをつかったてこの原理を活かした胸椎部分のリリースなどをすること。
最近、インパクト圧が使えるようになって、
どうにかこうにか、そのリリースの成績が良くなってきました。


ただ、、、じつに大変極まりない作業量ではんぱのない精神力や集中力が必要な難しい計算が重なる施術です。
施術をする私が息をするのも忘れ、
お客様の状態を必死に把握して、
それを私の脳内に3Dに描き直してアプローチポイントを絞り込み、
そして手順を決定しつつ、それを暫時改定しつつ、
険しい山道を登っていくような感じです。

あまりの大変さから前縦靭帯が硬すぎるという方の施術が続くと、
施術後にほぼほぼ、お客様がお帰りになられた瞬間に、
その場で倒れるように意識を失う感じ。
夜中の3時まで気がつかないほどです。


この前縦靭帯が骨化したら、
私自身、多くの施術関係の本を目を通して、いいと書かれていることは、
愚直に必死にトライしてみたが、どれも、現在の日本人の骨化具合には、
歯がたたないものでしたから。


まずもって必要なことは。

普段からの姿勢を悪化させないようにするスキルを養うことですね。
そして意識的に猫背だったり反り腰だったり、
首や頭が前に落ちるほど出てしまっているような状態となることを避けてください。

そして前縦靭帯を骨化させるまで、固めないうちに、
ヨガや肋木、その他、エクササイズや施術院で施術を受ける等により、
改善を図ることです。

または下記の本なども参考になるでしょう。
どうしても胸郭運動の改善をお客様にしてほしくて、
先日から購入を考えていたが費用をそちらに当てられずにいたのだが。。。ついに、買っちゃいました。^-^
ただこれは一般書ではなく専門書ですから、一般の方にはすこし自分で読みこなし実践するにはハードルが高いかと思います。

胸郭運動システムの再建法 第2版-呼吸運動再構築理論に基づく評価と治療 Web動画付


もしほんとうに前縦靭帯が骨化してしまい脊椎の稼働制限が著しくなったり、
胸郭内外の臓器へと不調が及ぶようなまで固めてしまったら。
現実的な話として、
改善はなされづらいといえるのではないでしょうか。

私自身、多くの施術院を知っているわけではありませんから、
いい加減なことを申し上げられませんが、
私の知り合いのとても優れた能力を持つ施術家の方でさえも、
この部分に極端な問題が起きれば、無茶な力をかけるような
力任せの施術をしたら、かえって骨化した靭帯が裂けたり
周りの組織をともなって肉離れ状になってしまったり、
甚大な故障リスクが起きるおそれがあるからアプローチは、
改善できるほどのことはできないと言っておりました。

私のところでは、私が多くの時間をここに意図的に割くことで、
どうにかこうにか対処を図るようにしているのですが、
私と同じ程の施術時間をお一人のお客様にかけることができず、
やはり対処は難しいと言わざるをえないとのこと。

実際に胸椎部分をいきなりスラストをかけられて、
甚大な事故が起きたというケースも聞きますから。

お客様への危険を避けるため、
手を出さないようにするときがあっても正解だと思います。
しっかり研究、研鑽を積んで十分な力が整えられたときに、
そのときに初めてアプローチをするようにしたほうがいい。
そのようにいってよいと、私は考えます。



私自身も、前縦靭帯が骨化した方へのアプローチ自体、
危険だからできないと言ってしまえがいいのかもしれません。
ですが、日頃、よくしていただくお客様ですから、そうも言えずに進んで施術を試みますが。

私自身の施術でも十分すぎるほどのことができているとは言えません。
少しずつ進展はあるものの、難解な問題はいまだに多く、課題ばかりだともいえるでしょう。
まだまだ、研究段階です。




本音で言うと、
極力、前縦靭帯骨化症は、さまざまな内臓諸器官への問題や運動器系の制限など、
生命にかかわるような重大なネックとなるので、
そこまで固める前の前に、固めないように努めてもらうというのがいいんですね。

それが、お客様にも施術をする私達にも、なによりうれしい結果を生み出せるでしょう。 ^-^
posted by スズキ at 05:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筋繊維をピチカートする感じで筋膜リリースを。^-^



最近、二胡が弾けるように、時間を見つけては、
ドレミの音出しから練習する独習の日々を送っております。
超初心者モードで頑張っています。

気に入った二胡奏者のYouTube映像を観て、
演奏時の所作をつぶさに観察して、
コピーさせてもらっています。 ^-^


バイオリンを弾かれる方が教えてくれたのですが、
バイオリンの演奏技法にピチカートという、
弓で弦を弾くのではなく、
指で弦をはじいて音を出すというものがあるそうです。

そのバイオリンを弾かれる方がならっている先生から、
弓が弦に当たるとき。
そこを顕微鏡レベルで拡大して観察すると、
弓に塗った松脂の粉が、弦をピチカートしている様子が見て取れるといいます。


そのお話をお伺いして、
あっ、そういえば最近、弓に松脂を塗ってないと思い出しました。 ^-^;

二胡もバイオリンも、弓に松脂をこすりつけるのは同じなのです。

注意深く弦に弓が引っかかって音を出させるように噛ませている動作を入れているにもかかわらず、
音色がかすってしまうのは。
まさに、松脂を半月ばかり塗り忘れたせいでした。 ^-^;;



二胡を弾くときには、
「いい音」を奏でたいものです。

曲を弾く練習は誰もがおこなうものですし、
練習をしっかりすれば上手くなるでしょう。

ただしっかりとした弦に弓を理想状態で当て、
弓についた松脂の粒子が弦に接触してピチカートさせる際の振動は、
その二胡奏者の、まさに技巧的な大切な音作りに関わるものですね。

演奏者ごとに同じ二胡を弾かせても、
まったく違った音色が現れてきます。

そこの違いは驚くばかりです。



バイオリンを弾くお客様から、
弓が弦に当たる際の松脂がピチカートするイメージを教えていただいたとき。

私の脳裏は、
施術の際に筋膜等をリリースをするときのずり圧にオーバーラップさせていました。

筋膜リリースをするために、ずりずりと手や重り等を活かしながらずり圧をかけるとき。

ずり圧をかけたときに、筋繊維が一本ずつピチカートされるイメージが想像されました!

まさに髪の毛より細い筋繊維が、
小刻みに揺れて弦を弾いて音を奏でるようなイメージが思い描かれたのです。

私と同様な施術をなさる施術者ならばわかるでしょうが、
安定的な圧をかけているつもりでも、
まさに、いい音色がかなえられずに、
失敗感を感じざるをえないこともあります。

逆に、
まさに筋繊維が細い弦になったかのように、
絶妙な等速運動をしつつ音の強弱をつける。
うまく圧のエネルギーがつたわったために、
これは確実に意図したリリースがなされた!
というケースも起きてくるものです。



美しい二胡の音を奏でるときの松脂の粒子がピチカートしているときのように、
筋膜リリースをするとき極細の筋繊維をピチカートするようなイメージを持つ。


二胡を弾くときには、耳に素敵な音か雑音か、どちらかが聞こえてきます。
まったく異なった両極端の表現がなされるものです。
表現として容赦なくあらわれるものですから、
自然にぶざまな音を出さないよう心がけるよ
いい加減に流すような弾き方をしないようにしていく癖がつきます。

そのような気配りと同様なレベルの意識で、
筋膜リリースをしていこうとするわけです。

するとおもしろいことに、
私の脳裏に顕微鏡レベルで筋繊維をピチカートさせるイメージを思い描く精密さを持ったときには、
非常に理想的な筋膜のリリースがなされるものなのですね。

弦を松脂がついた弓がとらえたとき、
弦の振動が強烈に弦を押さえた左手の指先に響いてきます。
そんな手応えがあると、二胡の音がビリついたりしません。

あたかもその二胡の音が気持よく奏でられたときと同様に、
施術で筋膜リリースをしたときも「筋繊維をつかまえた感触」が指先に響き渡ります。


そのような共通項を感じることができ、
二胡を弾きながら、
このような音色で、
筋膜リリースをしようと思えるのは、
良い相乗効果を覚えます。


以上のように。
施術研究をするにも、
二胡練習のような別ジャンルに幅を広げることで、
さらに多くの目覚めを起こそうと期待しています。

そのような今日このごろです。

^-^

posted by スズキ at 03:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする