2017年04月07日

最近の自分に課した施術研究につきまして

個人的な事で必要性を感じることがあり、
一昨年前から脳血管障害の後遺症を改善させる方法について調べていました。

様々な情報が集まるものの
私の手持ちの技術のみでは対応させることは厳しい道になりそうだと感じ、
早々に手を他へと広げて検討していきました。

たとえば、
神経系の流れを改善させるためにはという気の流れを正すということに焦点を当て、
体内の気・プラーナ・エーテルの流れを改善させる力が強いものと体感したパワーストーンの利用法を
バイオレゾナンス・メソッドやポラリティを下地に敷いて探っていくこと。
術者の体調が施術に作用を及ぼすため、
クリヤーヨガを、部屋で黙々とすることで自身の体を捗って造るよう試行してみたり。。。

または骨格上の構造として整えるべきとしては、
こちらは私の日頃の大胆な施術が素地づくりに活きる分野です。
さらに頭骨部の呼吸をする際の律動がずいぶん制限されたものを改善させる必要性を感じました。
頭部をずり圧をかけやすいボールを利用して頭部の筋膜を緩めつつ頭部縫合を解放し正してみたり。

ボウエンテクニックのセッションが、
独特な間合いによる反射区療法として副交感神経のバランスが整えられて
改善に貢献すると思えばセミナーに足を運びましたし。。。

その他、様々なやり方を工夫して実験を繰り返してきました。

私の施術の研究の仕方は、とにかく可能性ありと直感したものを
遠隔で直接的な成果になるかどうかは勉強の末に解ることですし。
やるしかないという考えですから。

自分が選択したものの理解を深め力を増して、
有機的に組み合わせができた後には、
手応えがつかめてくるのでしょうか。


現在は『山元式新頭鍼療法』という
頭部に置鍼をする療法に関心を持って調べています。
こちらの療法はたいそう脳血管障害後遺症にも効果があるそうです。


上の映像は山元式新頭鍼療法DVDの紹介映像です


私は他人には鍼はうてませんから、
検査法や経穴の位置などを身につけ、
マグレイン円錐型やてい鍼を利用でどこまでの成果がでるか?

正直にもうしまして
鍼の優れた治療効果を下地に置いたアプローチだから、
生きてくるものだとわかっていますから、
安易にマグレイン等に置き換えてどうなるものか。。。

ただいまはその山元式新頭鍼法の教材学習中です。
実際の作用を知りたいので、
その効果を宮崎県に創始者の山元医師のクリニックまで受けに行ければ、
なにかをつかんで帰ることができれば、
その情報を知り合いの脳血管障害後遺症を持たれている方へ紹介することができます。

この春くらいにも勉強した成果がでてほしいので、時間はそんなにありません。

これほど散逸した勉強のやり方で試行錯誤をしていては、
調べるものの量が多くなり時間が削られてまとまりがなくなる恐れがあります。
内心は、これでいいのかは定かではないため疑心暗鬼を生ずるところです。
ただ精神を集中して感じ取って選択し集めた素材ですから
不安を拭い去るため時間と労力をつぎ込むしかありません。


このようにひとつのことにこだわりを持って調べあげていくことが、
今までの自分の施術の考え方ややり方の壁に気付き
今を乗り越えるきっかけになるものだと思います。

もう少しの間、がんばらねば。




最後に、脳卒中等の脳血管障害について調べていて、
以前に放映されていた映像をみつけたとき、
塩分控えめレシピって大切なんだなと実感。

多くの方々に効いてくる知識だと思いますので、
YouTubeにアップしてある映像を掲載させていただきますね。


https://youtu.be/tU0-0DW-dDY
病 脳卒中・脳梗塞〜早すぎた進化の代償〜
posted by スズキ at 17:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする