2017年03月13日

一回だけの施術、歓迎してます ^-^


昨日、予約順番待ちにお並びいただいたお客様がお越しいただけました。

ありがとうございます!! ^-^

お通いいただいている女性のお客様が、
お仕事で忙しいご主人の健康を守るために
ボディワイズで施術を一回だけ受けてみて、
現状のお体の状態を指摘理解してもらって
有益なエクササイズなどがあれば知りたい。

そのようなご希望をいただいての施術です。


一回のみの体験施術も、大歓迎なのです!!


願わくば、ご主人様の「自身の体への興味が換気」されれば喜ばしいことです。
「えっ、こんなところが硬かったのかぁ〜」という発見でもいいでしょう。
自身の筋肉のコンディションの概要を知るのでもいいでしょう。


人生の幸福を増すようなきっかけを求め、
好奇心を持って新たなものに触れていく。

それを施術でというのも、
素晴らしいことですよね。

一回分の施術で伝えることは限りがあります。
ですがお客様が自分の体の状態を頭で想像する以上のことを、つかめるでしょう。

一回の施術をさせていただくときには、
気づいたところをかいつまんで話す時間しかありません。


それは、そうですよね。。。


数時間で私も人一人のからだを解明し切るのは不可能ですし、
同時に私が把握していった情報量も半端ではない量ですから、
それを伝えるにも数時間どころか数日はかかりますもの。

それに本当の病巣とも言える深層筋のダメージを受けた場は、
複数回リリースを受けて、ようやく顔を出すものなのです。
だから本格的に施術で体質レベルまで書き換えようと思うと、
継続セッションが必要になってきます。


それはそうなのですが、
以前一回だけの施術依頼をしていただけたお客様がおられ、
その方が貴重な感想を述べていただけたことがありました。

それは20年前のことになったでしょうか。。。


関西から東京の大学に通われ卒業し、
帰郷前夜の一回だけの施術でした。
女性のお客様で虚弱体質と本人がおっしゃられる通り、
少し歩くだけで体が疲れ、このままの人生は苦しいとおっしゃられていました。

私としては、施術力が今以上になかったので、
最初に施術の依頼をいただいたときのメールを読み、
一回だけの施術ではお客様に得るところが少ないと思いますので、
という理由がかなり長文になりましたが送らせていただきました。

ただ、ボディワイズの施術に興味を持って好奇心はあるから、
せっかくだから受けたいと思いますという返信をいただきました。

私自身のできた仕事といえば、
当時の私のベストを尽くした施術をしたつもりです。
ですが施術は私が日頃考えているように、
体の状態を一時的に楽な状態に立たせて自分の日頃の体の使い方に思いを配ることが本筋です。

先生の施術で直してくださいというのは、
自分にはコントロール可能な手段がなく、
他人に操縦を任そうとすることですから。

人間の思考は大したもので、
自分の体を配慮なく傷つけダメージを負うこともできるように、
自分の体に気を配り痛みを癒やし快適化させる人生も選べるのです。

自分で自分の体の状態をモニターしてみて、
どのような自分だったら良いのかを感じて。
そして夢見たり希望を持ったりすることで、
少しだけの悲観と大きな楽観を手に入れて。

そう願っていました。

そんなことを真剣に考えて語るのが仕事だと感じていました。

施術成果をプレゼントできないところは、
もしかしたら体の使い方の楽しさに気づいてもらうきっかけに、
このセッションをすることができないか?と狙いをつけていて。


実際、私は施術を受けたことは、ほんの少しだけです。
自分の人生を体の使い方を磨くことにかけてきました。
私の周囲の誰よりも体力のない枯れ木のような体の幼少期を過ごしてきましたから、
そちらに対してのコンプレックスが強かった。
だからその劣等感をバネにして、
他人がかなわないほどの死ぬか生きるかも文字通りかけて、
必死さで自学自習、研究をしてきました。
それの研究課題がハードな施術を立派にこなすことでした。

ひとつ、山場を乗り越えれば、またなんだかいつの間にか、
さらにはるか高いハードルが壁のように現れてきた連続で。
施術をやっていてお客様に、
「鈴木さん、また、ガリガリに痩せたね・・・」
と心配をかけてしまうことも幾度もありましたし、
長期休業を体を壊して余儀なくされることもありました。

そのような体の丈夫さで言えば劣等生であったからこそ、
その女性のお客様の不安ややりきれない苛立ちやつらさが痛いほどわかります。

ただ、、、
私自身が、体の使い方がわかるのしたがい改善されてきた身のこなしや体質など、
復活の経験者です。

だから、一回の施術でしたが、
そのときにそのお客様の身体の性質ややりたいこと。
体が丈夫になったらこんなことをしてみたい、こんな服を着てみたい、等々聞いて、
その後、半年くらい私が考えていた体の使い方についてのポイントを文章化して送り続けたでしょうか。


「メールの、ここ、意味不明です」等の、
文章力のなさから添削を受けつつ動き方の基本中の基本をお知らせし続けました。

最初は、さすがにそんな体の使い方を変えるだけで、現状が良くなるとは思えないという反応でしたが、
根負けしてくれて少しずつ体の使い方のチップを実践したよという連絡をいただけるようになりました。

私が体の使い方の初心者バージョンの使い方の要諦を伝えるネタが尽きたところで、
このメールの送付は終わりました。 
私にしてみても、自分の力量が文章化されると、
さほどの驚きがあるものじゃないなと冷静に見れるようになり。 ^-^;
いろいろと勉強をさせていただきました。


そしてそれから、数年経ち、その方から結婚なさってお子様が一人生まれたというメールをいただきました。
メールに添付された写真には、見覚えのあるお顔ですが、しっかりとした元気な女性が写っていました。
「○○さんのの夢のひとつが、かなえられてよかった」

体の使い方の解説をするときに
私は合気道や太極拳を元ネタとして説明していました。

その女性は利発で、
私から体の動き方を文章で伝えるメールをいくらいただいたとしても、
合気道も太極拳も体験してみなきゃわかるものではないと考えた。
太極拳のサークルに場違いなところに違いないと思いつつも入門したのです。
清水の舞台からまっさかさまに転落して転落死するくらいの勢いで。

結果として、そちらで現在のご主人と知り合われたそうです。

そして子供を出産する体力があるかどうかも将来の不安になっていたものの、
日々の太極拳の修練を重ねられたことで、出産当時の問題はなにもなかった。


私が半年も体の使い方についてのメールを送ることができたのも、
根底にそのお客様は人生には生きる価値があると信じようとして、
今の自分の体の改善に取り組んでいた姿を見せてくれたから。

明日をもしれないつらさに「必死さ」が私につたわってきたとき、
感情をあまり外に表さない私ですが、
私もつられて目からボロボロと涙が。
^-^;

息苦しくなるほど泣けてくる。
そこまで思いつめ変わらなきゃと思えたこと。
それは財産ですね。


そうなれば私が自分が健康状態が回復できたんだから、
いまはつらくとも半年後には絶対良くなると確信していますから手伝いをさせてほしいと伝えていた。
かなり押し付けがましいことをしていると思えてきて、
途中で幾度かメールの送信を挫折しそうになったが
とりあえず半年はと初志貫徹いたしました。


そして、そのお客様からいただいたメールには
「一回の施術をお世話になっただけで、奇跡がおきました。」

という文で締めくくられていました。



私が日々する施術の中で、
そこまでのことが起きることも稀でありますが、
それ以来、私も一回の施術でも躊躇なく受け付けるようにしています。
一回だけでは継続セッションを受けるときのような施術上の期待はできないからということは、
正直な事実を情報としてお伝えするのは必要ですから致します。
ですがその文章が、以前よりも短めにサラッとしたものになりました。


やはり、たった一度の施術でも、合って話をすることで、
少しでもお客様が自分の体を内省し成長できるようなきっかけとなれば。

そのようなことを思い願っております。 ^-^
posted by スズキ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする