2017年04月13日

手を挙げるだけでも、13000もの動作命令を必要とする・・・

サイエンスZERO』というNHKの番組は、ビデオ録画をして観ております。
ものの見方や考え方など、
目からウロコが落ちる感じの率直さで、短い時間で伝えてくれるすばらしい番組。 ^-^

気に入っています。

[NHK] サイエンスZERO - 人間とは何か? アンドロイド研究最前線。

観た方もおられるでしょう。

そこで二松学舎大学を卒業した夏目漱石のアンドロイドが語る。
きっと目の前でみたらすごいんでしょうね。

夏目漱石のデス・マスクから顔の型を取り、
夏目漱石の孫の夏目房之介さんが漱石の骨格とにているからナレーションをして。



そこを観ても、漱石だなという雰囲気が醸し出されていました。


(時間がある方は、下の映像を見てみてくださいね)


[NHK] サイエンスZERO - 人間とは何か? アンドロイド研究最前線 (2017.01... 投稿者 TrialerTeaser



ただそれ以上に驚いたのが、
漱石の手が少しあげるだけ。
たったそれだけの動作でも1万3千もの動作命令がなされているそうです。

有意味的な内容を、そこまで叩き込んでいけるまで分析していく努力。

漱石の手を挙げる = 手の部分の挙上動作 + 体全体で手の挙上をかなえるバランスをとり支える動作
簡単にみれば、このようなものでしょうか。
そして昔のアンドロイドでは、
後半の(+ 体全体で手の挙上をかなえるバランスをとり支える動作)が入っていなかったのです。
いかにも作り物的な動作。
人体の操作も、部分を見て手だけを挙げると操作をみれば、
このような操作になりかねません。

そこで、一つの動作を成り立たせる陰と陽で例えれば陰となる部分をあぶり出したのです。

すごい知恵ですね。

人間らしく見えるよう研究していく職人たちには、
ほんのささやかな腕を上げるだけでも軸の変化や重心の移動、対になる部分の動きなど、
さまざまな影になる操作があることに気付き、
その操作が完遂できたときに、
見た目がいつも私たちが見ている腕の操作をしているなと全体像を把握できることを知っているのでしょう。

私が、動作命令のソースを見たら。。。目が点になるでしょう。

一見にして手を挙上するだけの操作でも、
それほどの影で幾多の動作命令を私たちはしているのです。
それは無自覚的にできてしまっている操作ですが、
アンドロイドがその動作命令をされないと動かないと同様に、
私たちの場合も動作命令がされることで動くというのは同様。

「動きの巧みさ」を語るには、
動作の素地づくりをするべき。
それには動きのある部分を観るのは当然だが、
そこより先に起きる準備が体内に先に起きてくることが大事。

太極拳等での教えは、
陰陽の語るところは、
陰の動作に陽の動作が上に乗るように作りだすようにいいます。

手が上がってから、それを支えるための動作をあとづけでなすのは、
軸を失した操作で下手とされ、
手が上がる手前に準備動作を終えてから手を上げるのが上品ですね。

この上品な動きはよくよく練られた修行をなさった末に保ち進むものです。

だから動きは局所だけを観るのは下品で、
かならず全体の動きを俯瞰して観て局所にクローズアップして、精度を見て取り、また俯瞰してを繰り返す。
そこを連綿と繰り返して雑味をすりつぶして、
より合理的な自身の身体と向き合った末の自然体を手に入れます。

まずは、そのようなイメージで動作の一挙手一投足を再検討する。

一見面倒なものですが、
一定期間、その動作を練るような修練をなされれば、
いったん上質な動きを知れば、その後の豊かな感情の起こりや操作についてなどにも、
滞りも減るように感じています。

様々な方面で、自身の生活上の豊かさが上がると思います。




そういえば、と脱線をしますが。^-^;


昨日施術をお受けいただきました私と同業者の先生。

今までの勤め先から独立なさるそうです。
新たな船出を勇気と希望とやる気が武器。
独立をするとわかりますが、
日本には四季がありますように、
春や夏の季節もありますが
秋や冬の寒々としたところをしのぐときもあります。
それは経済的なものとして来る場合もありますし、
家族や自身の身体的問題として出るときもあります。

たいがいはその冬の時代が、
勉強したり新たな情報を得て変化対応する時期です。
そこを前向きに捉えて時を過ごすことが大事です。
体験から得られる教訓は、深く胸に刻まれることで、
自分を磨き大きくすることになるでしょう。

という彼が、お店を借りようと思ったとき、
それも真剣に借りようと思って町中をみたときには、
あそこの歯医者の立地は看板が見づらくて入りづらいよな、等々、
いろいろなことを考えながら目に飛び込んでくるようになったそうです。

店舗を借りる至上命題を持ったときに、
脳に「人生に関わることだから、最良物件を見つけてください」という、
緊張感漂う明瞭な質問をしたとしたら、
いつもならば同じ町中を歩いても気にもとめなかったことが、
一気に自分にとって意味を持って飛び込んできたという経験をしている。

そのようにおっしゃっておられました。

人生に関わることだから・・・と、必死に緊張感を持った時には、
脳内にアドレナリンがでるので、突出した注意力が発揮されます。

または追求してみて楽しくてしかたがないという時にも、
そんな脳内麻薬物質がでてきて、固定した感覚や感性を
別のチャンネルにひねりをかえて受信できるようになります。


私も基本は、施術をしているときに集中力を高める際に、
意図的に脳内にアドレナリンがでているかどうかが大事。
そのように感じています。

そのときに、
ものの見方が固定された盲点を持つ状態から移行できます。

気づきがえられやすくなるのですね。

人が、今まで行い続けていた無意識になさる動きのプログラムを書き換えるときには、
脳内麻薬物質の作用がてきめんに効いてくるかどうかがポイント。
そのときに実は、
感情の面が集中して、
どうしてもそうすべきなんだ!と積極的に惜しみなくそちらに意識を向けきる、
そんな実感を得られた人は幸いなんです。

「なぜ、そうするのか?」
「なぜ、そうしたいのか?」

そこの理由が自分の価値観にまで掘り下げて繋げられたときに、
脳内麻薬物質がでてきます。

そこに繋がっていなければ、やる気は早々に30秒ほどでやせ細るようにして、
いつもの状態に帰郷するよう設定されているものです。


私には、
「ぜひ、影になり動作を支える陰の動きをものにしたい!
それは、なぜならば、・・・」
というところに自身の未来肉体像に希望を込めた思いを口にすること。
感情として、うれしくなる状態になれるからとか、そんな苦しくて辛い状態に陥るのは絶対にやだとか。。。
気持ちを込めて語ってみて誰かに聴いてもらう。
または自問自答でもいいし、語り終えた後に、
「そうだね、あなたはそう考えているんだね。その望み、かなうといいね」といったいただけるとき。

不思議なほど、意識のトンガリは胸に深く突き刺さるもののようです。

そこからのが、改革の始まりだろうと思うのです。
posted by スズキ at 11:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 体の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする