2017年06月27日

来月初旬に、予約順番待ちにお並びいただいているお客様へ予約受付可能のご連絡をさせていただきます!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

予約順番待ちにお並びいただいているお客様への業務連絡』です。 m__m


現在、前回予約順番待ちにお並びいただいているお客様30名様を受付させていただきました。
そして2017年3月8日に、
30名のうち10名に通知済みとなっております。
なのであと20名のお客様が予約順番待ちにお並びいただいている状況です。


来月初旬に、予約順番待ちにお並びいただいているお客様に、
予約可能となりましたという通知を送らせていただきます。

お呼びする人数を5名にするか、10名にするか、
それとももう少し人数を増やしても大丈夫なのか。
現時点の予約状況や他の考慮すべき状況を考慮させていただいて決めていきたいと思っております。
(最低人数でも5名はお声をかけさせていただく予定です)


新たに予約可能となりましたお客様。
ご都合がよろしければ、
一度、足をお運びいただけましたら、嬉しい限りです。

どうぞよろしくお願いいたします!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

メール等でのお問い合わせをいただいているお客様。
新たに施術を一度試しに受けてみたいというお客様からのお声がけを頂くとき。


「予約順番待ちでの受付を、今は、休止中なのです」

現状、施術での受付可能人数が少ない施術をしているため、
いつでも予約順番待ちを受付させていただきますから、
どうぞ、どうぞ、、、と受け付けていた頃。

数百名のお客様が、「じゃぁ、予約順番待ちに並んでみよう」ということで
300名近くのお客様がお並びいただくようなこととなりました。
実質、丁寧な施術で時間がかかるやり方をしているため、
すべての300名のお客様に対応させていただくために、
最後のお客様にお声がけをするために2年は期間がかかるでしょう。

同時に予約順番待ちで新たなお客様がお並びいただきつづける。
そうなると、お並びいただけているにもかかわらず、
いつまで経っても施術が受けられない方が多く出てきます。。。
それも、私には無責任のような気がしてなりません。

そのため現在は、予約順番待ち受付を休止中なのです。

ただ、新たに予約を希望していただいたお客様は、
今がつらいからどうにかしてほしいのにという気持ちがわかるので。
心底、申し訳ない気持ちです。



私以外にも、優秀な先生方は多くおられますから、
そこまで思いつめなくてもいいんじゃないのかと。

そのように同業者の施術を生業にしておられる方にも言っていただけるので、
確かに、そうなのですね。。。
私も、多くの優秀な施術をなさる先生方がおられると思っております。
なので、私のところでなくとも軽快や快方へ向かわれるお客様もおられるでしょう。

ただ、もしご縁があって問い合わせを頂いたのにもかかわらず、
こちらからそのご縁を無為にするようなことはしてはならない。

そんな気持ちで、
なにか自分らしいお客様との関わり方なども必要かと考える、この頃です。

とりあえず、
来月初旬に、
予約順番待ちでお並びのお客様に予約受付させていただきますとお声がけができるのはうれしい。

^-^

それが、着実に予約順番待ち受付の再開にもつながることとなりますし。
posted by スズキ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

【業務連絡】:2017年7月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました

【業務連絡】:2017年7月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



------------------------
☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への業務連絡となります ☆
------------------------

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


☆ 2017年7月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にある 
ファンクションキー5 <F5> を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。




【 編集後記 】

こんにちは。
ボディワイズの鈴木です。


私が施術をさせていただいているお客様のなかで、
同業者の方が、多くの割合でおられます。
すると同業者ゆえの話も、交わすことがあるのです。。。


施術をなさる他の先生方のなかでも、
長年にわたり一線でやっておられる方々は
それぞれが個性的な施術のやり方をなさっている方が多いように感じます。
少なからずお客様にとって魅力的な存在なのでしょう。

ただ意外なことをいうようですが、
それぞれの先生方ごとに施術のゴールは違うものです。

以前、
鍼灸師であったり、
整体師であったり、
カイロプラクターだったり、
理想のムーブメントをつたえる先生であったり。

それら先生方に
「あなたの施術のゴールは、どうなったときですか?」
とお尋ねしたことがあります。


自身の関わる強みあるお客様へのアプローチは違えども、
どこにお客様と進みたいのかという共に歩む方向は近いものがあるのかと思っていました。

でも、それは私の思い違いでした。


返ってきた答えは、様々でした。

ある先生は、
「私の得意な施術法で、治せたときでしょうな」といいました。

この回答がすっきりとお客様にとって納得しやすい答えかもしれませんね。


また別の先生は、
「私は、お客様との会話を大事にしています。
寄り添う気持ちが伝わって、お客様の緊張が溶けて次のステップに進めるからです」

そして別の先生は、
「ゴールは設定してませんね。
お客様の内側にあるニーズがかなえられれば、いい。
私が設定してもしかたないじゃないんですか」


そうか、そうか。。。

結果を出すということの解釈は、
おそらくそれぞれの先生が独自に設定してもいいんだ。
そんな気になってくるほどバリエーションが豊かでした。




今度、一度、他の施術をなさる先生方に、
同様に尋ねてみたいことがあります。

「ライバル視すべきものがいるとしたら、誰ですか?」

ライバル店のこと?

そんな答えばかりがくるとは、
私には思えません。

他の敷地はよく見えるということわざがあります。
特に施術院をしはじめのときには、
私も最低半年は店に閑古鳥が鳴くのは当たり前だから
そのつもりでやっていきなさいよ、と言われましたし。


ただ私には、、、
ちょっと違った先生像が見えてきます。

施術の先生として長年やって来られた方々は、
自分の得意技を持ち「強み」となるところへ力を集めてきました。

自分の関心が深く持てるところに注力してきた方が長続きしている。
研究をしている時間が充実している。
時間を忘れて取り組めるから肉体的疲労はあったとしても
精神的には前向きでいられる。
だから成長の幅が大きくなる。
すると一目置かれる存在になっていく。

そして自分が不得手な「弱み」部分は、
割りきって時間を惜しむ。
ホームページ作りが苦手なら、
そこで自学の時間を投下するようなことはせず、
ホームページの制作会社に依頼する。
アウトソーシング化したほうがよいところには、
ばっさりと。


そこまでは、
一人かまたは少人数で運営する先生の特徴でしょう。


ただ私個人の考えですが、
ライバル店のことを
ライバル視するような感覚はありません。


唯一、私がライバル視しているのは、誰かといえば、
それは単純な回答ですが、「昨日の自分」だけです。

きっちりと昨日の自分の施術を抜けばいいのですね。

もうちょっと細分化してみれば、、、
午後の施術では、
午前中の施術をしたときと同じレベルで留まりたくはない。

お客様にはわからないと思いますが、
必ず意図的に改善を促す変更点を散りばめていたり
忍ばせています。
工夫する点なども、いつかは尽きそうだと思えても、
結局はいまだに尽きることなどありえませんでした。



私は以前、他の施術をなさる先生が気になりました。

でも、年齢が進むとずうずうしくなってきて、
他の先生を真似ても自分らしくは思えなくて、
施術も多様性があってこそ進化があるのだと。
そんな気持ちで自分は自分独自の考えで行く。

他の施術家が改善できて
だが私にはできないなら、
いずれ廃業するでしょう。

そこを前提として受け入れれば、
他はさほど怖いものなどありません。


私は大幅に現状の技量を変えようとは思いません。
他者に目に見えない程度のスモールステップを積み上げて行きたい。

照顧脚下とは、他に向かって悟りを追求せず、
まず自分の本性をよく見つめよという戒めの言葉です。

無理なく自分の足元を眺められていたならば、
昨日までの自分の技量をもっともよく知るのは私自身。
その地点から第一歩を進めることしかできないのです。


自分の強みとは?
自分がやっていて価値があると思えるものってなんだろう。
、、、などと自身の関心事に特化して強烈な魅力を身に備えること。

ここについて自らが考えが至るには、
内省を繰り返さねばなりませんから、
大変なところもあるでしょう。

ここが発見できて、「将来の自分のなりたい像」が活躍をしている姿をリアルにイメージ出来たとき。

もちろん、人は勉強して成長する過程で、
興味関心あるものも当初のものと、
まったく同一なものではありません。

変わっていくのは「当然だ」と、
私は思います。

まったく変わらないというのは成長ができていない証拠でしよう。。。
成長したら、そのときに自身の「将来の自分のなりたい像」はいつだって書き換える。

特に、私は、つねに更新の繰り返しです。

だから将来の自分のなりたい像を描くにも「とりあえず・ひとまず」という言葉が入るかもしれません。

それでも十分です。

「脳に自分がどこに行きたいのかを伝える」ことで、
脳が自分が持つ関心事に必要な物を見つけ出す機能を働かせられるからです。
ここへの曖昧さは、目的地が未設定でどこにいけばいいか、
山手線の切符売り場で行き先の駅名がわからずに適当な切符を買うほどの致命傷を負います。
だから徐々に明瞭さを増すように、具体性をもたせ重みをつけていくよう
気にかけておくといいかもしれませんね。



ちなみに私は、
来月の7月は、
ボウエンテクニックという施術法の講習会を受講しにいってきます。
新たな施術技術を学び成長の幅を増す試みです。
自分が次に行く目的地の切符を、手に入れていこうと、がんばってきます! ^-^



================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

みぞおち(太陽神経叢)を緩めるにおいての工夫

『自作てい鍼』の解説。

ちょっと寄り道をしますが、聞いていください。

私はUSBケーブルの延長コードを買ってきたんです。
100円ショップの安いやつでコードが細いものです。

プリンターとパソコンを接続して情報をやり取りする。
その用途ではまったく問題なく使えました。

ですがアンドロイドタブレットと外付けのハードディスクで、
OGTケーブルを通して給電させるような状態でこのUSB延長コードを挟むと、
ハードディスクは給電量が不足してちっとも動かない。

そこでUSBケーブルを取り替えて使用しているコード内の電線の断面が太いものに変更すると、
どうにかハードディスクは動き出しました。 ^-^


電線の中を電流が流れるとき。

その電線が細すぎるときには、
多くの電流が流れられません。
つまり電線の太さが電流の流れる量に関わってくるという物理で学んだ知識が必要ですよね。

そこをまず覚えておいてください。



人体は生体磁石なんですね。

体内の血液の中もイオンが存在して地場が生じているのです。
心臓も電気信号で動くというのはわかりますよね。

それは「MRI検査」という強い時期を体にかけて起こる磁気共鳴をつかって、
患部を立体画像としてとらえる検査。

これができるのも生体が磁石に反応するということなんです。



一般的にはてい鍼とは、
比較的、先が細くなっておりツボを的確にピンポイントに氣を送る刺激を与えられるものだ。
森本てい鍼というてい鍼があります。
こちらは極細でピンポイントに深く刺さる気の通りの鋭さが治療に活かせるすばらしいてい鍼。
ただ、実はこちらの森本てい鍼が買えるサイトは、
鍼灸師でなければ取引をしないということで、
私には手に入らないというシロモノですから。

森本てい鍼は極細なてい鍼であるがゆえに、
金製であったとしても私にも買える!という唯一貴重なものでもありまして。

それで私は残念ながら持っていません。

ツボへの刺激がピンポイントで限定的であったほうが、
脳へのメリハリが付いた刺激が伝わっていくでしょう。
私自身、プロで気を的確にピンポイントに与えて治療をするというならば、
このような鋭い気をピンポイントに流れるてい鍼での修行が必要だと思う。

それだけツボを的確に取る取穴の力が試されるものですが、
現状の私では、徐々に現在そこを磨いている過程です。
すぐにはそこまではできないでいます。

それに対して、
太いてい鍼のほうが患部のツボの接点が広くなり、
ツボが極端にピンポイントに絞り込めない。
その分、初心者向きといえるのではないか。

そちらであれば私にでも、
そこそこまでは使えるんじゃないだろうか?
または一般の方でも同様にそうなるのでは?

そのような可能性が広がるものか実験して、
様子を見てみようと考えて、
てい鍼の定石で考えれば太すぎの真鍮製の自作てい鍼を作って成果を確かめていました。



するとやっぱり私自身が作ってみた自作てい鍼は、
初心者向けとしての期待に答えてくれていました。

それもやっぱり人体の生体磁石との影響の仕方が、
想定していたとおりに作用しているようで驚いた。 ^-^




そこで、つい先日の施術でのこと。

人間が生体磁石を叶えるための要所となる「太陽神経叢」。
神経叢は、神経が多量に交錯したかのように集まる部位。

太陽神経叢は、みぞおちの奥にある腹式呼吸に関わります。

腹式呼吸がスムースにできているかどうかですが。
それは横隔膜の上下動の内臓のマッサージ効果も。
横隔膜を上げ下げすることで胃や膵臓、脾臓、腎臓、
肝臓などのマッサージをしてくれていますよね。

それに新鮮な空気を取り入れたり、
酸化した吐く息を排泄できる呼吸でもある。

内臓部分に免疫系のリンパの集まる量は、
他の体のパーツの中ではダントツだ。
みぞおち部分の動きがより活発になってくれることは、
免疫力を高めてくれるきっかけを作りうれしいことだ。


呼吸が磁力を体に貯めるのには大事な役割を果たすので、
自律神経系でちょっとパッとしきらない不調感を感じる。

それにこれは余談だが。。。
太陽神経叢にも、
よけいな硬さがあれば自律神経系での磁気的な緊張が加わって、
私の友人にはこちらの硬さがひどくなると
周囲の家電製品がいきなりリモコンも使わずに付いたり、
洗濯機や電子レンジが壊れ出してしまうという変わり種もいる。
この場合、うまく太陽神経叢周囲を整えて腹式呼吸が再開できれば、
それが収まるのだが。。。
深いことは私には分からないが、なんらかの磁力というより静電気の場等が体内で生じ、
それが体の外へと漏れでて家電製品が影響を受けたのだろうか。


みぞおちの柔軟性を失えば太陽神経叢に悪影響があるようです。

それにみぞおちや、その奥の太陽神経叢部分などは活殺点です。
つまりみぞおちを打たれれば急所もいいところですから、
悶絶したり気絶したり絶命したり。
または剣状突起や肋軟骨が骨折してしまうこともあるし。

リリースも誇張法のようなやり方で解ければいいのだが、
それだけでは難しいものもあるのです。

特に下準備を念入りにして置かなければならない方もいます。
事前に正中線部分が全体的に緩みがなければならなくて、
特に胸骨上の靭帯の骨化や胸骨や肋軟骨の変位があれば、
そこを正常な状態に改善しておかなければみぞおちだけを揺さぶりをかけて緩めたとしてもダメだ。
この手は、無理やりみぞおちだけを緩めようとしてもそのアプローチをされても、
リリース時の痛さや苦しさが繰り返されるだけで恒常的な改善にまではつながらない。

ただこの胸骨上の骨化した靭帯のリリースは痛みが強く、
リリースも立体的にそれを捉える力が必要となりますし、
何度も、そして何度も繰り返して緩める必要がある。

それは一度や二度でここを緩めようと無理な圧をかければ、
肋軟骨を骨折させたり心臓や肺や肋間の神経にダメージを与えて深刻なことになります。


それがたまたまなのかもしれないが、

私が今までもこの部位を効果的なやり方といわれるリリース法で繰り返し解いてきました。
だからすでに相当なリリースが進んだお客様だったからだという下地作りができていたからか。。。

この部位へのリリースをするときに自作てい鍼をマッサージスティックのように使用し
お客様には「ひやぁーーーっ」という痛みだったと思いますが、
マッサージ棒でみぞおち部分を緩めるような圧をかけたときとは比べられないような成果があった。

太陽神経叢という磁気的な機能を集められた部分だからこそ、
この線の幅が太めのてい鍼の力が発揮しやすいものとなった。
まだ自身へのアプローチや少数のお客様へのリリースですが、
共通する成果がでてきているようで興味深いところです。



今は、このような成果が大事に、
お客様の体のなかでキープしていただければと、
切に願っているところです。




この太陽神経叢あたりに第三のチャクラがあったのだと思う。

自身の内側の世界と繋がっているかも、ここの様子で診ていく。


posted by スズキ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

【業務連絡】:2017年6月25日(日曜日)午後9:00に、2017年7月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます

【業務連絡】:2017年6月25日(日曜日)午後9:00に、
2017年7月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます


------------------------

☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への

  業務連絡となります ☆

------------------------


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


{2017年7月の予約表更新、予告日時}




■ 2017年6月25日(日曜日)午後9:00




上記の日時にボディワイズの予約可能日程表を、
更新させていただきます。




更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『 ボディワイズ 予約可能日程表 』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm



※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にあるファンクションキー5 <F5>を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。



============================


業務上の予約表更新日時のご連絡は以上となります。

どうか、よろしくお願いいたします。



【 編集後記 】

こんにちは。

お世話になっております。

これから梅雨です。
細菌性食中毒になりやすい食中毒の季節でもあります。

最近。
テラヘルツ鉱石とはパワーストーンの一種。

健康に良いといわれているテラヘルツという
光と電波の中間に位置する周波数を持つ電磁波をだすそうで、
テラヘルツ鉱石のさざれ石を冷蔵庫に入れてみました。

Amazonのテラヘルツ鉱石さざれ石
http://amzn.to/2tqYHxY


不思議なことをしているなぁとおっしゃられそうです。


もちろんテラヘルツ鉱石を入れればならないものかといえば、
そんなことでもなくて、気持ちの問題というところです。

私は、それほどお腹が強くありませんから。
だから十分に気をつけて食事をとらなければと思う、この頃。

皆様、ご注意をしつつおいしくご飯をいただいてください!
 ^-^



さて、
最近、頭鍼について、鍼を打てもしないのですが勉強中です。

主に関係するDVDを繰り返し視聴して施術の流れを学んで、
治療なさる姿の先生の手の動きを真似て動かすというもの。
基本的にセミナーを一回受けるというだけでは、
頭からざるのように知識がこぼれ落ちてしまうので、
繰り返し学習できるという映像化された教材はありがたいです。

実際には鍼を打てないから内容は深くはわからないものの、
自作てい鍼で、そこで学んだことを活かそうと奮闘中です。
いずれ鍼灸の免許をとろうという気持ちが増す内容ですね。
DVDのなかで片麻痺の患者様の研究で、
ヒラメ筋の圧痛点を治療して麻痺側の手が動くのですと
足のふくらはぎのなかにある筋の鍼治療で
手の握力が回復するんですという研究をしているんです、
と紹介してくれていまして。

臨床的な現場で、鋭敏に多くの気づき得られた中から、
有効性の高い治療法を、現在進行形で開発し続けておられる。
そんな様子を窺い知ることができました。

たまたま先月の、医道の日本社からでている雑誌でも、
頭鍼についての特集が組まれていましたので、
こちらを見れば頭鍼の全体像を要領よく把握できます。

医道の日本2017年5月号(884号) (今の臨床に加えたい頭部への鍼マッサージ)
http://amzn.to/2sRLUYe

実に頭鍼、または鍼はミラクルで、
奥深く感動です。


頭鍼等について関心を持てた方は、
鍼灸院にて、ぜひ体験なさってみてくださいね。


少し話しはずれますが、
頭をボールでマッサージをするというやり方もいいのですが、
どうしても頭部等の部分的な硬結を見つけてからアプローチするようなものとは違う。
私が所有する手持ちのボールでマッサージのDVD教材ではそうなんです。

だから頭部の硬結部分を見つけるような基礎は
頭部の観方を頭鍼の基礎を学習するなかで学ぶ。

そのように知恵を掛けあわせて連携させていく。

あまり勝手なやり方をしすぎてはなりませんから、
節度を持ってということは欠かせないものです。
そこをわきまえたなかで研究したいと思います。



そして、余談ついでですが。

最近、『イエティ・スタジオ』という、
USBマイクロフォンと録音編集ソフトを購入しました。

お客様のなかで、
語りべとしてのお仕事をなさっておられる方がおられ、
その方がそちらのマイクロフォンを購入するとのこと。
つられて私も、以前から欲しかったマイクだったので、
便乗して買わせていただきました。


今までは直接、お会いしたことがない方々とは、
ブログでのコピペが可能なテキスト情報だけで、
つながっておりました。

そこから脱却しようと考えています。

ただ施術方面でのというよりも、
コーチング関係やメンタルなどがメインですが。

実は、オート・クラインとして私も自分で発した声を聞き、
その声から学びを深めていくという過程が必須だと思っています。

オート・クラインとは、、、
ひとは、自分が発した声を自分の耳で聞き、
それにより説得されるし記憶するものだといいます。


少しずつ取り組みを実現化できればと目論んでいます。

もし心理学というか、
気が楽になる考え方の学びをしようという方、
おられましたらお付き合いをいただければと願っています。

お読みいただきまして、ありがとうございました。






================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

自作てい鍼とボールによるトラクションでのフェイス&ヘッドマッサージ ^-^

またまた自作てい鍼についてです。 m__m

昨日の施術では、
お客様が「顔、解いてください!」とリクエスト。

そこで以前からおこなっているボールによるトラクションをかける方法もいいのだが、
最近、頭鍼の勉強をしておりまして、
教材費で8万円ほどのかけています。
他への出費も重なりけっこうきつい、、、 ^-^;

だからそちらで得た専門知識はフルに生かさねばなりますまい。

ボールによるトラクションでは顔や頭部に対しての接触面が広すぎるため、
十分な局部の気の流れがつかめはしないという課題がありました。

そこを自作てい鍼を使うことで、
接触面が鍼よりもずいぶん広いがボールに比べれば非常に狭いものとして、
うまく気の滞りがちな部分が生み出す筋緊張をリリースすることができた。

ただ自作てい鍼だけであれば硬結のあったり緊張性筋膜炎が生じている筋膜自体が緩みが入るのだが
持続性がいまいちでしょう。

だからその自作てい鍼をかけて気の滞りがちな咀嚼筋全体を緩めてから、
二度手間になって観られるかもしれないが、
ボールによるトラクションを追って追加させることで、
大胆に筋膜のリリースが進み仕上げを高めていけるように。

頭部以外で行なえている自作てい鍼で得意な部分と重量感あるブロックでしか解けない部分を
相乗連携させることで解いていく工夫をしているのだが、
それと同様の要領でフェイスとヘッド部分へのアプローチが可能となってきた。

まだまだ研究段階で、自分を人体実験をしたり、
部屋にいるイケメンくんと称される頭部モデルにて、
やり方の案を練っているところです。

^-^


それは私の施術にとり、
画期的なことですね。



ただし、それと引き換えに、
自作てい鍼のサイズや重さの都合、
「指を使い握らざるを得ない(非常に不本意で要変更)」ために、
体幹のもっとも離れた手先部分に重心がとられるという形になる。
それは私の目からすれば日本の職人としてあるまじき汚点のよう。

もちろん施術後の変化量が増した分、
施術にかかる読みこむ量が10倍負担増になったように感じます。
慎重さと施術の加速という相反する施術での運転は、
施術者の神経をすり減らすこともあるのです。。。

まっすぐ伸びた高速道路を走るか、
田舎のあぜ道を走るのか。
それぞれの道に適した最適な速度がありますから、
高速道路では低速走行は危険ですが、
人体のような複雑に曲がりくねった様子の道を高速走行もリスクが有る。

そのリスクを、先々、鑑みながら想定内での危険を避けつつ
田舎のあぜ道を高速で突っ走るような気の抜けない状態です。


なので施術中。

以前は体の情報収集をするための話をお伺いしつつも、
施術の手が止まらずにということもできていましたが。
というのは脳のそれぞれの使う部分が違うため、
なんらストレスなくそのようにできていたのですが、
ここ最近は施術をして話をこちらから振りながら
「あれっ?私は今、何を話そうとしてたんですか?」
という無茶ぶりに近いことばを投げかけることが増えました。

これは単純は健忘症になったわけではなく、
施術上で使われているお客様の人体のヴィジュアル化の詳細さ設定を以前以上にあげていて、
右脳への部分血流が増したからなのでしょう。

施術にばかり気が向いてしまっています。。。 
いや、いや、いや。
これ自体は、悪いことじゃないのかもしれませんが、^-^;」
お話をしつつ施術もできるというようなところは、
一歩先へ鳥瞰した状態で施術全体を把握できる余裕がつくまで、
今の施術法の運転に慣れるまで時間が数週間かかりそうですね。


体幹が手先方向へ持っていかれるという惨憺たることもきっかけで
施術者の我が身にかかる負担度合いは段違いに増すことになります。


それがもとで、
一日に一人だけの施術日であっても、
施術が終わればその場で倒れこむように寝る。
午前3時ころに目覚めてようやくメールを書く。。。

体の伸筋層が気を産み投げる原動力になっているので、
その部位への周りからは見えない筋操作が巧みにされ、
その部分へのしなやかな操作までは熟練度が追いつかずに腕や足や首等を含めた背中側全体の筋が柔軟性を失って筋緊張が抜けずにいることが体感されて痛みで拘束されている。

そんな日が繰り返されています。

いつもなら施術が終わってから時間をかけて学ぶ予定がある。
それに手が出せない日々が続くのは問題です。。。

これから当初の私の目的を叶えるための手段を得るため
2〜3の分野を性根を入れて学ばなければならない予定があります。
これらが揃わなければ、
脳梗塞後の機能向上を目的としたリハビリの自分なりにイメージをするパーツが揃いませんので。。。



このまま策を講じなければ、
現状維持か後退しかねない。
そういった場面でしょうか。


ただしもちろんのこと私も現状に甘んじるつもりはなくて、
意拳」や「呉氏八極拳」の身体操作に基づく基礎修練で、
さらに自作てい鍼を使いこなすための工夫改善を図る予定。

それらをDVDを参照しつつ学び直すことで、
対処することもできる範囲だと考えています。


遠赤外線ドーム型サウナで体を柔らかくすることもできますが、
貴重な新たな気持ちで身体操作の再学という学習動機薄らいでしまうのは惜しい。
煮詰まるほどプレッシャーを感じて、それに逃げずに立ち向かう意思を得ること。



「自分なら、早晩、理想形の結果を叩き出せる」と信じて動く勇気を鍛えること。

体がしんどいときには、気分も一瞬落ち込みそうですが、
そうすることでどんな未来が訪れるのかを想像しながら、
そこにいく一手を、順次積んでいくことって大事です。

自分のやりたい分野を、
自分の特性を熟知して、
モチベーション維持を巧みに操る。

自分の殻をゆっくりと自分にふさわしいペースで脱ぎ捨てブレイクスルーをしていく。

そのブレイクスルーした瞬間。
やっぱり無常の喜びなのです!



数週間もすれば、ここからの成果がでることでしょう。
課題はつねに新たな成長をもたらしてくれるものです。



最後に蛇足ですが。
ちなみに、他の方が同じてい鍼を使えば同じ成果が出るんじゃないのか。
それを使って大儲けをと言っておられました。

真鍮の丸棒を削りだしたいい感じのマッサージ棒としての使い方としてならば、
売り出せるんじゃないかなと思います。

ただ普通の真鍮の丸棒が削られたものと呼べるだけのものとなるのか。
それともそれが違った作用をするものなのか。
使い手の「体の操作」と「こころの内側の思いの純化等」により変わるのです。

気のナイフ」でもあると意識して、
意図的に自分を磨いて高めることが、
高い成果を生み出すのです。

もうちょっと自作てい鍼を多産して形状等を練りこんでいって、
それをしっかりと使いこなせるようになるとうれしいですね〜。
私の発想をいかして飛翔してくれる自分特注のものがいいです。

やっぱりそうなると、自作するしかないですよね。
^-^;
posted by スズキ at 12:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

高野山東京別院 青葉祭2017

施術関係の話ではなくて、ごめんなさい。


ただいま、自作てい鍼をもって神社仏閣巡りを敢行中。

今日の休日は高輪へ行き帰りで12キロほどの散策コース。
荏原金毘羅さま、雉子神社、袖ヶ崎神社、亀塚古墳に亀塚稲荷、そして御田八幡神社も同時に参拝。
そしてメインが「高野山東京別院」。

今日は雨が降ると天気予報でいわれていたので、
外出は控えようかと思いましたが、
どうしても今日じゃなければと。。。

するとラッキーな事に6月15日が弘法大師空海の誕生日で、
誕生日にちなんで青葉祭りが6月15日、16日、17日に開催されていました。

詳細は以下に。

「高輪 結び大師」だより
青葉祭り2017年6月15日
http://www.musubidaishi.jp/dayori/2017/06/2017-1.html

私が高野山東京別院に訪れた時間帯が午後5時ちょっと前で、
すでに本堂で行われていた護摩供養の儀式も、
四国八十八ヵ所お砂踏みも終わっていました。
ただ嵯峨御流奉納いけばな展は、
一部ですが鑑賞できました。


皆様、関心があれば、ぜひでかけてみてくださいね。

護摩祈祷会をしっかり祈願や見学したいときには、
いつもは不動堂での護摩焚きですが、
この日は本堂内でいつも以上に力強いスケールアップした祈祷になっていそうですよ。
開催する時間:午前10時〜、午後2時〜


明日まで青葉祭りは開催しております。
護摩祈祷会に行ってみたいが私は明日は仕事です。


高野山東京別院は、
霊的な成長がなせる場として、
私のパワースポット巡りのなかでも秀逸な力を持っている地です。

それが空海の誕生祝いをしている最中なら、それはもう!! ^-^

posted by スズキ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お参り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

書籍紹介:『人体らせん原理とハタヨーガの融合 メディカルヨーガ 』

以前、

メディカルヨガ―ヨガの処方箋

というメディカルヨガという本が出版されていました。

こちらの本。
500ページ超えの、分量的にもすばらしい。
リストラティブヨガという、リラックスを基調にして体の不調を癒す名著です。
がんや糖尿病、うつ病など、現代人を悩ます20の症例へのヨガの講師陣20名による、
症状改善のためのアドバイス。
これからヨガを始めてみようという方にも、わかりやすい写真付き。



こちらはおさえていたのですが、
新たに下記のようなメディカルヨーガという本がでたんですね。

一瞬、書店で新たに出た下記の本を見ると、
私が名著押ししているメディカルヨガと書名が同じじゃやないか。。。

と、ちょっと困惑したものでしたが、

数ページめくってみれば、
まさしく、こちらも名著と呼べる内容でした。 ^-^

カラーページが見やすく、
写真は豊富ですし、
人体の内部の筋肉や骨格などの図も美しくみていて気分がいい。

タイトルの下に
「現代人の抱える心身の不調に真に応えるヨーガの叡智」と書かれているのも頷ける。
ヨガインストラクター向けと思う内容だが、
人体に筋の流れの螺旋が描かれており、
筋肉ってこのような連続性があって動き支えるものなんだとわかり、すっきりするだろう。

身体操作に関心が深い人は、
人体の仕組みがぱっと見でわかってしまう、一度、目にしておきたい。

ぜひ、本屋さんにいったら立ち読みしてみてくださいね。 ^-^



人体らせん原理とハタヨーガの融合 メディカルヨーガ

下にAmazonで書いてあった内容を転記しますね。


病と不調を予防・治療する最高のヨーガ


本書はドイツの医学書を専門に出版しているティーメ出版から出したはじめてのヨーガ専門書である。
解剖学と医学が、ヨーガという魅力的な分野に組み込まれている。
従ってハタヨーガに興味を持つすべてのメディカル(医療)従事者に最適である。
本書においては、単なるポーズをとるだけのヨーガを意味しない。
ヨーガアーサナを解剖学的に理解し、
正確な仕事でトレーニングを深めたいヨーガインストラクター向けの内容である。
本気でヨーガトレーニング、セラピー、
ヨーガレッスンに励む人に役立つ具体的なアドバイスを掲載している。

人は、見えない基本線がいくつも張り巡らされてさまざまな動作やポーズができる。
見えない基本線とは『らせん原理(スパイラルダイナミック)』であり、
人間の基本は立体的らせんで成り立つ。
重力に頼らない「基本姿勢」がらせん原理でより良いヨーガへと変わる。


ヨーガの伝統と、予防・治療の機能性をらせん原理で具体的に解き明かす

本書のトレーニングの最重要課題は、本当にきちんと立つこと。
重力に頼って直立しているとさまざまな不調がでてくる。
自分の筋肉で支える作業ができると、不調も改善されていくし、最大の予防になる。
「直立」を筋肉で支えるには、人体に的確にらせんを張り巡らせることで可能になる。
そのトレーニングが伝統的なヨーガには多数含まれ、
「らせん原理」で説明すればより効果的なヨーガになる

本書には、356点の写真や図が掲載されている。
「問題ある姿勢」を示したり、ひとつの動きに2枚の写真を載せたりと、
解剖学的に正しい状態を伝えることに重点が置かれている。
さらに、『プロメテウス解剖学』と同じ画家を起用し、
ポーズをとる人間の写真に解剖図を書き込んでいる。
この図により、人体の内側がどうなっているか、
らせん原理がどのように働いているかが非常にわかりやすい。



----内容 以上です----

私は、まだこちらの分厚い本を購入はしていないのですが、
かなり惹かれています。。。
書棚のスペース的に、
購入はあきらめようと思ってはいるのですが、
図書館からこちらの本を借りてきて手にして、
心が揺らいできますね。



また来月辺りに、
リストラティブヨガの本がでるようですね。
http://www.gaiajapan.co.jp/books/bodywork/yoga_pilates/3558/

常に心地よさが最優先され、「積極的で完全なリラクゼーション」といわれているリストラティブヨガ。
一般的なアクティブなヨガではなく、心身の「回復」をめざし、再生をうながす。
リストラティブヨガには、効果的な筋肉の伸縮、圧迫、ねじりなどもやさしく加わるため、
筋肉の緊張や緩和にも効果的。 実践するにあたって、大事なのは呼吸とのつながりを感じること。
身体の柔軟性や年齢に関係なく、すべての人が”無理なく”ヨガのポーズを実践し、
効果を得られるようにするのが目的。


こちらも興味がものすごくある。
出版されたらすぐ見に行きます。 ^-^



いい本が世に増えるのは嬉しい。
ただ狭い部屋には、
本を置けるスペースがないのが、
悔しいところです。

悩みますね〜。
posted by スズキ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

ダメージが深くなった膝の改善へ向けて




筋膜系の問題で生じた身体の構造上の歪みを生じさせられた場合には。

膝・腰・首。

この3つの箇所は、必ずと言ってよいほど、不調になってしまいます。

それらのどちらかひとつでも問題があれば、
かならずと言ってよいほどすべてが連関して問題を含んでいると観ます。


膝を屈伸するときの前に折る感じという前方へ屈するとき。

これらは前弯することができるという機能上の性質から、
全身的な骨格上の弱さが生じてきたときには、
これらの三つ揃えがきまって問題がでてくる。

ただ首の頚椎や腰の腰椎は、
一端は前弯がきつくなると、
それはかえって自ら持つ頚椎や腰椎の椎間板の上下を圧迫させて縮むような圧縮された状態となり、
それがストレートネックとよばれる首や、腰椎もそれに似た状態に変わっていくことがあります。

それらはつまり関連する椎間関節が首には7つの頚椎に関係するものが8つもありますし、
腰には5つの腰椎に関係するものが6つもあるのです。
つまり関節の数が多くあることで、
それらの1つずつの関節部分が潰れたり等のやりくりを少しずつ分担することで、
かなり信じられない程の圧縮され続けた継続的に含まれた問題を吸収しようとしてくれる器用さがある。

ただそれが行き過ぎれば、腰椎の椎間板ヘルニアや頚椎にも椎間板ヘルニアという、
椎間板内部が外の方へ出っ張ってきてしまうという状態に陥る症状がでてくるのですが、
それはすでに多くの蓄積疲労が加算された後々のことです。

腰椎等のヘルニアになりやすい人を見ていると統計上解るのですが、
関節が本来柔らかくて融通がきく人たちが多いように思えてきます。

この関節の柔らかさがあるということは、
動きの自由度があってよさそうなのです。

ですが、
まっすぐに立つときにまっすぐの芯を捉えきれず行き過ぎることにもなる。
実体として関節部分の骨の支えに踏ん張りが効かず、
理想上の重力線を捉えて立つ感覚が育たない限りには、
首・腰・膝のクッション部分の軟部組織で支える性状を過剰に発揮させ続け、
疲れを蓄積疲労と化してしまう。

特に膝の周囲にあるサポーターとなる筋や靭帯がオーバーワークとなり、
性質上の軟部組織としての柔軟性を失ってしまったとき。
それで関節の稼働するには欠かせない隙間が詰まってしまい痛みが出たり、
それもリンパ管が内部で裂けてしまい水が貯まるようなときもあります。

そのときには膝は足首や股関節にずれへの問題が深く潜り込んでしまう。
骨盤部分のねじれは非常に深いものとなり、そこを立て直すには
股関節部分に変質してこびりついてしまった硬化した外旋六筋を
本来ある柔軟な軟部組織に置き換えなければなりません。

本当に深い部分に入っていますし、
ほぼほぼ骨化した筋や靭帯は骨以上に硬いため、
これができてしまったら、
施術では通常は打つ手がなくなってしまうといえるでしょう。

施術をしている先生方のなかで、
もっとも難しく厄介なものはと問えば、
それは深く痛めた膝ほど治しづらいものはないといいます。

それは先にもしましたように、
日本人はもともと江戸時代より前では相応に柔らかい体をしていました。
ただ体の捌き方を骨でうまく使いこなす技量を持っていたから問題なかったし、
それどころか柔軟な筋を捉えて骨組みと合わせ活かしきれていたものです。

それがいつしか、せっかく柔らかい関節の柔軟性を持っていたにもかかわらず、
現代人の体の操作法では、それはかえって体の芯に骨格を据えて重力線を活かせずにいると、
膝関節や腰椎や頚椎の椎間関節部分にダメージを与えてしまうことになっていくものなのです。

そこへの手当なしに、膝を筋肉で締め付けてしまった部分をケアしたとしても、
何度でもまた同じようなダメージを強いる使い方を繰り返してしまう結果。
不調な状態にも変わってしまうのです。

そこは本人のがんばりを、私は期待しています。

それが私とお客様が横の目線で、共に付き合うには必要なことだといえるでしょう。

共にできることを、それぞれがしっかりとやるべきです。
結果的に、そのような積極的な気持ちで取り組んでいる。



ある程度、自身の動きの自由度があがるまえには頭で動きを調べてもらうことです。
ある程度、動けるように体の状態を改善できていけば徐々に勝ちが見える動きへと、

実際に体を使って動き方のパターンを書き換えていく努力をしていくといいでしょう。

すっきりとそこを認めて、珍しがって、理想の動きを研究してみた人達。
それを自分のための自分の課題と感じたときに、
しなやかに目的地に自らを連れて行く力となる。

あきらめずに、
頑張っていった方の中にはそうやって、
問題含みだった体の状態から、
元気を取り戻した方もたくさんいます。

それを保つことがデキる人は、
私は心底、尊敬いたします。



ただそこの骨化した部位の深さがかなり多年になっている。
体重を支え続けて、たった一つだけの関節しかない膝です。
かなり今後の想定を読んで、
無理せず負担感を減らす手順を考えて、
慎重に行かなければなりません。

それは多くの施術家が膝は、直すのが難しいというのは、
膝使いの癖は、本当に抜けにくい。
そして本人は気づかないうちに骨盤部のずれを補正するために膝を酷使している仕組みで悪くしていて、
骨盤部分の深層や股関節周りが正常化できないかぎりには膝には悪影響が消えてはくれません。
強烈に癖が入ってしまうのが、器用にクッション力を発揮できる最大の関節、膝だと思います。




私自身、多年にわたりそこへのアプローチを試行錯誤してきました。
そこが、まだまだ研究途中ですが幾分かですが自作てい鍼を使うと、
そのアプローチが半端ない遊びが少ない状態でフィットしてきます。

私が知り得たツールでは、できそうもないと思う。

そのことに、正直、私自身が一番、驚いています。

深層部へのアプローチの可能性の幅が、
格段に融通がきく感じになりそうです。

私の施術中に神経がすり減る感じは、
それは新たな難しさが進化に現れてきたものといえます。


実際、頭鍼で刺さない鍼として取り組んで、
私でできる唯一の選択肢だったてい鍼から、
当初では想定外の使い方になってきました。


なんだか誰かに動かされている感触がある。

ありがたいことだ。。。 ^-^
posted by スズキ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっと不思議にも思えたてい鍼の速攻成果と下準備用ウエア

先日、知り合いの家に遊びにおじゃましようとしたとき。

友だちは事前にこちらに電話をくれたのですが、
ずいぶん疲れている感じでした。

その友だちとはすでに私の施術をお受けいただいて卒業できている方です。

「それじゃ、どうにかしようか」と思い、自作てい鍼を持って行きました。

そしてそれほど痛みが出ない程度に、自作てい鍼で軽くこすり治療をして、
それからしばらくお休みいただいたら、それだけで体がかなりすっきりと。

本人の顔色がかなり違っている。
笑顔が出ています。

ここまでいくと、かなり上出来。 ^-^

もちろん、これはてい鍼の力だけじゃありません。
単純に私がてい鍼を使うときに下準備をしている。

用いるものが亜流だからという負い目を払拭させるためというよりも、
基本、そのようなところでの研究が好きなんですね。
小さな加点を積み上げていけば、
独自性も感じられるようになる。



たとえば以前、マンタクチア氏のYouTube映像がアップされていて「気のナイフ」というものがありました。
それも、おもしろいイメージ拡張し利用範囲を広げるものとして使えますね。


 気の流れは、イメージの融通で操作できる。


そこを大事にしていけば、いい結果もツイてくる。
そこは私が日ごろしている精進が実るところです。
そこが他者と私との違いの決定的なものでしょう。
それぞれの特性の違いが浮き彫りになってきます。


ただ残念ながら、
それだけではカバーしきれないところもあるから、
様々なグッズを馬鹿みたいにがむしゃらに用意し、
可能性をあげることに躍起になります。

静電気を処理するというのも、
てい鍼の気の流れを乱さないようにして集中させる、
数ある準備のひとつなんですね。


そこで最近、気づいたことですが、
ミドリ安全やミズノなどから静電気が発生しないようなズボンを出していたんですね。
お客様から「導電糸」というキーワードをいただきまして、
それで調べていて見つけました。
(U様、ありがとうございます!)


ミドリ安全 【抗菌/静電気防止】 メンズ パンツ SKH430

とりあえず、Amazonで注文。

そして恥ずかしいことに全く気づかなかったのが、
お医者様や理学療法士様等が着用の制服。

多くが静電気防止だったり抗菌だったり、
とっても機能的なものだったんですね!


ミドリ安全 【抗菌/静電気防止】 《ケーシー型》 メンズ 白衣(半袖) SKA520

知らなかった。。。
ずいぶん機能的だったんですね。

私の家の近所に昭和医大があり、
中原街道を挟んだところに白衣の専門店があります。
一度、思い切って冷やかしで見に行ってみようかな。
最近は白衣以外のカラーのついたものもあるようで、
下のズボンに、いいものがあればうれしいですから。

除電グッズを着込んでいるわけで、
そちらを普段着にしてみれば、
アレルギー体質の方々にとってとても健康的な生活を送る一助になるでしょう。
アレルギー体質の方の多くは、静電気が体内に帯電しているので油断なく出す!
呼吸器が問題がありそうな方は、側頭骨のズレが有るんですね。

外的な電磁波の問題は側頭骨部分で捉えます。
体内の静電気部分が多めに滞留すると自律神経系の正常な動きが抑制され、
そこがアレルギー体質への引き金となる場合もあるのですね。
(もちろん、アレルギー体質の原因はひとつだけではなく複合ですからね)

私自身も左側側頭骨のずれが食いしばりのせいで、
どうもセルフでは治りづらくて、ずれが生じています。
少なからずはアレルギー体質がある。
脳脊髄液の左右の脳内の流れが左が鈍り、
それへの負担がずっと子供の時から気になっていました。
それはシュンガイトを身につけていくことで、
極端に落ち着いてくれて先が見越せるように。
たまたま奇跡的に私の体質とシュンガイトがマッチして、
そこの問題は綺麗に消えてくれてありがたかったのです。

これで私にも運が向いてきたと、読めました。
それほどまでに画期的なことですから。
だから個人的に「シュンガイト愛」は熱烈です。 ^-^

後日、都合、頭蓋仙骨療法を特訓しようと思うので、
そのときに、自分の側頭部の問題を改善させる予定。


ただそんな特異な感じの対処法よりも、
静電気防止をしたほうが一般的に効果は高いものでしょう。
そんなアレルギー体質の手当のしかたもあるんですよね。

それは免疫系の問題も、
血行やリンパの流れも、
呼吸器についても、
そしてもろに電気の通電に関わる神経系にも。
体内が酸化した電位状態であることのデメリットは大きい。

それは単純にそれを調べることも電気屋さんの使う計測器でも計測できるところでもありますから、
気になる人は自身の電位状況をチェックしてみるといいでしょう。


ちなみに静電気防止のなにかいいTシャツ等がないか調べれば、
以下の様なものも。


XEBEC ジーベック 静電半袖ポロシャツ 6010 32 シロ L

こちらは注文しましたから、いずれ届く予定。
ちょっと着てみたらどうなるのか、楽しみ。

もちろん画期的な何かを感じるというものじゃないと思うのですが、
気分的によさそうな気がしますから。


posted by スズキ at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

自作てい鍼に静電気防止テープを巻いてみたら・・・



施術用の自作てい鍼を効果的に措置を行う目的で、
体内蓄積している静電気を排泄させることが基本。
・・・だと、私は考えています。
そこにこだわろうと思いまして、Amazonから除電に効きそうな購入しました。

そのような折り、お客様から私のイメージを見透かしたかのような導電性ある糸や布等のグッズもあるし、
てい鍼をつくるときには工場に頼めそうなところがあるから覗いてみれば!などなど、
他いくつものアドバイスを頂きまして。
(U様、ありがとうございます!)

導電性ある布は、私はすっぽりと頭になかったので、
興味津々になって調べさせていただいております。


アーシングとして静電気を地中に逃がすことで、
体内の不要な蓄積した静電気を対外に逃します。

そのための比較的強力でかつ安価なグッズ。
アース棒とアース用のケーブル、それに腕に巻き付ける除電用のグッズと。
それぞれ買い求めました。

後日、その設置を試みようと考えています。

ですが意外に腕に巻き付ける除電グッズが、
じっとしている状態ならばいいのですが、
少し姿勢を変えると体に絡まってきます。

そこが意外にネックだなーと思いまして、
当初の思惑とは違ってきました。
私がてい鍼を持っているので、
私の内側にある静電気をすっきり除電する。

すると、硬化した筋肉のしこり部分がリリースされるときには、
酸化した部位がそこに電子的にも作用してそれを邪気と呼んで
それが動き始めることになります。

それを私に除電グッズを設置して、
てい鍼伝いに私へ多く帯電する酸化から生じたり、
呼吸器の問題からくる滞留した静電気的な影響を
地球へとアースして逃がそうというプランでしたが。。。

なかなかどうして。 ^-^

ここはもう少しやり方を考えてみようと思います。


やっぱりコスト的に多少値がはっても
1mほどの広さがある除電マットにしたほうが良かったのだろうか。
 ^-^;


神経系の改善には、特に体内に蓄積した静電気があると
その静電気は横隔膜等の呼吸器周りにまとわりつきます。

すると体内の電場、磁力線が通常は必要なものを取り入れ
不要なものを波動的に排除する選択的な力があるのですが、
それの乱れを生じます。

本来は地球が太陽からやってくる宇宙線を、
幾層も電磁バリアーを張り遮断してくれるのと同様な力が
人体には備えられているという人もいます。
地球の電磁バリアー層があるから人間も植物も生きていられるのですね。
なかったら宇宙線により焼け死んだり皮膚病で絶滅していますから。
地球を取り巻く幾層もの電磁バリアーは、その内側に住まうものに、
ものすごい重要な住環境を与えてくれるものとなるのです。

ちなみに、あの美しい神秘的なオーロラとは、
地球が南極等の極付近へと弾き飛ばした宇宙線が輝いている姿なのですね。


人体の周りにも、地球同様に幾層もの電磁バリアーが張り巡らせてあるから、
安心して本体が守られている安心感があるのです。
ただそれが人体内部に多量に静電気が滞留したなら、
そちらの影響により電気的な気の乱れが生じてしまう。

微妙に私もですが、私同様に仕事をしている方などは、
そのようなバリアーが持てている状態かどうかにつき
目の前の方をみて直感的に感じ取るときがあるのです。

すると、ボディチェックをすると、
決まって呼吸器系が機能制限があるなどの問題が内在していたり、
感情面の同様が心臓部や肺などの胸郭部に影響を与えているのです。


地球の土に実際にふれて、
自分の内側に帯電している静電気を地球に流すアースをとることで、
静電気などを排泄することができるように、
そのようなときは心がけて行きたいですよね。

でもそれがなかなか思うようにできないとき。

地球は何層もの電磁バリアーで宇宙からの人体にも有害な宇宙線を防いでくれています。
ただある程度、人体にも有益なものは選択的にか地表にも届くようになっています。
そう、選択的に、まるで意思があるかのように。

ただそのバリアーが乱れてしまった時には、
有害なものも有益なものも選択的に遮断したり取り入れたりできなくなりますよね。
大変に困った状況です。

人体も地球と同様のシステムが備えられているといわれておりますが、
それが排泄すべき不要な静電気が体内でたまりすぎて対流することで
気が乱れてしまうのか必要なものも不要なものもわからなくなります。。。

すると、ここからは私の推測ですが、
外から体に届く影響が有害なものか有益なものかはわかりませんが、
有害なものかなと思えるようだと感知したり勘違いしたりするなら、
とにかく有害なものはまだしも有益なものも遮断してしまうようで。

そのような静電気が体の中に帯電しておられる場合には、
施術で使おうとして与える圧なども、さらりと排除対象にされてしまうときが見受けられます。
体力がある人はそれほどまでの強さでブロックはしない場合もございますが、
呼吸器や循環器、免疫機などの働きが落ちていて体力値が減少しているとき。
一般的にアレルギー症状と呼ばれる反応が示されることがでてくるようです。

身体に届かせられる影響にも、
結果的にその方に役立つものもあるのですが、
そんなものはおかまいなしで、悪いものだったらどうしようという判断基準で
身を固めてしまうかのようにきつくブロックをかけてしまわれることが多くて。
直りが悪い素地を創り出してしまいます。

そのようなアレルギー症状のような対抗措置さえも取る力がなくなるときには、
そのときには非常に深刻な状態が内側に現れているような気がいたしますので。
注意深く見ていかなければならないでしょう。

そんなときに地球に体内に帯電した静電気を流すアーシングがいいんですよね。

だって、外に出て15分ほど土に触れ合えばいい。
それは「ただ」です。
アスファルトではなくて、地球の芯までつづく土。
 
だから究極、屋外の土の上に裸足になってもらい、
てい鍼を使い帯電した邪気を抜いていくのは
とてもパワフルで合理的な結果を得られるものと思います。
そのような地が、とても気のパワーがほとばしるところでという場合には、
成果は上がるものだと実験で実感しています。




最近のマンションでは、コンセントの一部にアースを取る穴が開いていて、
そちらに設置すればOKというところもあるのですが、
私の家のような古い家ではアーシングをするには、
上記にあげたようなアース棒のセットなど手間がかかったりします。

なかなか面倒かもしれません。


そんなところではなにがいいかなぁと、Amazonでひたすら静電気防止グッズを調べ。
静電気防止用のリングやブレスレットや、対策グッズがいくつもヒット。
そのなかに静電気防止テープを見つけました。



静電気防止テープ
ご存じでしょうか?


TRUSCO 静電気除去テープ ブラック 25mm×5m SDT255







すると上記商品のカスタマーレビュー欄に、
頭痛持ちの方が頭にこちらのテープを巻いたら、
なんとそれから頭痛がないんですよという書き込みがありました。

ちなみに、先程、お客様の中で偏頭痛に悩まれている方がおられ、
その方も、冬の乾燥時期に自動車に乗るときに静電気のぱちーっという閃光が特に強いようだと
その奥様から教えていただきました。
すると、、、もしかすればこのお客様が、
偏頭痛が起こりそうなときがわかるそうで、
その前に頭に静電気除去テープを内側にたくさん貼り付けたニット帽をかぶせたりすれば。。。
どうなるのだろうか? 



それを聞けば、、、
私も試すしかありませんね。 ^-^



とりあえず、購入して手元に届いた静電気除去テープを、
オーディオ機器の周辺の静電気を防止させてみましたら。

すると音質がだいぶよくなったような気がしてきます。

特に喜んでいるのはアンドロイドタブレットのケース側にテープを貼り、
ケースに装着し静電気除電したらオーディオスピーカーの再生力が向上したようです。 ^-^

ただ明瞭に、どれがどう変わったかまでは聞き分けることのできる才能がないため、
どう説明してよいかはわかりませんが。
これだけでも、うれしいもんですね〜。


とりあえず自作てい鍼の以前に作った試作品に静電気防止テープを巻き付けました。
施術の際の気の流れを良くする効果が上がるかどうか、実験をしたかったのですが。

てい鍼内の気の通りが改善したかどうかは、現状では数値的に表現できるものではなくて。
感覚的に良否を感じるしかないのですが。

ただひとつ、いえることがあります。

自作てい鍼は金属の丸棒のような形状ですから、
滑り落ちやすくて、、、というネックがありました。
それだけではなく、失くしやすいということもある。
ころころころっと転がってしまって、
どこかになくなってしまうときがあるので困っていて。

こちらの静電気防止テープを巻き付けましたところ
滑り止めにはなりますね。

はっきり言えばてい鍼の気の動きの速さを邪魔する邪道といえるものですが。

鹿革をてい鍼に巻きつければ、生物の有機体でもあるので、
まずそちらに気が周る量が一定量あることになるでしょう。


するとお客様の患部といえるような場に、軽く触れるか触れないかといううちに、
すでに数センチ離れたところからもてい鍼の気はお客様の皮膚のセンサーでは捉えております。
気を感じ取れる人ならば、
手を差し出していただいてその手の甲の数センチ上に離して、
質の良いてい鍼を前後左右に振ればわかります。

鋭角に尖った先を振った時と、
鈍角に丸まった先を振ったときでは、
手の甲で感じ取れた感覚はあきらかに違う
なんらかの動的なエネルギーの流れの質を感じられます。


てい鍼の性質上、細いもののほうが
刺すような鋭い気の流れがでますが、
私の自作てい鍼の太さがあるものは
気の送りが遅いものになっています。

それを鹿革という有機体をてい鍼に巻きつけることで、
お客様の皮膚に接する瞬間のファーストインパクトの気の流れをわざとさらに遅らせて
じんわりと時間差で届かせるようにできれば。。。
ファーストインパクトがソフトでじんわりと来る場合は、
トップノートでツーンとくる匂いは避けたいが、
ミドルノートでじんわりと来る場合はどんな匂いかを嗅ぎたくなるのと同じ反応をしめすものだろう。

そうなれば、神経に触るような痛みがてい鍼を置く前から皮膚が察知して身構える反射が起こり、
それがさらにお客様の痛みの原因につながってやいやしまいかと思いまして。

あて布的に使うという、てい鍼のそもそもの効果否定をおこなうようなアイデアを越すためには
そのような生理学っぽい人体の反応具合を想像しながら手探りをするようなことになるのですね。

^-^;


鹿革をてい鍼の側面に巻きつけた効果が、
実際的にあがるのか下がるのかは、
私自身で実験したところ、
実感では下がりはしていないような気がします。

(追記:2017年6月10日 
静電気除去テープを、持ちて部分に巻き付ける量を1メーター弱にまで伸ばして巻いた際、
てい鍼を押し当てられた際の痛み方は激減しました。
私以外のものにも実験し、同様の結果を感じられました。不思議がられました ^-^)
やっぱりそうなったな、と理詰めで考えれば想定内のできごとが起こりました!!


鹿革を巻いても痛みはさほど減っていないような気もしますので、
現在、鹿革を巻いてその上に静電気除去テープを巻きつければどうなる?
など、条件を複雑にして実験中です。

ちなみに巻き付けておいて半日ほど放置しておくことで、
内部の電子の流れが変わるものなのです。
貼ってすぐに影響が大きく変わる感じもありますが、
隅々まで変わるよう内部がこなれてくるまでには時間がかかるのです。
貼った瞬間に試してみて、あまり効果がないなと即断しないほうがいいでしょう。

いまメインで使おうとしているてい鍼にこちらを巻く勇気はまだないのですが、
おもしろい実験ができたと喜んでいます。


以上、とりとめがなくなってしまいましたが、
自作てい鍼を使うに際して、痛みの軽減や効果の向上につなげようと必死です。
その思考過程の一部を書かせていただきました。 ^-^


お読みいただきましてありがとうございます!


ちなみに、私は右手人差し指が腱がぼろっ使いすぎで歪みがでて、
右手中指は爪が紙ヤスリで1/3ほど生爪を削りとってしまいました。
また背部筋を異常なまでに急激に酷使し続けた一ヶ月ほどでしたから、
久々に意識が飛ぶような眠気やだるさなどを日々味わいました。

おそらくこのてい鍼をこさえれば、このお客様のこの部位のリリースには画期的だと思った瞬間、
本当に脇目もふらずに必死に7〜8時間ぶっつづけで工作しておりますので。

自分もちょっと太めの2センチほどのてい鍼がほしいなと思うなら、
ネットでお調べいただければお近くに金属加工を一本からしていただけるようなところもあるかもしれません。
そういったところにお問い合わせしていただければいいでしょう。
ぜひ、てい鍼づくりで体を壊さないように ^-^;
posted by スズキ at 13:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

胸骨の曲がりと圧痛点のリリースを自作てい鍼をつかって



胸骨とは、胸の前にある左右の肋骨が交わる縦に長い骨です。
こちらは、一般的にはまっすぐな剣のような構造となり、
まさに最下部では剣状突起とよばれています。

ただ呼吸が自覚がなくてもしづらい人の場合。
肋間筋は炎症を持ち、せばまったり広がりすぎたり不連続に並んでいます。
剣状突起が内側に入っていたり、左右どちらかにねじられたり曲がる場合、
横隔膜の上下動が制限されていて腹式呼吸が制限されていますし、
同時に腹直筋がへそにかけて強く緊張しこわばります。
または免疫力が弱かったり、
肋間神経痛を患っていたり、
そくわん症や猫背により重心は臍下丹田からかなり上方へずれてしまって
不安定な疲れる立ち方や座っていてもつかればかりが気になる状態です。

はたまた、顎関節の痛みがある人や強い肩こりや首凝り等がある人は、
私が知るところでは、ほとんどの方々がこの胸骨にゆがみがみてとれます。
状態が悪いようであれば、
いくつかのくねくね曲がったりでこぼこ上下しているかのようなおうとつがあります。
そして同時に胸骨の裏手にある胸椎の変位が著しい場合には、
偏頭痛に襲われやすくなります。
また胸骨柄につとに変位がみられれば、喉に対して不調を来しますし、
とりわけ免疫系に問題が生じてきてしまうのです。


そして胸骨が曲がりだすときに観察できる圧痛部分は、ジグザグになって曲がった外周部分に
ほぼ100パーセント強烈な圧痛点があるのです。

私自身、先日からほんの軽い圧で肋間を自作てい鍼でこするだけなのに、
痛みが強く感じられるお客様がおられるのかを調べていき、
単純に靱帯部の硬化したしこりに10グラムほどの圧力でこすられた、
たったそれだけの圧で痛みを感じとるのだろうかと疑問に思いました。

その痛みは、単なる肋間神経をとらえたものでとどまるものではなく、
その下部を通る心臓神経叢や肺神経叢などの神経叢に影響を与える。
つまり表面的な凝りとはレベルが異なる部位に影響が達するのです。


ちなみにべんせき素材のマッサージ棒。
こちらで自作てい鍼でかけられる圧と同程度をかけてみても、
あまり心臓等の神経叢にまで至るようなひえぇ〜っと叫びたくなる
そのような痛みは皆目出てこないというケースがあることを
臨床から見つけだしました。

というのは自作てい鍼は人の肌に近いところに近づければ、
てい鍼の内部の金属部の電子流動が人体へと影響を与えるという作用があるのでしょう。
それに加えて私の意識エネルギーを流し込むのにも、
べんせきのマッサージ棒の先っぽから私の意識エネルギーを流し込もうとしてもさっぱりなのに、
自作てい鍼では容易に私のイメージを創造した末に創り出された意識エネルギーを流し込むことができる。
それではじめてひえぇ〜っというようなことが起きているのだということも、
おぼろげですが見えてきたんですね。


詰まるところの話、
今まで解くには、ほぼほぼ肋軟骨が骨化けした状態のものは、
不用意に手を出したりすれば骨折するのが目に見えるもので、
ピンポイントに絞り加圧をするのは難しいところだったのだ。
だからアクティベーターを利用して、
骨折する心配がない強い瞬間加圧を主に加えることでゆるませようとしてきたり、
患部となる胸骨のゆがみをピンポイントで押さえてもほぼほぼまったくゆるむことはないし、
やられるものも痛いだけで何らメリットが後に残るものではなかったと検証しているので、
それは登っても益のない道だとわかっていたからとることがなかった。
唯一、重りを密着させて事故防止のため垂直加圧を避けた水平面をこするようなずり圧を、
私が息の根をほぼ止めるほど緊張し精神を集中してかけることである程度の面のリリースはしていた。
ですが今回、自作てい鍼では容易にアプローチできるような狭いエリアでの加圧は
重い重りを使えば事故が発生するおそれがあるのでできなかった。

そのようなところで、以前から何か小回りの利くものをと考えていたのだが、
そこにうまく自作てい鍼が当てはまった状態です。





肋軟骨が柔軟性を持っているのが通常状態ですが、
ほぼ一切の柔軟性を廃したような堅さに至る方もいますし、
所々動くが大方は理想型の動きができないよう可動制限をされている状態。
そうならなければ、
自らの力により強烈なゆがみ圧を胸骨にかけてしまい変位を進行させるなど、
深刻な状況にはなりはしないのです。

そしていったん、この負のループに乗れば、さまざまな症状を引き起こす温床となる。
あまりここでは一般の方が見ていますから私の見解を述べるのは差し控えますが、
胸郭全体が変位する恐さは、
どのような胸郭の変位のパターンでどのような症状が将来的に
または現在においてでやすい状況であるのかがわかるため、
非常に重視する主要部のひとつであります。


ということは、、、。
多くの方々が胸郭の釣り鐘のような形状がずれているようですから、
胸骨の変位も少なからずそれらの方々はもっておられるものです。


ちなみにいうと、
いままで私が自作てい鍼でリリースして大いに効果を感じたのは、
私の施術を何度か受けていただけた方々で胸郭の大枠がゆるゆるにして差し上げた部分が、
すでに多くを占めるようなリリースを済ました方ばかりで、
そのような胸郭の柔軟性が得られていない胸骨や胸郭の変位が大きい方が、
単純に自作てい鍼でトリガーポイントをゆるめるだけで全体が丸く収まるとは思えません。


つまり私の施術の全体の中の流れの中に取り込まれるものとして自作てい鍼を採用したとき、
大いにその成果が出るということなのですね。

そのことはやはり昨日、今日の臨床でも明らかに感じられました。



一昨日、キョンセームを挟んで圧をかければ痛みが低減するだろうと推測するとブログで申し上げました。
本日、Amazonで注文したものが届いて、早速試したのだが、
残念ながら、てい鍼としては、通電感が損なわれた感じでうまくいかなかった。



キョンセームを挟んだ瞬間、通常のマッサージ棒としてだけの効果に限定されてしまうのだ。
てい鍼としての邪気を抜く感触が消えてしまっているように感じられたのは私の錯覚だろうか。
実際にはやはりキョンセームを自作てい鍼と皮膚の間に挟むことで、

マッサージ効果のずり圧は強まってくれた。

同時に圧をかけられたときの痛みも確実に低減している。
だから、それで満足しようと思えばできないこともないのだが、、、、。
今回手に入れたキョンセームは、確かに鹿皮の一種ではあるが、
別の鹿皮を試すしかないのだろうと考えて、今度は洗車用の厚みのある鹿皮を注文した。。。
それを用いて工夫を凝らして、何らかの奇跡を起こすことができればと真剣です。

鹿皮を利用した痛みの軽減策が、
お客様のみにとどまらず施術をする側にも安心さをもたらします。
ちょっと予定外の出費でつらいですが、
ここに投資しないといけない。
ここは妥協しないほうがいい。




余談ですが、
胸部を心臓当たりの高さで水平に輪切りにすると、
理想では左右の肋骨部分と前の胸骨と裏側の胸椎が規則正しく並びます。

それが利き手側が過剰に使われすぎて疲れが残りつつパンプアップがはななだしくなれば、
胸骨部分は平行四辺形のようなずれ方を示します。

この平行四辺形の場合は、
軽度な変形率であればある程度のリリースで元通りに近づけていけるものですが、
もしも多年にわたり軽度とはいえない様子が維持されてしまっているとすると、
非常に高度なリリーステクニックを使っていかなければ元通りの理想型にはなりません。

また脊椎がそくわんしているかどうかを観るときに、
胸椎が大きく曲がっていてコブ値が大きければわかりやすいのですが、
胸椎の棘突起部分がねじれ等があったとしてもその下の胸椎の本体がどうなっているかは
深く奥に埋もれていて、
そこからはそくわんがどのような状況であるかの察しがつきづらいでしょう。

その場合は、肋骨部の形状全体を計測し読むとわかるケースが多い。

それは左右のどちらかの肋骨が前後が狭くなり、反対側の前後が拡張している場合。
それの際は胸椎のゆがみも内在する状態の側湾があると判断できる。
それは心臓の高さで前後にCTスキャンで撮影すれば、
容易にその胸骨と胸椎の中心線のずれが大きくなっていることが見て取れるだろう。

じつは不思議なほどこのような自分はそくわんなど無関係だろうと思っている人も、
側弯傾向のある肋骨の形状をしている人がおられるのです。。。
私には、あまり症状がとかお客様を脅すようなことの結果がでることは好きではないので、
リリースが進んだり終わってから、ようやく「実は・・・」と話をさせていただきます。

その実はという前に、施術を受けるのを辞めてしまわれる方もおられるのですが、
それはときとして致し方ありません。

それは実際に本人がその部位の問題を直面してしまうと、
そちらに今まで感じたことがなかったような違和感や異物感を持ち始めて、
生活上、支障を来す人もでてきます。
自分の身体について、正確に受け入れようとする方のほとんどは、
すでに自分の状態を私の目線と似たレベルでお持ちの方でした。
それもあっていきなりマイナス面のことを伝えられるのは差し障りがあるので
黙っているほうがいいと私は思います。



この側弯傾向のある肋骨や胸椎や胸骨を含む個性的な胸郭。



私が自作てい鍼で少しずつリリースがしたかったところの5大イベントのひとつです。

そして、やはり、自作てい鍼が胸骨の形状を変位させるような堅さをゆるめるのに
強力な武器になってくれていることがわかりました。



これで、、
大胆に大きな重りを使いこなしてリリース法を、
繊細かつピンポイントエリアでのリリースを安全にこなせたり、
重りを使ったリリースをする前のとっかかり部を作るような
下地づくりをできるようになったり。


ここ数日の施術の大変さは自作てい鍼のせいでどっときていますが、
何かがようやっとつかめて、すっきりしてきましたね。

posted by スズキ at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

真鍮製自作てい鍼 20ミリ幅へ そしてあて布にキョンセームを・・・

一昨日前の施術を受けていただけたお客様。

バレエを長きに渡りなさっておられる女性ですが、
私の自作てい鍼を御覧頂いて、
「この重さがいいね、欲しくなります!」
とうれしくなる感想をいただきました。 ^-^


そして、
私は依然として「てい鍼」づくりに、邁進しています!
自作てい鍼を考えていた当時より、
意外なほど制作や研究に時間を費やしています。


真鍮の丸棒を削りだし、
いずれも100ミリ長さで
10ミリ幅、15ミリ幅、20ミリ幅と磨きをかけてみました。

自作真鍮てい鍼 いろいろ.jpg

20ミリはちょっと太いなぁと思えていたのものの、
25ミリの丸棒を素材として一本だけ買っています。

たった5ミリの太さが増すだけで、
削り出しの作業量は累乗分あがっていくような気がしてくるほど、
しんどくなってくるものなんですね。

25ミリの丸棒を削るのは、どんだけしんどいのだ?


100ミリ長さで20ミリ幅のてい鍼ですが、
これはほぼほぼ形状はマッサージ棒ですので、
こちらをてい鍼と言っていいのかどうか迷う。

マッサージ棒として圧のかけられるパワーは、
他の幅が小さいものとは段違いの強さですね。
思い切ってマッサージ棒と呼びたくなります。

こちらの太い側と細い側と、
繊細に感じ取るセンサーを働かせると、
やはり感じがずいぶん違うものだと思えました。

細い側を身に当てれば体が緊張する感じがする。
太い側を身に当てれば体が緩みだす感じがする。

軽く当ててもそのような変化が感じられるところは、
いまだに多少はてい鍼としての電子誘導が内部で起きているということなのでしょう。

ちなみに尾骨周辺は天然の人体のアンテナやセンサーの役目を担っているので、
尾骨周辺に当ててみると感度鋭くてい鍼の役割を感じ取れるかもしれませんね。
尾椎周辺にとんがった先端という印象を持つものを近づければ縮み上がります。
その反応から確認を取るわけですね。

20ミリ幅の自作てい鍼を握った感じでは、
この太さではもう少し長さがあったほうが良さそうな気がしたが、
すでに100ミリの長さの丸棒として購入してきたものですので。
そこを伸ばすのは不可能です。

このサイズになりますと、重さも加算できますので、
まん丸の形状では手から滑り落ちやすくなります。
それを避けるため、わざと側面に角張るようにする。

ちなみに、仕上げになると紙やすりで磨いていくと、
磨いているときやその後数時間から半日は目が痛くなり喉が痛みそれに苦しみます。 -.-;




目黒不動尊や等々力不動尊などへこちらの自作てい鍼を持って行きまして、
こちらの自作てい鍼を使い人々の体を癒せるようにとお願いしにお参りさせていただきました。
そして両不動尊とも湧き水が出ており、
その水に浸してお清めをしたりします。

これは、気持ちの問題ですが大事ですね。
愛情を持って道具を大事に思うことです。



また、こちらの自作てい鍼を使う際の痛みの軽減について、
以前から考えているひとつの改善案がありました。

鹿革をあて布的に挟み込めば痛みは大幅に減少するはずだろう」です。

化繊や植物性の布でクッションさせてはてい鍼の力が低減するような気がして、
それを避けるべきだろうと思いました。
実際に試しに化繊や綿、麻などや絹などを使ってみましたが、どうも違うんです。

頭のなかで瞑想中に割り出されてきたのが、
鹿革しかございません」でした。


タイムリーなことに、昨日、私が友人宅に遊びに行くと、
そちらの方はたまたまメガネに鹿革のメガネ拭きを使っておられまして。
ちょっとだけてい鍼でその鹿革を挟んで圧をかけさせていただきました。

すると、だいたい私がイメージしていたとおりに痛みが軽減しています。
そして痛みが軽減するだけではなく、
成果が目減りするどころか、
マッサージ棒で得られるトラクション効果があるいは増している感じに。

これで痛み対策は十分とはいかないまでも、
一歩だけ前進できたということでしょうね。


「キョンセーム」というキョンという鹿のなめし革を利用してみようと思いました。
通常の鹿革とも違う品質だということで、
いままで私は使ったことがありません。

キョンセームについて
http://www.kasuga-fur.jp/product/kyonse-mu/

動物愛護の気持ちを持っておられる方々も多くおられますので、
施術で毛皮を使うというのはいかがなものかと思うところがあります。
ですがこの度だけは、本当にキョンセームの特質が最適なものでして、
キョンに感謝して使わせていただこうと思います。

明日に以下のキョン製のメガネ拭きクロスがAmazonから届く予定です。


春日 KASUGA キョンセームクロス 20cm×20cm

20cm×20cm のサイズでは、使うにも小さすぎるような気がしましたが、
まずは小さいものをサンプル的に購入して、
これをもとに試行錯誤を加えていこうと思っています。
posted by スズキ at 13:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

ステンレス製マジックソープってマッサージ器具として使えそう!!^-^

100円ショップのキャンドゥで、
ステンレス製マジックソープを購入。

流水効果とステンレスの触媒反応で、手についた嫌な匂いが消える!
楕円形

・・・もちろん、私がこちらのグッズをみたときに思ったのは、
「マッサージツールとして利用できないものか?」
です。

もし、うまくいかなかったとしても、
ふつうにマジックソープとして使えばいいのだから、、、。
そう思い買ってみました。

帰宅後、商品をパッケージから取り出すと、
軽すぎるためマッサージをする際に、
マジックソープ自体の自重を活かせない気もするが、
持っていて持ち疲れの負担感がないというところで
そこは良しといたしましょう。

手の収まりもよく握りやすい。
それにエッジが丸まっていて、
接触点が痛くなくて、いい。

個人的感想ですが、
手のひらや腱鞘炎になりかけの腕部分も、
そして肋骨の肋間部分も心地よくマッサージできる。

同時に、ぜひお勧めなのは足の裏の足底部分へのマッサージ。
意外に足底の足底腱膜が硬化していると、
それだけで腰痛や体のねじれや倦怠感も。
想像以上に、全身にこの部分が固まると影響が出てしまう。
もちろんバレエをなさっている方が、
足部の柔らかさを増すためにマッサージを加えるときなど、大好評?

足底部位へのマッサージグッズに、
いいグッズはないものかと思って。
過去いろいろ探していたのですが、
なかなかこれはいいんじゃないか?




追伸:
キャンドゥ と ダイソー の 両 100円ショップで
同様のステンレス製のソープが発売しておりました。


マジックソープとステンレスソープ.jpg

キャンドゥが 「マジックソープ」
ダイソーが  「ステンレスソープ」

持ってみるとちょっとだけキャンドゥのマジックソープのほうがサイズが大きいため、
私のような手が大きい人にはこちらがマッサージツールとなされるなら向いているでしょう。
posted by スズキ at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする