2016年02月27日

ボディクッションというマッサージグッズをお借りしました!! ^-^

昨日、ボディクッションを貸いていただきました。(Y様、本当にありがとうございます!!!)

ボディクッションのホームページ
http://www.bodysupport.com/

ボディクッションの利用法が映像でわかります
http://www.bodysupport.com/instructional-videos/


bodyCushion Brochure by Body Support Systems
https://youtu.be/Uw_51uEHQu0

以前から、ボディクッションは興味あったんです。
だからボディクッションは高価で購入できないが、
ボディクッションを使うリリース方法が解説されたテキストは以前に買ってもっています。
少なからずボディクッションには関心があったのですが、
高くてもし買ってみて思ったほどじゃなかったらショックだろうと考えちゃうと、
手に入れるまでは踏み切れないでいたのです。



ボディクッションとは、どんなようなものか?

体をうつぶせ寝をしたり側臥位、仰向けで施術をさせていただくときも、
体の歪みがある程度ある人はけっこうその姿勢を一定時間量継続すれば、
そこかしこと体がしびれてきたりしてつらくなってくることがあります。

そのような方々には大きな味方になるでしょう。
大変快適な施術を受ける姿勢を与えてくれます。

まさにこのボディクッションの上に乗って横たわるだけで、
体はいい感じに弛緩していくことが、充実体感できますね。
それはリストラクティブヨガを体験しているかのようです。

今日、ちょっとだけお客様に試用していただきましたから。
その際にも、好印象の感想をいただけました。

ただ残念なことに、今の私の施術のやり方では、
重さが2キロから6キロほどの重りを利用して
それで圧をかけてリリースするので。

それではボディクッションを使うと、
ボディクッションのクッション性が仇になって、
クッション性が働いた部分が沈み込みすぎます。
するとずり圧に必要な持続的な一定力量の加圧を加えたまま移動してリリースを促すことができない。

そのような相性が良くないところがあります。

だから平素の私の施術上では利用できません。


ただ、単純に、私のいつものハンドアックス風の重りを使ったワークを手放したところで行う、
トラディショナルなストレッチをかけるような筋・筋膜リリースをするには、これは使えそう!
それだけではなく、ボディクッションを利用しリリースできる多彩なアイデアがわいてきます。

おもしろいですね。
実に興味深いです。

貸していただいたボディクッション。
使い勝手がいいことを実感すればするほど、
これは役立つなぁと実感するにつけ借りてちゃ申し訳ないような気がしてきます。 ^-^

posted by スズキ at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の医科大学で一般の医療従事者に開かれた解剖実習見学があるんですね。

民間医療のテキストを出版販売している、エンタプライズ。
定期的に、さまざまなサプリの掲載されたカタログを送付。

するとサプリとは無関係な【 解剖実習見学のご案内 】と書かれたページを見つけました。

なんだろうか、、、。
と、ネットで検索をしたら下記のようなフェイスブックページを見つけた。
それはエンタプライズに書かれたページ内容と同様のものであった。

施術者の為の解剖実習(整体師・柔整士・カイロプラクター・鍼灸あん摩マッサージ師向け)
https://www.facebook.com/events/994445347316200/

日本の医科大学で、医学生向けではない一般の医療従事者に開かれた解剖実習見学は、他にはないそうだ。

私と同業者の方のなかには、興味がある方もおられるかもしれないと思い、書かせていただきました。



死体解剖と生体解剖とは、
内部の状態がまったく異なる点も多いため、
死体解剖をそのまま生体のように考えてはならない。
参考になる部分とそうでもないところを別けて考える必要があります。

ただ具体的に人体を内部まで検証することで得られる知見は少なくはないでしょう。


そうはいうものの。。。
私は、解剖実習は見学であっても参加は二の足を踏む。
意気地のないことを言っていては、ダメだなと思うが。 ^-^;
でも、しかたがないです。


かつてリアルな解剖実習映像を見たことがある。
映像を観るだけでも、
ぶるぶるぶるっと背中が縮んできて身震いが起きた。
緊張がピークに達するならば肩がこれほど凝るものか!

そのとき感じた総毛立ったシーンが思い出された。

当時見た映像が、リンパドレナージュ関係のフランスの映像で、
PAL方式をNTSC方式に変換する際に粗悪な画質になってしまった。
そこが恐怖映像を覗き見る以上に怖い感じに変わっていった。
慎重に映像を見ようとがんばった。
だが無防備に体の緊張をゆるめることができるものではなかった。。。

不思議と他の動物の体であればそこまでは怖くなかったのだ。
一頭買のやきとん(豚の焼き鳥風)をしているところに
豚は人体と内臓の作りは似ているからと見学にいった。

骨や筋膜の様子、内臓の厚みや配置など手袋越しに触れて体感した。
そのときの印象は解剖学実習のような情報源として活躍しています。
だからあまりお医者様のような人体実習を繰り返して精通している
先生方とは詳細を診て感じたことはないのが申し訳ないところです。
そこは書籍等では十分カバーできるものじゃない。

そこは感じ取れます。
ですが意外に役立っているのは事実。。。

自分自身。
自分の人体は生体であり、
解剖されてしまえば恐怖の対象になる存在です。

同時に人体の見方としては。
人体とは一番身近な知りたいものですし、
愛する対象ですし、かけがえのない尊厳を感じてやまないものです。

人体を観る立場や視点を変えると、
見え方が変わるのは面白いですね。
posted by スズキ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

【業務連絡】:2016年3月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました

【業務連絡】:2016年3月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



------------------------
☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への業務連絡となります ☆
------------------------

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


☆ 2016年3月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にある 
ファンクションキー5 <F5> を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。






【 ご注目願います!! 】

※ 施術の休日につきまして 
  半年間、変わります!


○ 3月から半年間、「木曜日」を
  3〜5月の毎週、
  6〜8月の隔週をお休みさせていただきます。


お休みを頂戴させていただく理由は、
2016年3月より木曜日にコーチングスクールに通わせていただきます。

施術業務には、対人関係の良好さを促進させることが大切です。

基本的には、趣味でコーチングを習うという意識ではなく、
施術業務を運営する上で重要事項であり研修業務と考えております。


私の一身上の都合により
お客様に対し、大変なご不便をおかけいたしまして申し訳ございません。

どうかご理解、ご協力の程をよろしくお願いします。



================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

『ひめトレ』という骨盤底筋を刺激するグッズがあるんですね

今朝、お客様から問い合わせメール。

ひめトレ」という骨盤底筋にアプローチするグッズがあるとのこと。
以下、私が書かせていただきましたレスを転載させていただきます。 
もしかすると部分的に他のお客様にも参考になりそうなところがあるかもしれないので。



・--------------  以下 メールからの転載(一部、加筆訂正した部分あり)  -------------------・

こんにちは。

ひめトレ
そのようなグッズがあるとは、
知りませんでした。 


以下は、ひめトレの本です。

女子の骨盤力を上げる「ひめトレ」ストレッチ (saita mook)

ひめトレの公式ページがあるのですね。
http://himetore.com/index.html

【LPN公式】ストレッチポールひめトレエクササイズ

https://www.youtube.com/watch?v=Q3cNX8Dupao

美しい姿勢とくびれを手に入れる ひめトレ 基礎編  ハーモニーサロンプラティヤヤ 渡邉佐知子

https://youtu.be/S4Mc9kHpyls



私は使ったことがないので、
硬さや工夫された点、効果などはわからないのです。

ご期待いただいた答えができずに、ごめんなさい。


理詰めで考えれば、骨盤底筋を上方に引き上げる操作は、
バレエを踊るとき、2〜3センチは上に引き上げ続けます。
そこが大腰筋を使うために大事なホームポジションと言えるところです。

だから悪いものではないと思います。
骨盤底筋を狙う点は、
いいところを突いているのですが。。。


ただ、もうちょっと別の視点で、骨盤底筋を含めた太極拳の
基本中の基本の足の使い方をトレーニングするのもいいかもしれません。

下記がスクリュードライバーのようにヒップを使うことで
エネルギーを出し入れするという映像ですが。

The Inner Journey of Tai Chi Chuan- Lesson 2

https://youtu.be/7lqwAiwW4JM

このようなヒップの使い方ができるとどうなるか。

下半身に気を取り入れることができるので、
それが生命の気を大地から呼吸をさせていく要領をイメージ。
グラウンディング感覚が正されていくでしょう。

このヒップの使い方ができたら
ひめトレの成果を包括してしまうかもしれません。



ただしこちらの太極拳のレッスンのほうが手間隙がかかりそうだから厄介だとなり
今は時間がないしという場合は、選択枝としてひめトレもいいのでしょう。 ^-^
便利なグッズがあれば、活かすのもいいことですし。



追伸:
アマゾンでひめトレを調べ続けていたら、
主婦の友社から、下記のようなポール付きのものも出ていたんですね。。。

100歳までシャッキリ!! 座るだけ体操―ポールの上に1日5分 特別付録 限定版ストレッチポール(R)ひめトレフィット (主婦の友生活シリーズ)
知らなかった。 ^-^;


私が所有している「D&M セラバンド フレックスバー レッド DF-2
に、クッション性のある100円均一で買った滑り止めシートをぐるぐると相当に厚くなるほど巻けば、
それでも使えそう。。。と考えてしまっていたんですが。

私は滑り止めシートを8枚重ねくらいで巻きつけて、とりあえず座ってみた。。。それなりに痛い。
5分間、その上に乗ってみると、なんだか、、、ジーンとした感触が後々まで響いてくる。

そして心臓が微妙に不整脈っぽくなった。
心臓が不整脈っぽくなるのは、
痔になった人は心臓が悪く循環器に問題ありと判断することができるから、
私は痔ではありませんが、一時的に肛門部分の血行を阻害したことになり、
そちらの関係で生じた現象なのでしょう。

心臓と肛門部分の血行って、完全にリンクしてますから。
これは肛門部分への負荷が強すぎた証拠ですね。

ゆえに、これでは硬過ぎなのかもしれない。

ひめトレの硬さをちょっと知りたいところですが。

私が推測するに、、、
といういい加減な感想だが、
フレックスバーを芯にして巻きつけた滑り止めシート。
このシートだけで8重ぐらいに巻き直径5〜8センチにした。
そしてひめトレのように乗ってみた。
そんなに痛くは感じないような状態であった。 
心臓部分の不整脈っぽくなる反応もおきない。

な〜んだ。 ^-^;

これならばいけるのでは。
そう、感じられたのだが。

そういうトライはメーカー様にしてみれば、
あまりよろしくない実験なのでしょうね。 ^-^;



ただ骨盤底筋は本当にデリケートな部位ですから、
その部位をあまり強圧するのは尾椎にダメージをすでに持っている人などは、絶対にご法度です。
その他にも忌避としてあげられるようなケースは、
私にもいくつか思いつくところがあります。

尿漏れを改善させてくれるというメリット面を押すのと同時に、
体に変化変更をもたらす場合は、リスクもあるものですし、
骨盤底筋は長強や会陰や督脈と任脈にかかわるライン全体含め、
いきなり大きな変化が生じると経絡上のバランスもくずします。

そこの部分は、私は真剣にユーザー保護のために、
わかるように但し書きをして欲しいと思いました。

私としては骨盤底筋は、
人を活かすも殺すも同時にできる活殺自在の急所と心得ています。

なので使ってみて、ちょっと変な反応がでたようなきがすれば、
早々に利用を中止したり、
使用時間を短くしてみたり、
適切な手を打つ必要があると思います。

posted by スズキ at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

【業務連絡】:2016年2月25日(木曜日)午後9:00に、翌月3月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます

【業務連絡】:
2016年2月25日(木曜日)午後9:00に、
翌月3月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます


------------------------

☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への

  業務連絡となります ☆

------------------------


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


{2016年3月の予約表更新、予告日時}

■ 2016年2月25日(木曜日)午後9:00


上記の日時にボディワイズの予約可能日程表を、
更新させていただきます。

更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にあるファンクションキー5 <F5>を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。


【 ご注目願います!! 】

※ 施術の休日につきまして 
  半年間、変わります!

詳細は、下記へ。




【 編集後記 】


こんにちは。

お世話になっております。  
ボディワイズの鈴木です。

少しずつ日が長くなってきて、
嬉しく感じるこの頃です。


○ 来月から半年間、「木曜日」を
  3〜5月の毎週、
  6〜8月の隔週をお休みさせていただきます。


私の一身上の都合により
お客様に対し、大変なご不便をおかけいたしまして申し訳ございません。

お休みを頂戴させていただく理由は、
2016年3月より木曜日にコーチングスクールに通わせていただきます。



期間は半年で、

3月、4月、5月がほぼ毎週 木曜日
6月、7月、8月は隔週   木曜日



にて通学させていただきます。
スクールの時間が10時〜20時で一日がかりになります。

そのためスクールに通う通学日の木曜日を、
お休みさせていただければと考えております。


かねてから施術を提供する際に、
私自身が場合によりどのように
お客様に言葉をかければよいか。

ときには精神的につらく感じておられるお客様。
ときには症状が大変に重いお客様。

どのような考え方で接するべきか。
お声がけすればよいのだろうか。

そのような場合に行き当たりばったりではない、
深く考えていくにはどのようにすればいいのか?

そのような答えを求めて、
通う予定のコーチングスクールの通学を考えました。



重ね重ね、
お客様には、
私の一身上の都合により
お客様に対し、大変なご不便をおかけいたしますことを、
申し訳なく感じております。


今後のボディワイズの発展の礎を築くきっかけにしたいと考え
取り組んで参りたいと思います。

どうかご理解、ご協力の程をよろしくお願いします。


コーチングスクール通いは、
丸々一日の講習ですから肉体的にも厳しいらしいです。
そこをどうにかがんばって集中力を持たせ、
何かをひとつでも学んで持って帰ってこようと思います。


楽しみと不安感が入り混じったこの頃です。


ボディワイズ 鈴木

(終わり)


================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

補腎湯のビニールパックが販売されている国民のセルフメディケーション意識

あまり漢方薬に馴染みがない方は、
漢方薬の印象は、どぎつい苦味が強いまずいものといった感じでしょう。
または丸薬になっているものや顆粒状になっているものもありますよね。

それらの漢方薬は、生薬を煎じたあとの商品です。

では煎じる前の生薬のままを見たことはありますか?

先日、知人より【 補腎湯 】という漢方薬の生薬セットをいただきました。

漢方薬を煎じる前の生薬原型を実感するために、
生薬の実物サンプルがあればうれしいのだが。
そう思っていたのです。

中国食材店で買えるようなものは、
手元にいくつかは揃えたのですが、
それがしっかりとひとつの漢方薬を構成する生薬がパッケージされて、
薬効成分が揮発して外にもれないようになっているパックがあるとは。


補腎湯
補腎湯2.jpg
http://www.euyansang.com.hk/zh_HK/products-soup-packs/%E8%A3%9C%E8%85%8E%E6%B9%AF-4891872710175.html

こちらの補腎湯には、主要成分として、下記の生薬が一袋の中にワンパッケージ化されています。
蜜棗,芡實,狗脊,黨參,杜仲,巴戟天,肉蓯蓉,補骨脂

実際にこちらを手にしてみていただくと漢方薬のイメージが変わるかもしれませんよ。
手に取ると少しだけずっしりとした存在感。

生薬辞典を見たことがない人の感想は、、、
小さなつぶつぶが入っていたり、
乾燥されたスティック、
板状の何か、、、。

などとバラエティ豊か。

ふつう西洋医の薬は、
胃に負担がかかる強い薬を処方されれば、
胃薬も処方に書き加えられるようなこともありますよね。

補腎湯を含め漢方薬は、
多様な生薬を組み合わせることで、
互いの症状を分析することにより、
分析結果から最適な対応する生薬を選択していきます。
そこには中医学の陰陽五行説も考慮されたものもあり、
かゆいところに手が届くようなサポートをしています。

それぞれの生薬がひとつずつが薬効上の役割を持っています。

私は職業柄、気感を強く感じるよう訓練されていますもので、
生薬を煎じたときに蒸気とともに揮発する気に含まれる力に、
鼻腔から皮膚全体から生薬成分が入り込み作用する実感があります。
漢方薬をエキスや丸薬や顆粒で取る以上に、
これは効きそうだと感じる理由です。

ただ服用し慣れていないと、
体が生薬の生きの良さに押されます。
だから服用したてはドキドキですが。
そんなときは規定に従わずに少しずつ服用して
体からの漢方薬が受け付けられるような大改革が起きたときに、
規定量の服用とするようにして、私は今のところ対処しています。
特定の症状に対して、
その症状に対応した漢方薬の選択法のファースト・チョイス方法は、
漢方薬関係の専門書にわかりやすく書かれております。
医師もそちらを参照して処方することがあるそうです。
中医学の専門的な研究をなさっておられる先生方は、
さらに患者様の状態を診て、特定の生薬の量を加減することで、
その患者様にベストマッチな状態にして提供するようなことも。
そうなれば漢方薬の古典書以上の成果が期待することができる。
すごい世界です、、、。


なぜ未だに中国や香港では、
漢方薬が人々に受け入れらているか。

漢方薬が牛乳パック的なものに入って、
駅のスタンドなどで購入できるような浸透具合です。
それをゴクリと飲んで、今日も一日頑張ろう的な感じ。


中国や香港では、
日本のような公的な健康保険制度がないと聞きます。
だから医師により診て頂くときは全額実費ですから、
高額費用が請求されます。

たとえばあなたが、
アレルギー疾患のためかかりつけの病院に通院したとします。
一回の通院で3000円お支払いしたとします。
するとその裏では健康保険証を元に歯医者さんは27000円分を別のところからいただいてますから。
私どもは保険料をお支払いしているから、
まったくの丸々のマル得状態ではないのですが。

毎週病院に半年通う場合。
健康保険制度があるとき、
毎回3000円だとすると、
3000円☓4週☓6ヶ月=7万2000円
となるのですが、、、

それが保険適用がなければ、
トータルで72万円の支払い。

ここまでくると健康保険制度さん、ありがとうございます!状態ですよね。

香港ならば72万円を支払うしか病院にかかれなくなる。
とすれば、だったら民間療法で効くことが実感できる漢方薬を服用すると、
その医療や健康にかかる費用はもっと安く抑えられるようになっています。

そうなると合理的な考えを得意にする中国系の人たちは、
よほどの場合以外は漢方薬を利用して健康の維持を図り、
未病を治す努力から日頃の生活を組み立てて考えます。
もし病気になったとしても、
日頃の陰陽五行に基づいた健康法が徹底されています。
すると大事にならずに済みますから、
病院にかかる費用が低減させられる。


裕福な人たちは病院に行って支払いをしても破産はないかもしれない。
ですが、中流以下ならば、死活問題になることも考えられるでしょう。
健康のままでいつづけるというのが、
当たり前の事のように聞こえますが、
それこそ生活をする上での戦略です。


日本でも、今、病院を頼る前のセルフメディケーションが注目されてきています。

セルフメディケーションとは、
「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と
世界保健機関(WHO)は定義しています。

セルフメディケーションの効果
(1) 毎日の健康管理の習慣が身につく
(2) 医療や薬の知識が身につく
(3) 疾患により、医療機関で受診する手間と時間が省かれる
(4) 通院が減ることで、国民医療費の増加を防ぐ

そのような観点で、
すでに実践的にセルフメディケーションの先進国として
漢方薬を採用している人たちの動向から学ぶことも多くあるでしょう。

基本的に考えて、ボディワーク系の施術を受ける人の中でも、
セルフメディケーションを重んじて生活を組み立てていると、
成果も実感しやすくなると思います。


posted by スズキ at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

【 0歳〜16歳の花粉症の子ども3人に1人 】と知って感じたこと

花粉症関連で、気になる記事をみつけました。

0歳〜16歳の花粉症の子ども3人に1人、PM2.5増加も影響か(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/160208/lif1602080022-n1.html



花粉症。
それは一度発症したら、改善は至難の業。

体質を根底から変えていくことができて、
問題点となる免疫の低下を抑えればいい。

花粉症になるには、そのようになる状況が設定されています。

私のところで、どのような対処をするか。
胸郭全体を緩めて肺の動きや心臓の動き、そして胸腺を動かせるようにしていく。
仙骨と腸骨のハマりがずれた状態ですし仙腸関節部位の可動不全を是正していく。
その他、それぞれ適したことと観察される個性的な問題点を地道に改善させます。
それで徐々に症状を低減させていくことはできているようです。

その成果を体験していただいた方から、
「あ〜、そういえば、私は花粉症だったような気がする」と。
過去の苦しさはもう、思い出せませんという笑顔をともなって語る言葉を幾度もきいたことがありますので。

ただし慢性化した花粉症の状態は、リリースに手間と時間がかかります。
簡単にちゃっちゃと解いてという希望はご期待にそうことはできません。
容易に花粉症状態に戻るようであれば、対処のしがいがありません。
容易に戻らない状態にまで押し上げるのは、並大抵のことではない。
そう考えていただいたほうがいいでしょう。

それに私自身も、施術が立て込めば体の重心が上半身に上り詰めて降りてこない、
上虚下実の反対の、下虚上実の状態になれば花粉症に間違いなく襲われますから。
それを本来の上虚下実に治めていって、セルフメンテをして改善ははかられます。

私の場合は、急性の花粉症。 ^-^
速攻の対処はできるのです。
遠赤外線効果で体の芯まで温めるドーム型サウナに5時間ほど入ってから、
徹底的に胸郭周りをゴリゴリしたり、オイルマッサージを加えたり。
日頃、木刀を振る習慣があるからそれらのリリースはしやすいのですが、
それでもかなり厳しい苦闘と苦悶の状態を味わうことになります。
でも、それで体験上今までは花粉症のつらさは半減か完治しますからね。



事実上。整体的な問題で花粉症に陥った割合が高い人に取りましては、
ある程度有効な対処法はあるといえるでしょう。

そんなことを唱えつつも、
別の視野を広げ子供がすでに花粉症になってしまうという、
それも年々、その割合が増加の一途だという。
そのことに驚きを禁じえません。

「子供が「何歳で発症したと思うか」を親に尋ねたところ、
3、4、5歳とした回答がそれぞれ10%を超えた。
5歳までに発症した割合は計45.5%となり、12年調査より8.9ポイント上昇した。」

ということですから。
気になることですね。

事実として徐々に花粉症の発症年代が低年齢化しています。

先に述べましたように、
花粉症がいったん発症すれば、
そのアレルギー性症状は同様な花粉を感じれば、
まるでアナフィラキシーのように過剰に反応を起こし、
容易に経絡のなかを通る電圧ブレーカーを遮断します。

それが子供の時から、
何度も花粉症で苦しむという回数を繰り返せば、
上半身に気が(それと重心が)いつも定位置化してしまう。
アレルギー症状の強いものをお持ちの方は下腹部の胆力が発揮しづらくて、
呼吸器の肺、そして経絡上コンビになっている大腸部分の不調などが生じ、
そのような不快な状態が平素の状態に落ち着いてしまいます。

そうなれば胸郭のズレや腸骨や仙骨のズレは、
相当の力量をもつ施術家などでなければ改善できないレベルに到達してしまうでしょう。

実際に、私も大人になってデスクワークをしだしてから花粉症が発症し、
それまではまったく問題がなかったという人は、
リリースするのにもある程度の期間が頭のなかで想定させていただくことができます。
この想定は過去の類似条件を対処した時からの類推で、
別人のものだから目の前のお客様の状態とはきっちり当てはまりません。
だからことさらにどのくらいの期間で改善しそうかということの明言は避けるのですが、
このような場合は、私の気分はホッと落ち着いています。

それが子供の時から花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎など、
その他アレルギー症状が継続していたというときは
筋膜の層をリリースしてもリリースしても、
折り重なるようにして問題となる部分が奥から顔を覗かせてきます。
だからお客様もその変化するまでの大変さを感じることになります。
それに私もそのような問題ある状態の多層化は一般の方々では読める範囲の外といえるような、
複雑な知恵の輪や将棋倒しなどをしていかなければならない困難な知的想像力を働かせる必要がある。
すでに筋膜組織のコラーゲンが劣化していることが多く、
酸化した液が体内の各所にたまり代謝できず廃液も給液も困難。
骨格上の並びから大改革していかなければならないことも多い。


そうなると、どれほど大変な作業になるのか。

実際にそのような作業を通しでいくどもしたことがあります。
どれほど試行錯誤をしつつ丁寧に時間をかけてきたか、、、。
百人の人がいれば、顔が百通りあるほど、
体の直し方も百通りになります。
ただ一様に子供からの不調を持ち越して大人になられた方は、
相当な手練な技量を持たなければ芯に届く対処に至りません。
徹底した施術をさせていただく経験がない限りは、
攻略法も本丸御殿まで到達できないと思います。

私は難しくて思い悩む期間を過ごし、
未だ研究過程ではありますが、
少しずつ要点をあぶり出してこれたおかげで成果をだせるようになりました。
だから、私には幾分はその大変さの状況がわかるのです。

それに対処してくれる先生を見つける大変さも、
お客様からお伺いしています。



子供からの花粉症やその他のアレルギー症状がでているときは、
そのようなレベルの問題を含んだ状態で大人になっていきます。

徐々に大人になればリリースも手間暇がかかります。

それに体に負担が蓄積する期間は、
同時に体の不調を感じている期間。

できるだけ早期にお子様が花粉症を発症したときは、
適切な対処をしていただけることを期待したいです。

もちろん大人まで持ち越してリリースをするよりも、
子供のときに対処したほうが遥かに治りもいいです。
それに容易な対処で済む計算で経済的だと思います。


0歳〜16歳の花粉症の子ども3人に1人の割合が今後も増加すると思います。
PM2.5が問題だという説は仮説にすぎないのでしょう。
それでも、そんな理由付けをされて頷いて仕方ないなと思わせる向きのある仮説は、
わたしには信じてリスキーな取り扱い注意なものと感じられます。

それを改善させるためにはどうすればいいの?

そのような目的意識を持った回答を、
新聞社の報道の文末で語ってほしい。
そう願いました。

花粉症の季節。
小さな子供たちが、目を掻いて赤くしていたり、鼻で息ができずに苦しそうな呼吸をする。
その様子を目にしてしまうと、私のこころも漠然とした無力感でとてもつらくなるんです。。。
posted by スズキ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5本指エクササイズ・グッズ『バランストーン 5本指エクサ』で外反母趾対策可能か?

昨日、お客様から、おもしろい健康グッズを頂戴いたしました。
k様、ありがとうございます!

それは、、、


バランストーン 5本指エクサ ブルー

です。


アマゾンの「商品の説明」をあげると、
【足指エクサで、アーチを支える筋肉が鍛えられ、足指のお悩みを解消します。
足指で地面をしっかりつかむ動作で、足のつめに適度な圧力が伝わり爪が曲がらないよう働きかけます。
足指エクサは、バランス機能を司る足指の働きをパワフルでスムーズなものにアップします。
足指力の向上は、すべてのスポーツのパフォーマンス向上に役立ちます。】


Balance Tone バランストーン5本指エクサ


Balance Tone バランストーン5本指エクサ|エクササイズ



K様がお世話になっておられるピラティスの先生。
たまたま旅先で見つけられ、惚れ込んで買われたグッズです。

そして、その先生が生徒のK様に「お勧め!」と紹介していただき、
それから、私にもお気遣い頂きお持ちいただいたのです。 m__m


五本指のストレッチをする以下の形状に似たグッズは100円ショップで購入して使ったことがあります。

外反母趾に悩んでおられるお客様がおられ、
外反母趾にもいいのかなと思いまして試用。

ただ多少ヘタレなことを言わせていただければ、
ウレタンが切れ立つ角に指の付け根等が当たる。
なんとなく痛くて不快。 ^-^;
痛さのせいか、そちらに意識が持っていかれる。
足裏の血行がよくなり、うれしいことであるが、
反面、だるくなったり、眠気に襲われたりする。

私がつけて使用して不調だったら、他の人も不調なはず。
ということで他の方にプッシュするのは却下にしました。


それが『バランストーン 5本指エクサ』は、
指を挟むところがシリコンでできています。
そのおかげで以前ほどの痛みは感じません。
さほど以前使ったことのある足の指を広げるグッズより、
快適でだるさや眠気は適度程度で耐えられる程度でした。

それに「足半(あしなか)」(以下写真を参照)という
かかと部分がカットされた草履を思い出す形状も面白く思いました。
(※ 私は、足半は、いまだに大好きで愛用中です ^-^)



そこで、足半との大きな違いは?
『バランストーン 5本指エクサ』の足底部分が楕円形。
少し足裏中央が盛り上がる形状になっています。

ここでしょう。

その盛り上がり部分のおかげで足部を前から見たとき、
中足靭帯により構成されるアーチがなくなっている人。
こちらを履いて、しばらく歩いてみたり立ってみたり。
すると前から見たアーチが形成され足指が使いやすい。

特に外反母趾に悩まれている方々は、
この中足靱帯により構成されるアーチが描けずにいて、
5本の足の指に力が入りづらい。
そのことがさらなる外反母趾に拍車をかけることとなってしまう。

このような場合、
タオルを広げて伸ばし足の指でたぐり寄せるタオルギャザーのようなエクササイズが有効と聞きます。
ですがすでに足指が言うことを聞いてくれないことになっているため、
タオルギャザーは四苦八苦してしまうようで長続きしませんから。

そんなときにこちらの『バランストーン 5本指エクサ』で中足靱帯の形状復活をはかることで、
足指が力を取り戻すように仕向ける。
足部の骨格の並びが理想形へと整えられたとき、正常に筋機能が活躍できるのです。
その逆の筋機能が骨格を正しい位置に導くこともあるでしょう。
ですが年季の入った外反母趾のときは、
私は骨格の並びを足指を適度に開かせ中足靱帯のアーチを作り、
足部の甲の形状を整えた状態をクセ付けさせたほうが早いと思います。


まだ私の知るところで外反母趾対策に、どの程度、効果が発揮できるかは想像するところでとどまりますが、
もし利用なさっておられる方がおられ、外反母趾に効いたというときはご一報をいただけましたら光栄です。

どうぞよろしくお願いします。
posted by スズキ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

骨組みを立てる名宮大工を身の内に雇おう ^-^

数日前、祐天寺に散歩にでかけた際、
目新しい建造物を見つけました。

正確に言えば、現在建設中の五重塔。
それも今は骨組みが見える状態です。


祐天寺五重塔骨組み.jpg

私は祐天寺に五重塔があったとは知りませんでしたから、
ちょっと驚きました。

五重塔というと、
関東近辺にも幾つもあるわけですが。
私には浅草寺や池上本門寺が馴染み。
神奈川県藤沢市の江ノ島近くにある龍口寺の白木の五重塔なども美しいですね。


ですが残念ながらいままで建設中の、
骨組みを観察できるような場面には
出くわしたことがありませんでした。

しばらく遠目で骨組みの構造を観察。
すると私がイメージするような心柱が見えない様子で。

「いろいろな様式があるのだろう」と、ひとりで納得。

どのような工程で作られるのかがわかりませんが、
五重塔の制作過程を見学できる貴重な機会ですね。

建築物の骨組み構造体を観察しつつ、
それを人体の骨格の重ねあわせてみてみましょう。

五重塔の芯棒として設置された心柱の構造は、
人体の脊椎の骨の並びに相応するのでしょう。

生木で作られた五重塔が持つ樹木の生命力は魅力的です。

私の立ち方のイメージも、
五重塔のような素直な立ち方でありたいと感じています。
前後左右それに上下の六方ともによく吊り合う状態です。

人は目や耳や鼻という外部情報を集めるセンサーが災いとなって、
視覚や聴覚などが捉えやすい方向にばかり気が取られだします。
顔の前方にばかり気が取られて後方がお留守になるようなもの。

そのような六方から集まる情報の量が均等さを失うならば、
そこから体の前後の歪みが生じてくる場合もあるでしょう。

わかりやすく考えれば、
スマホやパソコンを長時間見ているとディスプレイに顔が近づき出す。
そのような話ですね。

結果として目や耳や鼻からの外部情報を集めるセンサーの力が優位で、
体の内部情報をキャッチする体性感覚が弱い人ほど、
そのような不具合を起こしやすいようです。

今、祐天寺の五重塔は骨組みが組まれていくさなかです。

まさにその骨組みをどのような位置に設置させようかと、
建築物としての構造からくる強度を考慮した設計図を元に組み立てられていきます。

人体も骨格が構造体として倒壊しないような場所に各骨を協調しつつ設置していく。

そこの具体的な図面が正しく頭に収まっている造詣の深さに左右され、
その人のニュートラルな立ち方のイメージが完成するものでしょう。

私には常に今後の発展を期待して思索を繰り返す者たちが好きです。
バレエをしている方や合気柔術や太極拳等をなさっておられる方々。
「これで、よし!」と、自らの感性で作り上げた姿勢やそれから生まれる動作も、
常に進化形として現状をモニターして不具合を見つけ出して更新を繰り返します。

そのようにして、
徐々に自らの外部センサーから取り入れる情報の音を取り入れつつも、
体内の内部センサーを働かせて身体の内側に仕込まれた内骨格の骨組みの
力学的な力の上下に流れる連なりを捉える力を増していこうとするものです。



少し話がそれてしまいますが、、、。 ^-^

昨日、バレエをしているお客様と話をしていたのですが、
「私は、以前、体が柔らかい人がいいなと思っていたんですね。でも、そうとばかりとは限らないんですね」

体が柔らかすぎる人は本当に故障もしやすいですし、身体操作の止めになる基準を作れるまではつらい。
実際に私が知っているバレエを海外にまでいかれてなさっておられる方の中で、
数名は腰椎椎間板ヘルニアや大腰筋周りの子宮などの内臓疾患を患っています。
それにバレエ等はなさっておられない一般の方でも、
頚椎や腰椎椎間板ヘルニアを患われていてという人。
ほとんどの人が体が柔らかいが内部センサーで骨格の並びをうまく制御できずにいた状況でした。

だからときとして「私って、体が本当に硬すぎて・・・」という人のほうが、
慎重に体の状態を整形していくようにリリースが計算づくでできるものです。
それは木彫をするかのよう。

柔らかすぎてという方は、
柔らかく水を含んだ粘土を扱うよう。
その粘土は乾燥して硬化するといことがないのです。

どのような立ち方でも、
その立ち方は過去から現在までの間に苦労して全姿勢筋を関わらせて学んできた学習の成果です。

それは大いに、十二分に私達の今の動作を創りだすために尽くしてくれているものなのです。
体が歪んでいる傾斜を支えるために、つっかえ棒のような強固なしこりを仕込むこともある。

ですが多くはそのようなしこりを作らねば内部センサーの目が修正能力を存分に発揮できないときは、
そのようなしこりがあったから骨格が斜めに傾斜していても、事もなく支えることができるわけです。

内部センサーにより骨の位置を正せないと柔軟度が高い人ほど内臓や関節、筋を痛めやすい傾向があります。

バレエの場合は、柔らかいゆえに関節可動域の量は稼げるのですが、
かえってどこに骨を持って行き設置すればいいのかの正確な位置が、
関節の接合からの響きを聞き分けられずに加減がわかりづらくなる。

そのことをお客様は、
柔らかいがゆえにバレエの質を問うときに難しさが感じられることもあると言っておられました。
私もその点について、同じ意見です。

ちょっとだけ体が硬いという人のほうが、有利に働く局面も多くある。

バレエを始めた当初に、体が固いと感じてコンプレックスを持つことはいらないでしょう。
少しずつ体に聞いて、どのような設定に体がしようとしてくれているのか。
よく傾聴していけば、そこからほどよいちょうどの硬さを残した状態になれると思います。

筋肉をいったん取り去った骨格模型化した自身の像をイメージして感じ掌握し、
それから意図してそれを並び直すのです。

ちょうどそれは五重塔の骨組みを、
ミリ単位で正確に立てるようなごとく。
名工といえるような宮大工さんを、
身の内側に雇うのが吉でしょう。 ^-^
posted by スズキ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

いまだに未消化な認知行動療法とのつきあい方



幸せになるという目的があって人生を送りたいものです。
たとえば、私が知っている方の知人がすごいプラス思考。

自転車に乗っている時。
車に引かれたそうです。
それも弾き飛ばされて、
空中を舞うほどの事故。

自転車はめちゃくちゃ。
木っ端微塵状態。

それは紛れもない『事実』です。

その事故にあった方がプラス思考だった。
それも「超」がつくほど、に。

空中に舞ったときに「一回転して立ったらすごいな」と考えたようです。
話のネタになる!
ラッキー。
(実際に私にまでその話のネタが伝わってきたのですから、すごいです)

そのイメージ通りに無事に着地。
10点満点中、10点でしょう!

引いた車の運転手は血相を変えていたが、
目の前で起きたことが何がなんだかわからなくて。。。

信じられないようなこともあるものです。

打ち所が悪ければ死んでいてもおかしくないわけです。

プラス思考の御仁が、
体を固めていたら重い頭が真っ先に地面にたたきつけられる。
バイクだったらヘルメットもかぶっているでしょうが、
自転車にヘルメット無しで乗っている状態でしたから。

死を予感させる切迫した状況です。

日頃から超プラス思考だったから、
こんなときも超プラス思考でした。

体を鍛えている人でして、
サーファーでもありバランス力は抜群。
柔らかくしなやかに身を緩め猫のように空中でくるり。

もともとその人は人間離れした野生の固まりのような人だそうですが、
猫だって引かれたら生きちゃいられないのに。。。
ミラクルな人がいるもんです。

助かったあとも、
車に引かれるなんてなんて不幸だとは一言もなし。
生き残れたことを満足してしあわせを噛みしめる。


私は、思うのです。

もしもネガティブな思考が彼にとっさに思い浮かんでいたら。
決して、今、生きてはいないでしょう。
緊張して身を固めたときは重心が高くなり、頭から落ちるのが普通。
そうなれば受け身をとってもタダじゃすまない。
運が良くても腕の骨折でしょう。
運が悪ければ死んでいます。

それがかすり傷程度でした。


まさにいざというときには、
我が身を救う力は心にあり。

そのような好例でしょう。

ただこの人は、
お仕着せのプラス思考レベルではないようです。

根っからの天真爛漫さが、
そのまま服を着て歩いている。
そんな陽気で楽しい人物だそうです。




・---------------------------------------・



話の枕が長くなりました。 ^-^

私は最近、『認知行動療法』という
行動療法の前に認知という言葉がはいった心理学的療法の本を多読しています。

認知行動療法は、
うつ病、パニック障害、強迫性障害、不眠症、薬物依存症、摂食障害、統合失調症などにおいて、
科学的根拠に基づいて有効性が報告されているそうです。

詳細をお知りになりたい方は認知行動療法の本を、ぜひ。


ざっくりいえば、どう説明すればいいのか。。。
他を引用しないで無理に私の言葉で説明すれば、次のような感じか。

ものごとの事実はひとつしかない。
でもその事実に対して、どのような認識をするかは、
各人のとりようで変わってきます。

前節で述べた『「車に引かれた人」が、車に引かれた』という「事実」があります。
それは確固たるものとして、いまさら引かれてませんなどとは言えず変わりません。
ただその事実に対してどう思うか。つまりどう認識するか。
そこは変わってくるのです。

車に引かれて散々だと思うこともできます。
自身の逸話の代表格がやってきて神が降りたとも思えるでしょう。

認識は、どう思うか、どう考えるかということです。
事実は変えられませんが、認識は変えられるのです。

だとしたら事実は変えようがないが、
見方が変われば認識が違ってきます。
ならばトラウマになるような恐怖体験談ではなく、
神が降りた話として思っておいたほうがいいかも。
その2つの認識を、どちらかひとつをあなたが選ぶとしたら、
今後の人生を車恐怖症にならない目的で後者を選びませんか?

というように、
どうなりたいか考え方を整理して、情報量を増やし、選択肢を広げていきます。
それから意図的に自分にとってのお眼鏡にかなうものを選ぶトレーニングをしようというもの。
それが認知行動療法かもしれない。

(すいません。まだ認知行動療法について咀嚼しきれてなくて解説がわかりづらいかもしれません)



今まで認知行動療法について関心がなかったときは、
これほど多量な関連書籍があるなんて思いもしない。

ちょっと変な話ですが。

メンタル・クリニックのお医者様が、
気づけばうつ病にかかってしまうような。。。
『ミイラ取りがミイラになる』ことってありますよね。


私も、一生懸命に認知行動療法を学べば学ぶほど。

かえってつらいかんじになってきました。
学ぶことでうつ病が改善するテキストを読んでいるのですから、
メンタルが強くなりプラス思考の選択ができるようになります。


それが最近の施術による体力消耗や思い悩むところも重なると、心中穏やかではありません。
プラス思考をそのような気持ちで努めてみても、
感情と思考が遊離していく気味の悪い感じです。


それでもしばらく押してプラスに置き換えトレーニングを務めていこうとする。
それが私の体質に合わなかったのでしょうか。



街を歩いていて「黒い人影」が目に飛び込んできて驚くのです。
そんなことが数回繰り返されて首を傾げる。

その黒い人影の正体は、「私の影」です。

「自分の影が自分に迫ってくる感覚」は、
私の日常では感じたことがないのです。

それがいきなり自分の影にドキッとさせられているなんて。。。
それも何度も同じことが起きているから驚かなくてもいいのに。
きまってギョッとして、
身が固まるのを覚える。

どういうことだろうか?

人は、何か大きな気づきをもたらされるときに、
いったん、大きくマイナスに振れてからプラスに転じるものです。
そのようなときは、むちゃくちゃ気分が憂鬱に陥るものですから。
なにかが身の内側で起きているような気配を感じてもおりました。


そのような不安定さを感じたさなかのピーク。


2月5日に休日を活かして図書館によった後に神社仏閣巡りの散歩。

荏原貴船神社→東海寺春雨庵→荏原神社→『品川神社』→高山稲荷神社→高輪神社→『御田八幡』→亀塚古墳→高野山東京別院→袖が崎神社→雉子神社→荏原金毘羅さん・・・

というお正月に恒例の徒歩と神社仏閣内で散策含め5時間の行脚。
小銭がいくらあっても足らないのです。 

書籍のスキャニングで外出が遅かったので、
品川神社に訪れた時点で、午後5時くらい。

辺りは薄暗くなり寒さが増してきます。
明日は仕事だから帰宅しようと思って、
帰途に続く方向へと歩いて行きました。

が、、、
その日の朝、「渡辺綱」という武将が御田八幡を崇敬していたとか、
御田八幡のイメージがボンボン脳裏に浮かびます。
重厚な拝殿を望む木造の風合いに身を寄らせる映像が何カットも鮮明に現れてくる。
自分の中に現れる映像が五感を刺激するほど手触りや香りや冷たさや、、、
普段感じることがないほどの感覚投入されたリアルな強烈なものです。


御田八幡は品川神社の先に位置するのです。

寒くなって風邪を引きそうだからと身の安全を図ろうとしたが、
やはり、品川神社からすぐ帰るというのはあきらめました。

「この感覚の意味するところはよくわからない。 けど、御田八幡にいくことにしよう」
そう思い直しました。

それから歩き出して1時間強かけ御田八幡に到着。そしてお参り。

思いを残して帰らないでよかったと安堵し、
スッキリした気持ちになりました。

ただこれだけじゃ終わらないと感じていた。


御田八幡の拝殿向かって左側に石段がある。
そちらに滑り止めシートを敷いて冷たくないようにし腰掛ける。

30秒〜1分も目を閉じていたことでしょうか。。。

目を開けた瞬間、もう真っ暗になっている時間にもかかわらず、
輝かんばかりの周囲の神々しさを目が捉えている。
ちなみに近所の小山八幡神社ではよく感じる光景。
そこは氏神様で、つながり深く自然にそう感じる。
いきなり視力がアップしたとしても、
このようには見えないでしょう。 ^-^


他の寺社仏閣でも、
そういうこともときたま感じることもあります。
ですが深い瞑想状態の脳波に落としたときです。

御田八幡のときは、意識は顕在でいつものままです。
深い瞑想状態の脳波に落としたわけでもありません。


だから何事が起きたのかがわからない。


ただただ、見事に境内がキラキラと神々しく輝いてます。
ひとり、神社で惚れ惚れしながら境内隅々まで目を配る。
現実的実感が、そこからは感じ取れる。
いつもの見え方が虚像で、今が実像だ。



そのとき、
ふと私が次のように考えたのです。

「私が認知行動療法でいうところの改善すべきネガティブな自動思考の認知は、
私自身の影のようなものだろうか。。。」


そう考えたときに、その思考をさえぎるように、
次のような言葉のインスピレーションが浮かぶ。


「影を観て驚かないでください。
それは影にすぎないのです。

影より先に、美しく輝ける「それ」に気づいてください。

以上



「それ」というのは言葉でどう表現すればいいかわかりませんが、
自動思考自体がプラスでもマイナスでもどちらも影のようなもの。
ただ純粋な天真爛漫さの気を放てば輝きが増していくことだろう。

人力で創ったプラスやマイナスよりも、
純粋な気持ちで天真爛漫さが気分いい。

そちらのほうが優れた姿勢だろう。

実体を捉えてから、影を観ることだ。
その手順が逆になってはいけません。

そのようなことと感覚的な印象を持ちました。


現状の自分の感情を顧みずに無理してプラスに考えようとトレーニングしても、
私にはストレスの火種になるということでした。
筋トレは嫌いですが、プラス思考トレも大嫌い。 
理由がなくて嫌っているわけではなく、
着実に他のやり方のほうが優れている。
そのようなことが自分の常識だから。
どうしてもそこに保守的に固執する。


プラス思考も楽しいと思えればいいが、
違和感が先に来ていると進めませんね。
そういうところは頑なに素直なのです。

天賦の才を見出す自然体にこだわりたければ、
プラス思考が大事だと、私が説明をして気持ちのいいものではない。

すると認知行動療法を利用してコーチングをしようと目論んで多読中の私は、一体どうすればいいのか?

では、どのようにプラス思考という言葉を噛み砕いていけばいいか。
どのようにそこから魂の輝きの光明を見いだせればいいのでしょう。
それまた、現時点の私には果てしなくて、現状はすっきりしてない。
新たな悩ましいところがでてきました。


ですが怪我の功名でしょう。

この瞬間から自動思考に左右されブレていた自分が、
自動思考という制御しづらかった馬車を乗りこなす。
そのような開き直りとも楽観ともつかない心持ちに。

完全に乗りこなせているわけではありませんが、
だいぶ感触は改善されたように実感しています。

私の弱点。
自動思考を少しでも御し難きものから引きずり下ろせれば。
瞑想するきっかけも、そうなるよう願っていてのことです。

プラス思考もマイナス思考もない、
少しだけ俯瞰した見方ができています。

ここに立たなければと思っていたから、ありがたいです。

このような感覚は一過性で過ぎ去るときもあり維持が難しい。
特に自分でわかったつもりになったときが容易に道がそれる。



私は、ときどき行き詰まるとき。
直感に支えられたところがある。

そのおかげで独自に成果を出して目指す施術法を貫けるようなところも多大にあります。

これが奇異なことと感じられるかもしれませんが、
そこを私は過度に押しているわけではありません。

ベースは、実直そのもので施術の本を必死に読む。
施術情報が足りなくてどこから知恵や知識が降ってくるなんて考えてません。
施術本だけじゃはっきり言って、自分が興味ある施術技術をこさえるには知識上は足らないですから。
それもひたすら泣き言をいいながら集めています。
十分な量の情報を揃えて目の前におかないならば、
それこそ大損をしていると思えるからです。
再現性のある施術を作るためには基礎地盤が確固としていないと。
自分の仕事で認識上グレーゾーンがでれば、些細なものをも調べる。
他人を頼れないという潔さがありますから。

だからこれらの書籍や同業の友人からの教えが、90%でしょう。

あとの10%が、直感から得てきたものが施術にはいっています。

基本的に、直感で何かの指針を得たり情報量を増やすというのは、
奇異なことを語れば誤解から遠ざかるお客様もでてくるはずです。

ですが、人それぞれ、心情や生まれた生い立ちや、学んできたことや、通った学校や同じではないのです。
先生ごとにやり方の過程が千差万別あって当然でしょう。
最後にたどり着くべき目的地が、
人に貢献できるものにしたいという願いが純粋であれば。
それが人の道に沿ったものなのでしょう。
それでいいじゃないか。

そうと思います。

ですが曲解されてはかないませんので、
極めて常識的なことしか話したくない。 ^-^;

それに私はよほど困り果てたときではなければ、
キラキラする神社を訪れて大きな気づきがあるというわけではありません。
まったくの楽しみで気分がいいからという理由で
散歩の目的地として神社仏閣巡りを採用させていただいております。


posted by スズキ at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

万能酵母液とヘンプ・オイル

昨日、施術をさせていただいたお客様。

万能酵母液』を自作なされ利用しておられます。
ネットでお調べいただくと、
『万能酵母液』について作り方が断片的に紹介されているページもあるようです。

お客様は、全身にスプレーしてオイルを使いマッサージをしておられるといわれ、
そして、顔にも使っているのだが顔がふっくらとしてきたとおっしゃられます。
「おっ、それ、新しい体験談だな。 ^-^」
と思いました。


私にもしっかりその成果がお顔から、
まさに手に取るようにわかりました。


私が書く文章では、
顔がふっくらとしてきたという字面のみで、
ブログで紹介したくなるほどということが、
少しも表現できていません。
困ったものです。。。 

そういえば、私に『万能酵母液』を紹介してくれた同業の先生は、
お風呂に入れたり関節の固まった部分に擦りこむことで体調をよくしているといいます。

合う合わないというものがあって、
お客様はカレンドラクリームを利用してみたが、
そちらは一歩進んで一歩下がる。
つまり皮膚に負担があるときに、
一進一退の攻防を繰り広げた。

それが『万能酵母液』と「ヘンプ・オイル(麻の実油)」という取り合わせでマッサージをしてみたら、
そちらのお客様には、まさにマッチした感じ。

どんなグッズにも、その人ごとに合う合わない。
それがあるのは前提です。
試してみなければ成果はわかりません。

私が、以前お客様に『万能酵母液』という面白いものがあるんですよとお伝えしたことがあるのですが、
そこから一歩先に突っ込んで自ら「ヘンプ・オイル(麻の実油)」を加えて応用して成果を上げていく。

そのような自らの直感を活かした積極性はナイスですね〜。

自身で本にも載っていないような新たな試みをなさって、
そのような知恵や知識をシェアしていただけるのは感謝。
大変にうれしいですし、素晴らしい価値がある情報です。


私もヘンプ・オイルは気になっていたのですが、
麻の実ナッツやヘンプパウダーの購入で麻の実関係の試用実験予算の底がつきスルーしていました。
予算には限りがありますからしかたのないことです。
本も専門書レベルの価格帯のものを買いたいですし、
なぜか近所の猫エサも買わないといけないですし。
・・・自ら言っておきながら完全に言い訳ですね。
これって。 


昨日、お客様からヘンプ・オイルをいただきました。
有機 麻の実油 230g

感謝しております。m__m

ゆえあって、私はお客様に菊花をお渡ししようと考えておりました。
気づけば、物々交換状態になりました。
気づけば、私のほうがもらいすぎです。 ^-^;;


アマゾンのヘンプ・オイルについてのカスタマーレビューを読んで、
『麻の油と聞くと、いかがわしさを感じるかもしれませんが、
一日3杯くらい小さじスプーンで飲んでますが、
動ける、よく眠れる、などの効果を実感してます。』等々、
他にも面白い体験談が載せられていて気になっていました。

最近、私の母に菊花だったりクコの実だったり、
多量にわけあたえている状態ですからこれ以上は勘弁して、、、
となりそうですが。
これもご縁ですし、
ヘンプ・オイルをプッシュして試すよう優先順位をあげてと説得していこうと思います!!


私自身、千葉県の方に点在する麻賀多神社。
私が大好きな神社の一社。
懐の深い神社のなかでも、
珍しいほどの存在感です。

感覚が鋭い人が訪れれば、
その意味は肌で感じます。

月参りすることができれば
傷ついたこころや体は癒やされていくことでしょうね。
荘厳な感覚を持って参拝したいのが麻賀多神社。

麻賀多神社は『麻の葉』が神社の紋章。
そこから「麻の実」が幸福を作ると、以前よりも気になっていまして。

個人的に、毎日、抹茶に麻の実ナッツと麻の実パウダーを混ぜたお茶。
しっかりといただくようにしております。


ですから『麻の実は合うのよね〜』とおっしゃっていただけるお客様がおられると、
無性に嬉しくなるんですよね。




posted by スズキ at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

今日は初回ワークのお客様が二人おいでになられました

今日の施術は。
初回のお客様が二人でした。 多謝!!

おひとりはお体の状態は安定しています。
そして私の家とは電車で乗り換えなしで、
おいで頂けるお住まいでした。

私のところへお通いいただいているお客様の中で、
意外に、近距離の五本の指に入ります。 


午後のお客様。

私は、はじめてのお客様は緊張するのですが、
こちらのお客様は、だいぶ前になりましたが、
単発で『お試し一回コース』を受けていただきました。
ですからそのときに一度お会いしております。

あまり詳細を申せませんが、
長野県から高速バスでおいでいただいております。
前回、おいでいただいたとき高速バスでおいでになられたとききました。
高速バスでの234kmの移動距離。
疲労度合いも大きくて。。。
それは体が不具合があるから私のところまでおいで頂いているわけです。
だからこそ、そのような体調を押してまでですから。

岩手県からお見えになられているお客様などのほうが距離的には遠いのですが、
新幹線などを使われれば運賃はかさみますが、
比較的体力は使わなくてすむようです。
ですがやっぱり体がつらいときは、長時間交通機関に揺られるのはつらいもの。


本当は私のところへおいでいただくよりも、
もっとお近くに良い所があればいいのにと。
そう、私は考えてしまうところであります。

それ分だけ、「いらっしゃいませ」という、
その一言に力がこもります。 

長野県からお見えになられるお客様は。
私のところへおいで頂く前に、
療法名は申し上げるのは差し障りがりますからできませんが、
長年幾多の施術院に通い続けておられます。
私の知っている療法を受けてもおられますし、
私が知らない療法も受けておられるそうです。

トータルに体の全体像を観てから修正をかけていないと、
修正をしてもかえって体を複雑なずれを促すことになる。
そのような体質の人はおられます。

私がボディリーディングをするところでは、
物理的な重力だけで曲がったという不具合だけではなく、
他にも怪我から来た後遺症だったり、
施術院で受けた施術のあとで傾いていたり。
それら複雑化された歪みが多数含まれると、
芯になる部分がつかみづらい。

多層化しているしこりをリリースする過程で、
徐々に過去から現在に並べられた歪みの経路を見つけていくこと。
過去から現在の状態が正確に把握できれば、
これからの未来の歪みがみえてきますから。
それが見えたときには、
その人にベストマッチな個別具体なこうしてみてくださいというアドバイスができます。

先々の歪みの種。
それに先手を打って歪み出しの引き金を引かせないようにする。
それには体の使い方にてその人の日常姿勢や仕事姿勢を聞き出し、
そこからの負担を低減させるプログラムを伝えることもできるでしょう。


この長野県からのお客様。
合気道でかつて尾骨を強く打ってしまった。
それからでてきたという不具合も大きくて、
ということ。
尾骨の問題が、大きく後頭骨の部位に出た。
尾骨の問題が大きい場合には、
大脳の裏側あたりが常に圧迫を受けて頭部にはいる血や脳脊髄液の流れを阻害させられる。
そこから脳が虚血になったり血が心臓に返しづらくなったり、
脳脊髄液の流れが大きく阻害されることで自律神経系の不調がでてしまう。


すると、、、どうも、すっきりしてくれない日々。


このたびは数名の尾骨の問題があられるお客様が、
偶然にも高い割合で予約順番待ちにお並びなられていて。
30名中、5名が、何らかの問題ある自覚をもっていた。
その割合の高さに、私は驚いたのです。

こちらのお客様が、最後の尾骨の問題性を含んだ方です。

同一の症状を持つ方が、一時に集まるので、
それぞれのお客様に対して結果の出るやり方を試行錯誤して施すうちに、
徐々にあとから来たお客様にはその新規開拓したノウハウをさり気なく使わせていただける。
そのときは、さも、昔からこの方法をやっていたんですというような、さりげない雰囲気で。
でも内心は、前回、苦労して課題をクリア出来ていてよかった〜とホッとしているところです。

もしも課題がクリア出来ていなければ、
同じ症状をお持ちのお客様が、続々と増えていくということになります。
そうなれば私にとってみれば、計り知れないプレッシャーがつのります。


多数の違う状態である尾骨の問題を含んだ方を同時期に観察しアプローチをすることで。
私の視野は広がり対処法も多様化させることになります。
そのとき「あっ、このノウハウ、先だっての彼、彼女に使えるぞ!!」と、
そのお客様一人だけを観ていては気づかないことにまで気づけてしまうことが起こる。
それでお客様が相互によりよくなれるような地盤が持ち上がるような現象が起きている。

どこか神様が、そのようなお客様方を共同体として集めていただいたのだろう。

ひとつのところを深めていこう、そのような学びを私にさせてくれているお客様に感謝。 m__m


おそらくこの課題は、ブロックをレバレッジで精密に加圧をかけていく方法で、
ある程度の割合でクリア出来やすくなってきたようです。
だから次回に予約順番待ちにお並びいただくお客様を募集させていただく際は、
一名のメールでやり取りをさせていただいた女性を除いては
尾骨の課題をお持ちのかたはおいでならないのだろうと予想しております。


次回の予約順番待ちは、
どうなるのでしょうか。





初回ワークを受ける方に対して。

とある施術院に足を運んで見る。
実際に、受けてみていただいて。

残念ながら、
「この先生は合わない」と感じることもあるでしょう。

結果がでていたとしても、
お客様とのコミュニケーションが難がある先生もいます。
私の嫌いなタイプの先生ですが、少なからずおられます。

または実際に施術成果があまりあがらない技術不足では、
症状が重い方は特に、時間がそこで無駄になることから、
あとで取り返しの付かないことになる場合があります。
つまり状態が悪化している方は、
悪化するスピードが雪だるま状に大きくなるものです。
だから施術院にいくんじゃないかといわれそうですが、
それほどすぐれた施術院がそこここにあるとは私には思えません。

本を書いている先生方を信頼して頼りに通ってみても結果が悪い。
ホームページでお勧めモードの書き込みをたくさん見ていったが、
さほどでもなかった。
そのようなことも少なからずあります。

私のところも含めて、
「ここしかない!」という意識でみるのでは損をしてしまいます。
事実の問題として、本当にここしかないわけではありませんから。
もうちょっと別の視点で可能性ある先生を広く求めれば、
意外に見つかる可能性があります。

見つけようと意識しなければ、
創意工夫して見つける脳の力が発揮できません。
それを使わないというのは、
お客様の立場としては
もったいないことです。

私はお客様がよりよくなる結果が得られれば、
私以外のところに通っていただいたとしても、
まったく失礼なことじゃないと思っています。
もしそちらにいかれて思うほどではなければ、
またこちらのほうへ顔を出していただければ、
それはまた素直に再会を喜びたいと思います。 ^-^



特に、遠方のお客様には、
お近くによい施術院等を見つけていただく努力は継続しておきましょうと、
そのようなアドバイスをしておきたいと思います。

同時に、内心、ボディワイズのような小さなところへと足を運んでいただいていることに、
いつも、感謝しております。

もちろん遠方からのお客様も、ご近所のお客様も、同様に感謝しております。 ^-^

posted by スズキ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書籍紹介:『セラピストのための解剖生理学の教科書』



セラピストのための解剖生理学の教科書

アマゾンの内容では以下のように書かれていました
「カラダの構造と機能を正しく・やさしく・すばやく理解する!学び直しに最適なテキストです!
柔道整復師、鍼灸師、あんま・マッサージ師、看護師、理学療法士、作業療法士、
言語聴覚士、スポーツトレーナー、アロマテラピスト、カイロプラクター、
リフレクソロジスト、エステティシャンなど。 」

解剖生理学の本です。

解剖生理学のテキストは
最低でも5〜6冊は目を通してます。
どれも工夫を凝らしてはいるものの、
ちょっと眠くなるとか集中が切れる。

それが『セラピストのための解剖生理学の教科書』は、
「学び直しに最適なテキストです!」と表紙に書かれています。
内容は専門性の高いところをつっこんで解説してくれています。
でも興味をそそる書き方で解説してくれていて、楽しく学べる。
それもカラーイラストが理解を助けてくれすばやくわかります。

切り口的に、こんな面白い解剖生理学の本は見たことがない。

これは手に入れるしかないとアマゾンで注文。
すると日本郵便で送られてきてシンプル包装。
「あっ、箱じゃないんだ!いいねー」 ^-^;

解剖生理学を突っ込んで極めようと思う方は、
大きめな書店等にいかれましたらチェックしてみましょう!
posted by スズキ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

私のお勧めしたいコーチングって。。。なに?をざっくりと書きました ^-^;

数日前、5名の予約順番待ちに並ばれているお客様に、
『お待たせいたしました!』メールを送らせていただきました。

予約順番待ちにならばれている人数、あと都合2人になりました!

前回、予約順番待ちをさせていただいたのが、
去年の2月後半だった。

だから28名のお客様に順番が回ってきたとのお知らせをさせていただくのに、
ちょうど一年間。

ずいぶん長い間かかっています。

私のところへはご卒業していただけた方々も
アフターフォローにて定期的に通っていただいております。
私としては、そのような施術のセッションもとても嬉しい時間なのです。

でも30名のお客様をお呼びするのに、これほど時間がかかるものか。。。
そう思われるかもしれません。(^_^)



ただそこは丁寧な仕事をさせていただいているからです。
施術をなさる方ごとにやり方が違っていて当然ですから。
そこの多様性があっていいと思っております。

私なりの研究課題があります。
それをひとつずつ欲張らずにかみ砕いてものにしていく。
その繰り返しが、今目の前におられるお客様へ、
日頃活躍なさるためのバックアップが進化しているならば上々です。



今年の課題として。


コーチングスクールに勉強に通うこと。


チームフローというコーチングスクールの講義をYouTube映像で見てきました。
まずはそちらにお世話になろうと思っています。

他のスクールも見ていければ。
各スクール、特徴があります。
自分にあった部分を参考にさせていただけるように。
広く見ていきたいからです。
そういう投資は、後に活きてくるでしょう。


コーチングを学ぶということは、
自分の内側を掘り下げて見ていくことにもなります。

『コーチングって、鈴木くん。体の使い方を教えるっていうの?』
と返事が返ってきました。

私がしていることの話の流れからは、そうとしか思えません。

コーチングって、、、なにをするものなの?
そんな疑問を、多く投げ掛けられてきます。

私もコーチングに対しては座学中心で経験が浅く、
今の自分の言葉ではコーチングを半端にしか説明することしかできないのですが。。。


先日、私は人生ではじめてコーチングを受けてきました。

チームフロー卒業の方です。
ブログに書いていいかどうか、許可を得ていないので、
ここではSコーチとさせていただきますね。

Sコーチ。
長年会社員をなされておられたそうですが、
定年のない一生伸びていける仕事に魅力を感じて
コーチング職という個人事業主に転向した方です。

コーチングという職に魅力を感じ、
そちらで活躍する自分の姿が幸せそうに描かれて、
自分の生きる時間を投入したくなったのでしょうか?

人の可能性を信じて情熱をそこに傾けていく。
Sコーチの、
自らの人生やキャリアを創造する力に影響を受けました。


コーチングって、面白いんですね。
きっとコーチを受ける側もそうですが、コーチをする側も。

それは、、、どういうことかというと。

人は、多くの場合『自動思考』といわれる反射的に思い浮かぶ言葉に影響を受けています。
たとえば、
ちょっとしんどそうな仕事を頼まれたとしましょう。
「私には、それができるはずがないな〜」と感じました。
それが自動思考で、感情が凹んでいて、
やる気はげんなりしているんです。
でもできるかどうかはやってみたあとの結果ですから。
それを「認知」と考え、その人の認識とか信念とかいう、
感情を萎えさせて、思考力や集中力を低下させて、行動を疎外させるものとするのです。

そんなところでコーチをするならば、
別にその人ができるかどうかよりも
目的に向かって突っ走る目的思考でものを考えています。

コーチが、
「こいつじゃ、できるはずないよ〜」と思うような判断は一切しません。
そんなことする必要がないんです。
まずはほんとうにその仕事をしなきゃいけないかどうか、から始まり?
しなくても良さそうな仕事を人から押し付けられてしまう人もいます。
仕事の意義を明確化して、できあがればどういう気分になるか確かめる。
もしかすると、そこで仕事を他者にお願いしてすませられるものならば、
そうしたほうがいいですよね。
意義がないものならば、どうやったってモチベーションが上がらないし。


でも、どうしてもやらなきゃならなさそうな頼まれごとだったとしたら、
具体的に、仕事の仕方をスモールステップに小分けしていくようにして、
取り組みやすいようにしていく。
付箋で見える化していくとわかりやすいし、
順番も入れ替えやすいし。

そして継続的なコーチ契約ですと、
次にお会いするまでにどのようなことができますかと尋ねて、
「これぐらいなら、きっとできていますね」 と宣言してもらいます。

すると
このときには 「私には、それができるはずがないな〜」という
ゼロか100かのゼロに行動を抑制しようとする自動思考が
静かに声を潜めている状態に落ち着いていきます。

そして私も掃除をするのが面倒だなと思っていても、
実際に身体を動かしてみると、つぎつぎに汚れやら、
ここのものを捨ててとか、配置換えしてとか。
取っ付きはじめたら体の動作が積極的になるに従い
気づいたら熱中していて。
いつのまにかきれいになっていた。

そのようなことってあるのです。
それと似た面があって、
同時にコーチという人目が入り、
乗りのいいコーチならば成功したら共に喜びの声をあげてくれ、
情熱を沸き立ててくれる言葉や態度で、
個別具体に自分が何をしていきたいかを応援してくれる。


クライアントが提示したテーマには良いも悪いもなくて、
クライアントがオリンピックで金を狙うというのでもいいし、
もっとささやかなものでも。
テーマの事の大小は関係ない。
ただ結果としてクライアントがある程度コーチングを受けていく過程で、
自分で自分をコーチングをするようなコーチの口癖を覚えてもらえれば。

そうすうことでセルフコーチングを、
自然に自分でしてしまえるマインドが手に入れば、
その後にコーチと関わる前と後では、
自動思考に積極性がインプットできるかもしれない。

そういう人生もいいでしょう。 ^-^


ざっとコーチングの具体例を私が仮想すれば、
こんな流れのセッションもあるのでしょうか。

カウンセリング領域に近いところまで扱おうとすれば、
深く自身の人格も試されるようなものとなるのだろうと感じます。
とにかく対人関係からくるストレスが少なからず生じる職業です。
コーチングをするほうも、多くが自らコーチをつけているそうで。
そうやって身を持ってコーチングを受けつつ、
行動を加速安定化させている方もおられるようです。



コーチングの話の進め方というのも、
ある程度の手順があるものだと思います。

基本的に、コーチングをするコーチは、
クライアントの性格や人格や人生のテーマを、
最初っから何一つ知るわけではありませんから。

何となくとか、適当にわかったつもりにならず、
丁寧にクライアントの話から情報をいただきます。
「 それって、具体的に言うとどういうことなの 」など
話の内容を他人にも明らかにわかるよう伝えてもらえるよう問いかけていきます。

そのときにテーマについて語るクライアントは、
自分でもやもやと考えている内容を口にして出したときに、
「あっ、自分ってこのように考えていたんだ」 と自覚するときがあります。

いつもの主観的に見ていた視点から離れて、
客観的に見れるような視点と変わり視野が拡張された瞬間に、
「あっ!」とか「なるほど、なるほど〜」と、
気づきが得られるようです。


そんなときにコーチはすかさず、
「あれっ、なにか気づいたようですね。そのようでしたら教えてくださいね 」 と話すよう促します。

すると自分の真の望みを口にして人に伝えるように宣言をしたことになりますし、
同時に自分で述べた言葉を自分の耳で聞いて納得できます。
オートクラインとかいう状態ですね。

そこからその後の行動も左右させる影響を生み出すこともあります。
このようなクライアント自身が言葉を紡ぐ過程が大事で、
コーチはそれを促すように工夫してセッションを進行します。



基本、私が今現在イメージするコーチとは。

人が好きで、わずかでも成長をしたら共に喜ぼうとする。
そんなところで寄り添っていき、
これからの人生の選択を、
ネガティブな自動思考に囚われず、
目的思考を意識して進む協力者のようなものでしょうか。

ただ時間的な制限などがあって、寄り添える時間は決して長いものではなく、むしろ短い。
短すぎるものでしかありません。
月に一時間ほどの契約だったり、
単発の一回だけのコーチングだったり。

そんななかでどのようなつながりをもてるか。
そのつながりから応援したいんですという気持ちを受け取ってもらえるようになるか。



私が思い願った水準の関わりができるようになるには、
とてつもない勉強量が必要でしょうし、
筋トレならぬコーチングトレのような、
身体を動かして鍛え抜くことも大事に。


おそらく
コーチングスキルは、多数出版されている本を読めば、
ある程度は学べます。
ただコーチングマインドは、実際に人に接して声を交わす中でしか鍛えられない。
自分の感性や感情を言葉や態度や姿勢で表現していかなければなりません。



今までは施術という、
ひたすら深部の体の不調や改善へと切り込める真相へと手を伸ばしてきました。

そこも私の大事な基礎地盤ですから維持しつつも、
活躍のしかたの視線を拡張して。
もしコーチングスキルやマインドが身につくまでトレーニングできれば、
その後の施術のセッションの成果が、今よりも向上するのではないかと期待するものです。

実を言えば。
意外なほど深層筋の凝りは、
ネガティブな自動思考に左右されているようなのです。
ネガティブな自動思考が感情を害して自律神経を不調にさせ、
それがもとで体を支える姿勢筋が筋力を弱化させてしまう。
そこに深層筋のリリースしても、リリースしても、
また固まろうとするというところがあります。

不思議と深層筋をリリースがしっかりすると、
自動思考も「どうにかなるさぁ〜」と楽天的に変わっていく人を多く観てきました。

ただここはもしかしたら、
コーチングでの可能性を相乗りさせていくことで、
成果がより盤石になるかもしれません。
実際はトライしてみなければわかりませんが、
体の変化を先行させて体の使い方を学びやすくし、
同期して自動思考が楽天家にコーチングで変わる。



そのようなことができれば、
ひとつ、ボディワイズの特徴が増すわけでして。


コーチングの道も、
ものごとを難しく捉える得意技を持つ私は、
門前でつまずいたり泥だらけになることでしょう。
それは飲み込みが悪いほうなのでしかたありませんから、
それは代償としてきっちりお支払いするつもりです。
数年ほどかけて、
私が自分を自分でよくやったと思えるところへ引き上げて行ければいいなと考えています。



また コーチングの本などをお読みになられているようなお客様がおられれば、
折りを見て、「単発コーチングの練習台になってくれませんか」とお願いすることもあるかもしれません。

いや、お願いさせてください。 ^-^

その際は、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by スズキ at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

スーパープレゼンテーションで ウェイン・マクレガー氏(振付師)を観て感動

ダンスの好きな方は、チェックしておられると思いますが、

英国ローヤルバレエ団 コンテンポラリー振付師
Wayne McGregor(ウェイン・マクレガー)

スーパープレゼンテーションで 1.27 ON AIR
A choreographer's creative process in real time
リアルタイムで見る 振付師の創作プロセス



ビデオ録画しておいて、
昨日の夜に観たのです。

ウェイン・マクレガー氏。

その存在感がすごい・・・。

そして、
その動きの切れの良さや質といい、
人の体を使い表現する発想といい。

この人の美しい立ち居姿勢は必見ですね。
体の隅々まで無駄なく力みなく雑味なく。
余計なものが感じられないシンプルさが、
どうしてこんなに清々しさを感じるのか。

見惚れてしまいます。

動いた時の左右の美しくバランスは保たれ、
足の膝の素直な骨のつながりを感じる歩き。

コンテンポラリーダンスを見慣れない人は、
奇妙なダンスをする振付師と思うでしょう。

でも、ウェイン・マクレガー氏が動き出した時のセンの美しさは。。。

私には圧巻に感じられました。

あまりにすばらしく異質なレベルに感じられます。

即興でダンスの振付が創作されるような
稀にも見れるかどうかというシーンを目にできたことは貴重な体験ですね。
posted by スズキ at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

認知行動療法、最近、そちら関係の本を読んでます。

2016年2月1日放送 の『主治医が見つかる診療所:テレビ東京』を観ました。

タイトルは:【 アナタと家族を守るために「うつ病」早期発見&徹底予防 】

内容は: NON STYLE石田明さんら、うつ病を経験した方々の体験談をもとに、
     番組主治医がうつ病を見分けるポイントなどを解説。
     さらに家族や周りの対処法、うつ病にならないための予防法


みなさんは、ご覧になりましたか?

111.6万人が、うつ病で苦しんでいるといいます。

うつ当時の体験を語っていた女性が語るには
誰でもがうつになるんじゃなかろうかという。

私も他人事じゃありません。
真剣に、そう思っています。

余談ですが、
繊細な仕事をする頑固な職人さんには、
自分の身を捧げてまでがんばることで燃え尽きる傾向があるそうです。
自分の身に過分な目標を掲げて自信をなくし気を病んだり、
同時期に大病を患うような人が多くおられるようです。

大病を患うときの理由として。
こころの疲れが自律神経を狂わせて、
肉体へと矛先を変えたのでしょうか。


テレビ番組の中で、
うつ病を改善させる方法のひとつとして「認知療法」が紹介されていました。

認知療法をざっくり言えば、
ものごとの捉え方次第で、良くも悪くも感じるというなら、
悪く感じなくなるようトレーニングしようというものです。


その認知行動療法をベースにした下記のようなサイトがあるんですね。

U2plus | うつ病症状の予防と回復、再発防止をサポート
https://u2plus.jp/

うつ病でなければ、何でもなさそうなつぶやきに聞こえるような
「できて、うれしい!(CAN!)」
「やった、たのしい!(FAN!)」
というメンバーの行動報告が寄せられています。

それらの書き込みを見て「いいね!」などのボタンをポチッと押すことができます。

ひとりきりになって考え込んでいるとき。
いたたまれなくつらいんですよね。
友だちがいて恋人がいて伴侶がいても、
なかなか話出せないこともありますから。
SNSで同じ悩みを持つ人とつながる機会は
ひとりきりの闘病の孤独を和らげてくれます。


私は主観的に観て、
コミュニケーション力に難があります。
もっとうまく立ちまわることができないかと、
いつも反省の日々を送っているものですから。
そんな反省の日々というのも、
認知のしかたとしては良い面と悪い面がある。
どうも悪い面があって、そこを直しきれずに、
ずるずるライナスの毛布のように引きずります。

そのような印象を自分自身に描いております。

どうやら心理学に関心を持つものの多くは
心にまつわる自分のコンプレックスを解消するため学びだすのかもしれません。

それは施術家を目指すものの過半数が、
かつて自分の身が施術家にお世話にならなければならない体験をしたことがある人でして。
それと似たようなものかもしれません。


私もコーチングを学ぶという立ち位置から認知行動療法を学ぼうとしております。
そして様々な私の内側の自動的にささやかれるネガティブな声のしっぽをとらえ、
それをノートに書き出して見える化して客観視できる材料にしてしまう。
最近では『付箋紙に書き出す』ようにして、
ノートに貼ったり剥がしたりして意味付けを考慮して配置することから、
視点を奥へと掘り起こしていくことも勧められているようですね。

頭の中で幾つもの声がモヤモヤとささやかれて捉えきれなければ。
集中力が削がれては全体像を把握して客観思考が成り立ちません。
それではものごとを選択したり行動に移したりできないのです。

そんなところから抜け出せるツールが
認知行動療法では提供されているのでしょう。

次のような認知行動療法の本があって、
何度か立ち読みをしています。
症状の軽重に合わせたエクササイズツールが紹介されている感じの本です。 ^-^


認知行動療法に基づいた気分改善ツールキット


ただ私はまだ浅いところしか学んでませんので、
詳細を理解するには今後の学習進度に期待したいところです。 ^-^


そういえば、認知のしかたを変えた実例として。

ヴィクトル・フランクル(1905〜1997)の提唱した『ロゴセラピー』の本を読んでいて、
高齢で奥さんをなくした男性が、
憔悴して死にたいといいながらフランクルに相談を受けるエピソードがありました。

そのときフランクルは、
「もしあなた(相談者)が、奥さんよりも先に死んでいたとしたら、
あなたがしているのと同じほど、彼女はその死をいたみ苦しんでいたでしょう。
あなたは彼女にその苦痛を与えずに済んでいるのですから。
相当に意味の有ることですよ」

という一節があった、、、ように記憶しています。
そこまでは書いてありましたが、
次の一節は、私の読み取ったものです。

フランクルの視点に身をおいた男性は、
「そうか、、、妻は、今、私が感じているような、こんなにもひどい苦痛を感じないで済んでいる。
そんなことを背負わせたとなれば、いたたまれやしないじゃないか!
それを私が代わりに受け取っているならば、それは確かに意義があるな。。。」

という新しい視点から意味付けをされたことでしょう。
ちょっとだけ納得でき救われた気持ちになりますよね。

どんな苦悩も意味があるし、「意味を見出す」ものなのでしょう。


ちなみに、フランクルの映像は多数YouTubeにアップされています。
ただ、、、みんな、英語かドイツ語です! ^-^;

「Search for meaning(生きる意味への問い)」

なんだか、聴衆が笑っています。

私は施術関係の本は必死に英語でも読もうとしますが、
リスニングはまったく 、、、 でして。

笑いについていけていないのが、悲しい。
誰か翻訳テロップをつけてくれないかな。 ^-^;


・-----------------------------------------・


ここで一部、施術とうつ病について、
思うところを書かせていただきます。


私も、施術では考え詰めるほうですから。
いつ、なんどき、どのようなことでうつ病生活に転じるかはわかりません。


そのような私ですが、
施術をする過程での気づきがいくつかありました。
施術で肉体面の調子が上がれば改善するうつ病があることを知りましたし、
施術では対処できない「メンタル面のうつ病」があることも知りました。


フィジカル面でのメンテナンスが進み、
体の構造が整えられ代謝が促進されて、
肉体的疲労も軽減しだす。

そのような余裕がでてきたときなどに、
するするっと殻を脱ぎ捨ててしまえる。
うつ気分からの脱皮のようなものです。

施術でそのような感想を、
幾度か聞かせていただいたことがあります。

肉体面からの呼吸器系が機能低下してうつ傾向を助長する理由で、
うつの症状が強まっているものが施術での成果があがりやすくて。
他は徹底して代謝を根っこからあげるほどの体質改善が必要です。

一般的に理想姿勢では。
姿勢的には「上虚下実」という、
下半身がしっかり充実していて、
上半身が軽々した状態がベター。


それがうつ傾向がある方の姿勢特徴は、
「上虚下実」の逆の「上実下虚」となり、
下半身がフワついた感じで移ろい軽くなり、
上半身は上から何かがのしかかるよう重い。

だから姿勢は「上虚下実」にてキープできるように、
体の姿勢筋を配置換えをしていく必要がでてきます。

そして腹式呼吸がしづらさが特徴でもありますから、
そちらを徹底して全身が呼吸器だといえる状態へと
しっかりと筋膜の癒着をリリースして書き換えます。

うつ症状が慢性的な常態化した場合には、
それは体の一部分の不具合の問題では済まないようです。

それが施術での成果を上がりづらいものとしているのでしょうか。


すると私が丹念に多年に育てられた筋膜の癒着を、
過去の私では驚くほどの要領と精度で解き進めていたとしても、
「いつになったら、治してくれるの!?」ということへと発展。
それは特に私の場合は男性のお客様と、度々経験しております。
互いに余裕のないギリギリな切迫したやり取りです。
口で説明しても頭ではわかっても感情は納得しない。
お客様の立場になれば、もっともなところでしょう。


改善の度合いは、
私の施術技量にもよりますが、
各人の体内に積み込まれた筋膜の癒着の量に比例するものです。

それに筋膜の癒着が原因のすべての原因とは私には思えません。

施術家ががんばっても、お客様の気分が晴れない。
施術をするものは、真面目であればあるほど、
自分が作用できる範囲の外のものごとは相手にせずに、
作用できる範囲に集中すべきという7つの習慣の一節も忘れ、
暗中模索、五里霧中で悩み続ける。

その結果、施術をする先生側もうつの症状を負ってしまった。
そこからの復活がどれほど大変であったか。。。

そんな施術友達の先生は、
以降、断腸の思いでうつ症状を持つ方の施術をお断りするようになりました。



かつて私に「うつ症状を施術で治せますか?」と尋ねられたとき、
私は「私の施術ではうつ症状を、ときには緩和できることもあると考えてください」と答えています。



人それぞれ、顔の形が違うように、
状態も原因も生活環境も信念もなにもかも違う人ですから、
それは十把一絡げに、わかったつもりになってはいけない。
わかったつもりになって、治せますよなどとは言えません。

わかったつもりになって、適当なことを答えすぎるときに、
後になって足元が揺らぎだして取り返しがつかないことへ。

お客様としては心情的に、
「治りますよ」という言葉を聞きたいのでしょう。
それから、それだったら受けてみるかとなります。

そうなると、
私のところへお通いいただけるお客様が、
門前で多く減少してしまうのですが。
それは、私も非常に関われないつらさがありますが、
しかたがない、、、肩を落としてとあきらめております。


施術をさせていただく過程で、
ときには泣き、笑い、ぶつかり合いながら。
少しずつにじり登るような感じで、
ずるずると登っていく過程の末に、
「なんとなく、最近、不眠が改善して気分がいい」と感想が出て来ます。

そのような流れでいいと考えていただける方は、
施術でのアプローチも試してみてくださいと言えるのでしょう。

私は各人の身体的傾向を観て、
体からアプローチを見過ごさないで欲しい部分もあると感じます。

ですが近年増加傾向にあるうつの症状に対する受け皿として、
私の力などは本当に微々たるものもあるかどうかです。

「認知行動療法」などがエビデンスを持って、
改善のきっかけを与える担い手になっていただければなと願う次第です。


また私自身、認知行動療法を知り実践する経過、
自分自身に認知の癖を見つけ改善させることで、
精神的安定が増したように感じられています。

認知行動療法のツールを使いエクササイズをしていくことで、
人生を豊かなものにするための、価値あるツールになりそう。

そんな予感がするので、認知行動療法は勉強していこうかと。  ^-^


posted by スズキ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

「83歳のお父様が運動習慣が身につけるには?」

昨日、施術をさせていただいておりました際。

「83歳のお父様が、運動習慣を身につけてほしいのだが・・・。」


ご家族としては、体のつらさがない健康な日々を過ごして欲しい。
その気持、痛いほどわかります。


本人がやる気になっていただければ、
それほどありがたいものはありません。


ただ体がいったん重く感じられて動きづらくなってしまったら
体を動かすのはおっくうになりますし、
体操をみんなで取り組もうとしてみても、
自分一人だけできないのはプライドが許さない。
そういう側面はありますよね。

そうなると、
そこから先、
どのようなターニング・ポイントを向かえるか。


基本は本人が自立して自ら見つけてくれることを期待したい。
ですが、とりあえずどのような体操法があるか、
情報のリソースを手に取りやすい形で提供していき、
取り組むかどうかは本人次第と強制は一切しない姿勢を貫く。

そうなるのでしょうか。



後で思いついた方法のひとつですが、、、
そのなかのひとつに、パーソナルトレーナーをしている方を雇入れて、
ご自宅まで来ていただいて運動習慣が身につくまで指導を受けること。

たとえば、私のところにもそのようなパーソナルトレーナー業をなさって、
多くの方々に喜ばれる頼もしい方もいます。
長年の幅広い研究、自己投資の額、そして人への成長を促そうとする情熱。
対人スキルも高く、指導技術も余念なく工夫研究なさっておられます。
それゆえ指導成果が確実に感じられます。

トレーナーの方にも優秀かどうかもあり、闇雲に声をかけられないものでしょう。
そのなかで私が見てこの方はいいと太鼓判を押すこともできますし。



こんな風にアイデアを出してみれば、
いくつもでてくるでしょう。

このようなアイデア出しのブレインストーミングに、
お父様が楽しげに積極的に関わってくれるようになれば。
羽が生えたようにまっすぐに自分の体に潜在した可能性に嬉々とする奇跡も起きるのでしょう。



自分の体が、未来にどうなるのがふさわしいのか。
そちらへ眼差しを振り向けることから、はじめる。
夢を語り期待の感情をわきたたせていきましょう。

体を変えていくには、
ひとつ、ふたつ、乗り越える苦難もあるでしょう。

そのときに頼りになる一本のろうそくほどの明かりの暗がりに戻る気持ちに落ちることもあるでしょう。
ただ自分で動き始めた勇気をたたえてくれたやさしいこころで微笑みかけている家族がいるのですから。

人は、健康でなければならないのではなくて、現状でいつでもしあわせな存在です。

【 脚下照顧 】
自分の足元が照らされたところを見定め、
そこが好機と信じ夜明けを常に待ち続け、
陽の光が輝く期待をして生きていく生き物です。

希望を繋ぐ姿勢や気持ちをあらわし続けることを勇気と呼び、
つらくなった体の景色は、つよくなった心で変えられるもの。



そんなとき、
いつもの自分がしてみたことのないことから経験値をあげて、
もっと素直に良質なものが世の中に多く満ち溢れていること。
そのことを見出して気づくこと。

自分の高性能な脳の探索装置にそんな出会いを演出してもらうために。

たとえば過去から実績のある気功法や体操などを、
手っ取り早く採用するのもひとつの手ですよね。


■ 中国気功法 にて (五禽戯・易筋経・八段錦)

私が即座にイメージしたのは、
中国気功法の古典、「五禽戯」。
https://youtu.be/EDV2S-cp6Z8


ちょっとコミカルな動きが、いい。
羞恥心との戦いに勝利していこう!
それが青春なんだ!! ^-^

以下の本で紹介してある

タオ・ストレス低減法: 道教と気功による心身アプローチ
易筋経八段錦のような古くから伝わる気功法。

これらの気功法の映像は、それぞれいくつかYouTubeにアップされています。
ほとんどが中国語ですが、シンプルな動作の功法ですから数回みれば要領はつかめます。
ご興味ある方は探してみてくださいね。
掘り出し物の映像があると思いますよ。

これらは実績もあり、いいでしょう。


映像で流れをつかみ
本でじっくり学び取る。

ただひとりだけの独学は、
意外に手こずるものです。

本や映像を手に入れたら、
それでわかった気になり、
満足してしまいますよね。

私は、意外に本とかからでも学べるタイプです。
ですがそれは相当に思い入れが膨らんだものに対してだけ働く行動力で、
浅い知見しかないものは、
積読中だったり
VCDやDVDの映像教材を手に入れたり、
YouTubeから映像をダウンロードして終わりますから。

褒められたものじゃありません。

学び続け深めるためには学習意欲に火がついて、
高い位置でキープできるかどうか。

そこなのでしょう。

その点で上記の気功法は、
指導者が適切なら短時間に身体を壮健にしてくれるのですが、
習える場所が比較的少ないように感じます。
有益な功法なのですが、、、残念です。




■ 日本発、体操習慣を身に付ける法 (真向法・自彊術)


気功に対して、日本で開発され普及した体操法がいくつかあります。
それらならば、教室が各地にあるようですから指導者から習えます。
ご高齢の方々が、多く取り組まれています。
それぞれ激しい動作ではなくて、教室に通う際には無理せず自分のペースでトライできるでしょう。

一つ目。
真向法体操 - 真向法協会
http://www.makkoho.or.jp/shiru/about3.html

https://youtu.be/jtpjQ8gMX6A

公式 真向法体操


シンプルな赤ちゃんの動作を模したような4つの動作で構成された体操法です。
ご高齢の方も取り組み続けることで健康を維持できます。
元鈴木都知事が真向法をなさっていた映像をみたことがあればご納得いただけるでしょう。


二つ目。
公益社団法人 自彊術普及会
http://www.jikyou.com/index.html

こちらは31の動作で構成された体操法です。
31動とその医学的効用 31動とその医学的効用 - 自彊術普及会
http://www.jikyou.com/research/theory.html


https://youtu.be/H71twc2OoFc
自彊術体操31動1/2


https://youtu.be/ls7xIOuqhvI
自彊術体操31動2/2



以上、ざっくりと思いつくまま、乗せてみました。

ご参考になれば幸いです。
posted by スズキ at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする