2015年12月31日

今年の無念、翌年につないで。 副鼻腔炎と鼻笛



今年の施術課題で、いくつかメインどころが氷解できた年になった。

私は、ただただ努力で愚直に進むしかなかった。
お付き合いいただきましたお客様に、
こころより感謝いたしております。

ありがとうございます!!!


昨日、私の今年、最後の施術でした。
今年最後のお客様。

詳細なことは申せませんが、
いま、一番気になっている症状が副鼻腔炎。
蓄膿症という呼び名で呼ばれている症状です。

副鼻腔炎をお持ちのお客様からお伺いしたり観察させていただいた特徴として、
・臭いが気になる。
 本人が気にするほど周囲の人には気にはならないが、過剰にまで気遣う気持ちがでてつらい
・腹式呼吸がしづらくなっているため、内臓の自力マッサージを横隔膜で受けられづらい
・胸式呼吸が過ぎて肩のこりや首のこりが抜けない
・呼吸系の問題により胸腺が萎縮して免疫力が低下しやすい
・胸郭の形状が理想のたまご型の形状から変位が大きくなる
・胸郭変位や胸骨の位置の具合により、肋骨の動きが制限され心臓が圧迫されて循環器機能が制限を受ける
・疲れやすく集中力が切れやすくなっている

などなど。。。

昨日のお客様は、施術を受け続けたことで、風邪等は引きづらくなり体力も増してきた。
だから体質や体調を向上させようと言う方向性としてはいい。

ただ、副鼻腔炎に関しては大きな変更もない。
私も気がかりでならない。

こちらのお客様。
ネットで副鼻腔炎が治ったという情報をかき集めておられた。
断食がいい、はと麦粉末がいい、その他、さまざまなものだ。
実際に断食をなさって、断食中は体調も良くなった面もある。
だがもともとがスリムな方ですから、体には響いてしまった。。。

それでも副鼻腔炎が改善へと向かうための試みの歩みを止めることはない。

私の拙い考えでは、
単純に副鼻腔だけの問題ではなく、
頭蓋骨全体の歪みからもきている。
鋤骨が中心に位置していないため、
それで鋤骨により狭まった側が症状が悪化しているようだと聞いたことがある。

クラニオセイクラルセラピーでは、鼻の中に指をいれて調整をするのだが、
それは鋤骨の骨折につながるリスクもあり、こちらを骨折すれば再生不能。
日本は医師でなければ体内に指等を入れる治療はできない制限があります。
自身でなさるのならば、自己責任ですからよいのでしょうが、
結果はそのような不安ないなやり方では明るいものではない。

こちらが、ひとつの問題となるでしょう。

ヨガを熱心に修業なさっておられる方は、
鼻にシリコンゴム製のやわらかいカテーテルを入れて磨くような浄化をなさる方もおられるそうです。
私も、このようなシーンは写真で観たことがあります。
成果はいかに、というところですが、
私はヨガに明るくなくて内容をよくは理解しておりません。 
こんど、どのようなものであるか体験者に聞いておきます。 ^-^

副鼻腔炎の不快感が影響して鼻呼吸がしづらくなる。
鼻呼吸をあまり効率的にしておられない方の特有の、
重心が理想よりも上に傾いた胸郭の形状になります。
すると肋骨の蛇腹状の連綿としたそれぞれの動きが
スムースに起こらない不良状態に陥ります。

積極的な胸郭の自在な動きができなければ、
吸気も排気も芳しく無くなる。

それは特に排気すべき酸化した状態の排気が肺内部や副鼻腔内部に残ることを意味しています。


胸郭の形状が口呼吸になりやすいため、
鼻の内部にこもる排気が捨てづらくなり換気が悪くなるのではないか?


副鼻腔炎の問題となる副鼻腔内部の細菌感染した部位。

細菌感染した浄化不足となる換気不足も手伝った状態。
そのようなところから抜けだすために、
どのようなお世話をしていくべきか?

私は施術業ですから、頭蓋骨のズレを少しずつ改善し、
胸郭の形状も動きをつけていくように変化させていく。
それは私のほうでのバックアップすることはできます。

だができれば副鼻腔炎だから鼻をつかう呼吸をしづらいというところが、
もしかしたらそこから悪循環ができてしまっている場合があるとすれば。

鼻呼吸を意図的にすることで腹部腔内の換気をしていくようにしていく。

それは副鼻腔炎を患っているからこそつらいところですが、
十分に鼻呼吸できるような胸郭機能を作り出していくこと。

そちらを先行させていくことはどうだろうか?

私が、その視線で見つけたところが『鼻笛』。

いろいろと私も体にいいというものは、
職業柄と好奇心もありチャレンジャー。
それでも現時点で鼻笛購入に躊躇しているのですが。。。 ^-^;;;;

それで、一人で鼻息を「ふんっ!」と出すようなハミングを練習している。

それも目黒不動尊の独鈷の滝の横で、水音にふんふん言う音をかき消してもらいつつ。
頭がくらくらしつつ、トライしてみた。 ^-^

理詰めと体感で感じたところでは、
これで魂を込めて一曲の名曲を完走できるならば、
画期的なほどに横隔膜当たりが機能を回復させて、
胆力を増すことができる。

それだけではなく副鼻腔の前側・・・というか、、、
どう表現していいかわからないが、
副鼻腔の奥のほうの奥行きを感じるのではなく、
私の体感では副鼻腔の前側部分を押し広げる作用を感じるのです。

そしてこの副鼻腔の前側部分を空圧で押し広げる具合により声の音程が作り出せるのね、、、ということに、
気付きました。 ^-^;

『鼻笛』をしている人にインタビューしている映像では、
鼻笛を練習したら歌がうまくなったんですというのはこのこともあるのか!と腑に落ちた。
単純に息が続くとか声量がましたという物量ではなく、
音程を自在に操る技を身に付けることで正確な音程で歌えるようにもなるし、
コブシがコロコロ回せるようになるという表現力も冴えてくるということだったのだろう。

今の仕事では、日頃、小さな声しかださないもので。

これ、おもしろいなと感じました。


ただ注意点としては、
鼻呼吸を過剰にしすぎれば、
鼻粘膜が弱い人は特に乾燥してしまって。
それが元になり問題が生じることもある。
そのような感触を得ることとなったため、
自己責任の原則で鼻の穴の中にオーガニックコスメの保湿剤を先に塗るようにした方がいいと感じた。
私的には、最近、ぞっこん中のヴェレダ カレンドラケアクリームは、
皮膚をやわらげてくれるし消炎効果や殺菌効果もたかいのでいいのではないかと推測。
ただこれは、医薬品ではないため積極的に参考にしてほしいものではないのですが。
一応念のため、述べておきました。


ただ未だこれで副鼻腔炎の対処になるかどうか定かではないが、
私の知悉な頭では今はこのようなところを考えで練っています。

人それぞれ、自分の着眼点があり、
そこからアプローチ方法を見つけていくものなのでしょうね。

私は私なりに、いつもいくつかの課題を念頭に入れておいて、
そこから解決できるいとぐちがないか探り続けているのです。


鼻呼吸に優先的に移行してトレーニングをする鼻笛レッスン。
腹式呼吸に拠る胆力養成と胸郭の形状の良化変更を促すこと。
そこから新たな副鼻腔炎の改善ステップに進めるのだろうか。


ただこればかりは私が副鼻腔炎ではないため、
自分で仮説検証しようと言っても限度がある。
協力をしていただける方がいなければ進めず。。。



ということもございまして、

もしどなたか、鼻笛でなくとも、
副鼻腔炎が鼻呼吸をすることで、
改善した場合があるという情報をお持ちの方がおられましたら、
ぜひとも教えて下さい。

そしてよろしいものであれば、多くの方とシェアできれば幸いです。


また同時に、そのようなことではダメだろうという点の指摘も、
どのようなケースではどうであったのかという場合分けをなされた情報なら、
それは非常に大きな価値があります。
どうぞよろしくご指導の程をお願いします。

なんらかのヒントをいただければ幸甚でございます。

どうぞよろしくお願いします。 
posted by スズキ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼロプロマッサーさん、多謝。

一昨日、遠方でおいそれとは私のところへはお越しいただけない施術家の先生と電話で話をして。

彼は、日頃の施術から体調不良を招いていた。

「縦靭帯骨化症」といえそうな状態へ移行したようだという。


相当に体調的にきつい状態だと思うのだが、
その友人はゼロプロマッサーを購入してた。

img58057861.jpg

だから私はさほど縦靭帯骨化症と聞いても、
驚かなかった。

かえって病名を聞いて、
だったら改善できるし。

よかったじゃないですか!!

そんな気持ちになっていた。

それは丁寧にゼロプロマッサーを使いこなせれば、
徐々にステップを踏んで縦靭帯骨化症ならば改善していく。
そのような例を、私自身がゼロプロマッサーを使い出して日が浅いため、
症例が多いわけではないが、状態がつかめていたからだった。


縦靭帯骨化症は、非常に難解なものでアプローチ法を編み出すのにも苦心するものだった。
特に心臓や肺の裏手にある胸椎部分が骨化が進めば、
物理的に開腹手術などの必要な状態でもなければ手が出せないものだった。
そのような創造性に乏しい視点でしか観れていなかったところから来た、
これが私の施術の限界なんですと説明するときのつらさはたまりません。

お客様の症状からくる原因は突き止めたが、
対処法がないという状態であったのですね。
それを、何度となく繰り返し説明してきた。

表面上は冷静でも、意外に私の内側は熱くて。
無力感に苛まれて、悔しいやらつらいやらで。

それは私自身が、長年、ゼロプロマッサーを使っていなかったときには、
どんな手を考えて品を変えて必死に対処法を模索して実施しても不発だ。
無論、考えぬいて出した手だから成果は私には目についてわかるのだが、
お客様自身が変化改善を感じ取れるまでには至れてはいなかったのです。
靭帯が骨化して冷えきってエネルギーを失った状態を回復させるために。
どのような手立てを打ち出せばいいものか。。。
正直、考えに考えても万策が尽きた。
そのようなお客様にも私自身にもつらい時期を過ごしてきたときがある。




たとえば腰椎部分の縦靭帯の骨化はどうにかアプローチもできたのだが。

腰椎はある程度は臀部筋の深部リリースが決め手になるので、
そちらを高い技術力を用いて一本ずつ計算をしていき複雑に絡み合って癒着した状態から解けばいい。
これは利き足側の臀部は、体が弱っているか問題がありそうな方にはかなり強い問題性が生じていて、
容易に解けるような状態ではないことが多い。
私もこちらを解くのにも研究を続けて30年弱、時間を費やした。
最近、ようやく自分で納得する仕事ができるような気がしてきた。
(まだまだ進化させる予定ですが ^-^)
施術者の身体能力が長けていることと的確な読みが出来なければ、
無理に解こうとしても解けはしないだけでなく、
かえって複雑怪奇なダメージを与えて取り返しがつかなくなるし。
仙骨と尾骨の近所は、本当にシビアでシリアスで厄介なところで。

だが、そのような側面はあっても、
鼠径部や大腿部、そして腹直筋や大腰筋の硬化部などをゆるめてしまえばいい。

それで直接圧を加えるやり方にも移行でき、
十分リリースができることは経験上わかる。

なかなかこちらもハードなやり方だが、
この部分はずい分前に正解を出していた。
手の打ち出し方があったから、よかった。




ただ腹側の肋骨内部から手をあてがって圧をかけるようなことは胸椎部にはできはしない。

だから胸椎部分の左右屈や前後屈こそ、縦靭帯骨化症に至れば、リリースは絶望的だった。
硬さが強くてどんな常套手段として使われるような手技も、効かないか効きが悪くひどい。
・加齢により体内コラーゲン生成能力は減少するためなりやすい。
 (ただ私が街に出て人間観察をするとすでに30代ほどからそのような状況に陥る人が増えているようだ)
・不良姿勢を強いたり不良姿勢と気づけないオーバーワークに拠る
・呼吸器系の症状(特に鼻関係)の悪化からくる
・生来の側わん症から持ち越したもの
・頚椎や胸椎関係の事故や怪我から生じたもの

など。
不調状態が長い年月に渡れば、
免疫力は大きく制限され、呼吸や循環器なども芳しく無くなってくる。

それが胸椎前側の縦靭帯骨化症といえるようなもので。

ただ胸の前側には肋骨で囲まれた胸骨が位置しており、
内臓側から圧をかけられないので、
硬化した患部に摩擦熱を生じさせて溶かしていくにも、打ち手がない。
いかにも、、、厄介でした。

ある程度の身体的なベネフィットがある人は、
実際はカウンターストレイン等の、
患部を遠隔で操作して緩める方法で成果がでたのだが。

すでに骨化が進みすぎて胸椎の椎間関節が微動もしない方の場合。
カウンターストレインで無理、PNFも無理、
他にも手当たり次第、アプローチ法を考えた。

ただ「胸椎の棘突起は骨折しやすい性質をもつ」ので傷つけるほどの圧はご法度。
そのような制約があるため、不用意な圧がかけられない。
多少でも気を抜けば大事故につながりかねないのですね。

たとえば活殺自在の理を知るならば、
棘突起を強圧するというのは殺法に当たります。
つまり活かすどころか殺す方法になりますから。

たまにそのことを知らない施術者がいるようで、
かえって施術を受けたら交感神経過敏な状態で、
つらい状態が増して長く継続したということも。
それはたまに聞く話ですが、やってほしくない。
気を使わなければならないところの筆頭ですね。

棘突起に関しては、
無理するような圧は、無意味かつ後悔を募らせる酷い結果を生む。

苦肉の策でその殺法になるギリギリ手前を狙うようにするのだが、
それが施術をする私の側には、恐怖そのもので怖いから避けたい。
でも殺法のぎりぎりのところに活法の落とし所がるので、
そうも言ってられずに、、、。

ただそのような活法を意識してする調整も、
すでに縦靭帯骨化症が進んだお客様の身体では反応できなくなっている。

簡単明瞭に言えば、
骨化してしまったら、通常の加圧をかけることで緩めるというやり方は、
私のおこなう手技方法では諦めるしかなくなっていたのです。

私は、多くの手技療法の本で参考になりそうなものを探し求めました。
そこには時間もお金も労力もかけた。
それでも解くことはかなわなかった。

(※ 他の先生のことは、私はすべての方を存じ上げているわけではありません。
   単純に私の場合、当時は万策尽きた状態で、できなかったということです)


そのようなさまよい続けてきたところで、
手応えがありありと感じ取れたときがあった。

ゼロプロマッサーを導入してからだった。

私が胸椎前の縦靭帯の骨化状部分のリリースが可能となってきたのは、
お客様自身の体に明らかな好転結果が見受けられたからです。

完成度は100%とは、未だ言えないが、
以前のような手をこまなく状態ではない。

手をかければかけた分だけ成果があがる!!!


以前に私はこちらのブログでゼロプロマッサーについて書いたときがあった。

ゼロプロマッサーとは、
振動の波及力がすばらしいマッサージ器具で、
その振動は優に縦靭帯にまで届いてくれます。

柔軟性を逸した凍りつくほどのエネルギーロスをした縦靭帯の部分に、
ゼロプロマッサーの振動というエネルギーを与えて溶かしていきます。

イメージは多少異なるものの、さく岩機の振動を受け付ける部分は、
泥のような軟体は、それほど砕けるような振動を受け付けたとしても変化しないが、
岩のような剛体は、さく岩機の振動で揺すぶられていき、
あたかも体内の場合は調理用ミキサーのなかで撹拌される硬い骨付きミートのよう。
がりがりがりっと音がしてきそうですが、ですが体の中はほとんどが軟部組織のクッションに浮かべられ、
多くの組成成分上の割合が水分やコラーゲン質でできているので不要な振動は軟部組織に吸収されていく。
だから後々にまで振動の影響が、悪い方面で残ることもさほど心配はいらない。

(※ ただだからといって一般の方が、水面下にどのようなトラップがあるかわからないで、
   ガンガンと強い圧をかけるのは、緑内障等のさまざまな忌避事項と考えるべきものもあり避けるべき)



ゼロプロマッサーの振動は手で作れる質のものとは異なった作用を与えてくれる。
大変に優れた力を発揮してくれるものです。


上記で挙げた友人は、画像診断を受けて
縦靭帯骨化症が問題だと人に言われたときはショックを受けたことでしょう。
この部分が容易にリリースできないことは熟知。
だから少なからずへこむ気持ちになるでしょう。


ですが、
ゼロプロマッサーを活かして利用すれば緩まる。

私がすでに徐々に靭帯骨化を溶かすツールとして成果がだせているスグレモノを
自分が手にしていることへと気づいたのならば、小躍りしたくなるかもしれない。


ゼロプロマッサーは、
私が購入したときは、
使い方の詳細テキストなどは一切添付されていないマッサージ機器。

自力で使い方を編み出していかなければ使い物にはできない。
強烈な初心者お断りとでも言わんばかりのメーカーの姿勢で。

これぞ、業務機。 ^-^;



彼は、普段はあまり道具を使って施術をすることが少なかったため、
道具の握りや加圧時の固定法などを考える課題も多くあるでしょう。
施術者なら常識でしょうが、
圧をかけるときに手持ちのゼロプロマッサーを動かすより、
お客様の体を動かすようにして狙いを定めたほうが効きがよくなる。
紙切り芸のハサミと紙の関係に似ていますね。

工夫すべき点は、私が考えただけでも30以上はありますから。
ただ使い方を解説してくれる親切なメーカーならば、
私もこれほど試行錯誤はしなかっただろうと思う。 ^-^;

工夫の量と質に比例して、道具は息吹を挙げていく。
どのように自分を動かして欲しいかと言葉を発する。
そこに耳を傾ければ、いつしか、
自分の身を黒子に徹するときがきます。
そうなれば伸筋主導の気のめぐりのよい施術に
ゼロプロマッサーが同化していくものでしょう。

特に手の内をどう創りだすかで、
圧の質が生きたり死んだりする。
今も私は圧の質をときどき殺して、
「あちゃー」となりますが、
いつも生かそうと気をつけてます。

日々、握り方等に試行錯誤を加えていき、
自分なりの型を作り楽しんで欲しいです。

そうなると、ゼロプロマッサーが手について、楽しくなってくる。

自分の手足の延長と愛せれば、期待以上に応えてくれるものです。

それに友人の場合は、
彼が日頃からゼロプロマッサーを施術にも活かすようになったら、
お客様へのリリース方法の向上とともに成果があがるものですが、
同時にそれは、自分の体のケアを適える必要な知識と経験を増す。
強烈なゼロプロマッサーを習熟するモチベーションになるだろう。


私自身、ゼロプロマッサーの使い勝手や対応力の素晴らしさを知らなかったとしたら、
友達の症状を聞いたときに希望に満ちた印象を持つことができずにうろたえただろう。

ゼロプロマッサーさん、多謝。
posted by スズキ at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

伊勢五郎太を枕に睡眠。肩、首がすっきり!

最近、実践していること。

伊勢五郎太 5-6寸(150-180mm)を購入。

伊勢五郎太 5-6寸(150-180mm) 20kg(12.5L)


花崗岩系の火山由来の石ですが、
こちらは微弱ながらも天然の放射線を出しています。
エレキテル的な力が秘められているのは、
高圧に圧すると、水晶と同様に電気を発する石として知られているもので、
内側に天然の放射線を発生させることで不思議なパワーが秘められている。

天然の放射能は、
温泉で使われていてわかるように、
細胞レベルで成長を促進させる力があり
傷を癒やしたり
皮膚を代謝させて美人にしてくれたり。

20キロ入の10個ほどの伊勢五郎太には、さまざまな形状のものが含まれていた。
平たい感じのもの。
丸っこいもの。
いびつなもの。
個性豊かです。


丸っこいものを2つ用意し毛布を上に載せ、
そちらを使いCV4というクラニオセイクラルセラピーで使う、
後頭骨と第一頚椎の隙間を創りだすような操作をしてみたとき。

不思議なリリースが、おきた。

首こりがすっきりしたのです。

私は前傾状態での10時間に渡る施術になることも、しょっちゅう。
通常のデスクワークでも肩や首はこるのですが、
バイオメカニクス的に計算すれば、
その何十倍も負担がかかる結果に。

だから首や肩がこらないはずはない!

私のこの作業をしたことがない人が真似をなされば、
数十分で数日間再起不能になるほど負担がかかり、
劇的にきついんですね。 ^-^;

だからこそ肩こりや首こりをリリースするにはどうすればいいのか?

真剣に対策を練っていくわけです。

そんなところでのこの快挙。

昨日、あれほどひどく固めた肩が!首が!
ゆるくなっていてすっーっと今まで体験したことがないほど冷気を感じ、
嫌な凝ったときにおきるほてり感が改善しているんです。

これって、、、なに?!

ありがたい!!




そこで気を良くして、もう一つステップを挙げてみた。

平たいものにフカフカの厚みのあるタオルを巻いて、枕にしてみた。
こちらにて睡眠。

するとやはり肩こりや首こりが休まる。

ただ、それ以外に不思議体験といえるようなことがあった。

いつも夢をみるほどの時間は寝ていないからなのか、
まったく夢をみないで寝ていたのが、ここ数年です。

それがリアルな夢を睡眠時間が2〜4時間でも見ている。

夢をみているときは意識が働く睡眠ですから深さは浅い。
夢見がちの睡眠では疲れが抜けないと思われるのだが、
そんなことは体感上まったく感じられなかった。

ここ数ヶ月、真面目に寝るときには気を失う感じでした。

気絶するような睡眠に落ちる理由は、わかっています。

お客様の起立筋をリリースする私の姿勢により起きる。

施術で画期的なリリースをかなえられるよう工夫をして、
結果苛酷さを増す方式を容赦なく採用したこと由来です。
以前のやり方の数十倍もの施術成果が得られるから納得。

数日間で1キロ体重減。
数ヶ月で細すぎて履けなくなっていたジーンズが履ける。
それもゆるゆるとウエストのところが。。。

施術をする友達には、
「鈴木くん、痩せたね・・・」と。

はい、痩せました。 ^-^

内転筋の不具合がある使い方をしたせいですね。
そして内転筋がうまく作動できねば、
大腰筋が理想バランスを失っていて、
起立筋にかかる萎縮する負担が強化。
それが肩や首筋に、気を失わせるほどの締め付けを創りだしていました。

苛酷さは智慧で対処改善をさせる。
そちらの負担軽減を模索しつつも、
今ひとつ難しいところがあります。

「膝行」の足さばきがヒントになるのですが、
でもお客様が下におられる状況での作業です。
足場も非常に悪い状態でその都度の臨機応変。
内転筋の鼠径部に近いところを意識して利用。
それができればてこの力で膝の先端を動かし、
楽な作業に改善できるわけですが、
それが起立筋との角度の問題で一部しか使えない。

この足さばきが命ですが、
こんなに難しいことかと。。。

補助のグッズを要所で工夫して用いることにより、
成果をあげつつ負担を下げるようにしていますが。
なかなかどうして。
ちょっと楽になる工夫をすれば、
もっと苛酷さを増す施術法へ進化していてイタチごっこの日々だから。
それが進化成長というもので、
昨日やったことをまんま、繰り返しというのは避けること。
精度を上げたり密度を増したり、
画期的にそれまでのやり方を捨てて、ほかを採用したり。

そうやって今まで自分の力量では解けない部分の問題を解法に導くわけです。
他人の真似はしたくない。。。
絶対に、、、とは言いませんが、独自のやり方のほうが100%優れている。
それは、相応に知恵と労力と時間をつぎ込んで言える話ですが、
それさえする覚悟があれば、そう言えると、私は考えています。 ^-^

そういったことをしていると、
あまり誰も経験してみたこともない課題が、日々目白押しです。
不思議な課題でいつも頭のなかは試行錯誤を繰り返しています。

だから体の使い方を繰り返す型の安定は描けない。

まさに今月初旬が、体の負担蓄積がピークでした。
これが睡眠の質の悪さを物語る最近の危機的状況。

お風呂でYouTube映像を確認していたときに気絶し?
タブレットやスマートフォンが、幾度水没したか。
陰干しをしてどうにか復活したのですが。。。

そんなところから由来したところもあったのです。

ゆえに天然の放射線利用の枕は、
我ながら救いの手とか救いの神。

ありがたい実感がありありです。

計算上、睡眠の質を上げる事で、
ひとつのステップを繰り上げられるのではないかという体の使い方以外の対処法を考えてみた次第。

そのプラン通り、うまく着地した!


あくまでもこの度の成果は、
伊勢五郎太の枕だけではないはずです。

これは個人的な見解ですが、
私は相応に身体操作法を学びとり、
首や肩の位置などの型を身につけています。
そしてスマーティに湯あたりするほど入り、
代謝力を底上げさせたことで起きた改善効果だと思う。

ただ私の施術を受けているお客様方で深層筋までリリースされ立ち居振る舞いが磨かれた人には、
内心、私と同様な成果が感じられるのではないかと推測しているので。

試していただければ。。。


ただ伊勢五郎太、、、20キロ単位での購入というのが、ちょっと都会サイズのお部屋に住むと、
ネックになりそうな気がしますよね。
私は伊勢五郎太を施術用具にする考えもあり、
様々な形状のものを手に入れたかったので20キロを3袋購入。
つまり60キロ分の伊勢五郎太が我が家に嫁いできたのですね。^-^;
我ながら無茶をします。。。


だから昨日のお客様に、ぜひ!と勧め切れなかったのですが、、、。
本心は顎関節の不具合や歯ぎしりが肩の芯の硬化が由来なら、
ちょっと多めに石を用意してもらうことで多少の改善はある。
私自身ではそのような体験をしたものだから、
試してみてもらいたいな〜と思いつつも断念。
遠い感じの「いいみたいですよ」という感じ。
その程度のご紹介にとどめてしまいました。^-^;

お庭がある人ならば、ホームセンター等で、数個単位で購入できるようなら試してみて!! ^-^
ドン・キホーテにも、売っているのだろうか?


もし伊勢五郎太の枕がうまく成果が体験できなくても、
お風呂の湯船に4キロほど入れれば天然温泉になるし。
今、私の家は6キロの伊勢五郎太と1キロの姫川薬石をお風呂に入れてます。
湯冷めせずに体を芯から温まります。

ちなみに伊勢五郎太や御影石や姫川薬石などは、
天然の放射能は半減期が長いため半永久で温泉効果を期待できるのがうれしいじゃないですか。
それにも増して、定期的にお湯に入れた石を洗って陰干しすれば、
効果的にカルキ臭を抜き、マイナスイオン化したやさしいお湯に。


posted by スズキ at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

【業務連絡】:2016年1月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



------------------------
☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への業務連絡となります ☆
------------------------

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


☆ 2016年1月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきました



更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にある 
ファンクションキー5 <F5> を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。




(おわり)

================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

【業務連絡】:2015年12月24日(木曜日)午後9:00に、翌月1月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます

【業務連絡】:
2015年12月24日(木曜日)午後9:00に、
翌月1月の『ボディワイズ 予約可能日程表』更新させていただきます


------------------------

☆ 以下、ボディワイズにお通いいただいているお客様への

  業務連絡となります ☆

------------------------


お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。


{2016年1月の予約表更新、予告日時}

■ 2015年12月24日(木曜日)午後9:00


上記の日時にボディワイズの予約可能日程表を、
更新させていただきます。

更新された『ボディワイズ 予約可能日程表』をご覧の上
ご都合のよい日時がございましたら、
ご予約のご連絡をいただけましたらと思います。



『ボディワイズ 予約可能日程表』

http://bodywork.s73.xrea.com/goyoyaku.htm


※ 新規の予約表が表示されないとき

ブラウザーが過去の情報を記憶し、それを表示しているときがあります。
たとえばその際は、Windowsパソコンであれば
キーボード上方にあるファンクションキー5 <F5>を押していただければ
更新された内容が表示されるでしょう。
また他の機種ではそれぞれブラウザーの更新の仕方が異なりますので、
お手数をおかけいたしますが利用機種の更新法をお調べください。




【 編集後記 】

お世話になっております。
ボディワイズの鈴木です。

みなさまは、いかがお過ごしですか?

もう、気づけば今年も余す所、数日。
ここ数日、寒さが身にしみてきます。


上記の予約表更新日を見て愕然と。
クリスマスに、予約表更新なんて!

誰もが、そう、感じると思います。

私も驚いています。 --;

日程的に気づいたら、
そうなってしまって。

忙しない師走に、なんたる暴挙を。


ご面倒をお掛けして、
申し訳なさすぎです。 m__m;;



・-----------------------------・



ここから、私ごとで恐縮です。


先日、とあるコーチングスクールの説明会に参加。

2015年3月から6ヶ月間、木曜日に学校通い。
コーチングの勉強を本格的にしようと思案中です。

通うことを決めれば、
午前10時〜午後8時まで、ほぼ丸々一日、コース。

もし通うことを確定させていただいた際は、
そのため、木曜日を休業をさせていただきます。

お通いいただいておりますお客様に
ご不便をおかけいたし申し訳ありません。




私ごとですが、
あまりわいわいとする雰囲気になじめないのです。
セミナーや学校通い。改めて苦手だなと思います。
なじめないで苦労するだろうなと。。。

ですが、そうも言ってられません。^-^;




コーチングスクールに通う目的は、
コーチング方法を学びたいだけではありません。


ものの見方や考え方という「認知のしかた」を
自ら問いかける時間を持ちたいと考えています。


私は、手垢のついた認知パターンこそが、
体の凝りを作り出す大元凶のひとつだと。


そのような要素が大きい場合では、
施術でリリースしただけでは要領が得ず、
非常に口惜しい気持ちになることもある。

そこを無視するわけにはいかないのです。



そうは思うものの、
肉体的しこりと執着心は複雑に同期して、
その両者を結ぶ鎖は絡まり解けにくいし。
解法がわからない数式をみているようだ。

何をどうやればいい?
手足が出ない。。。

納得して使いこなせるほど練習をせねば、
対応に自信がでることも期待できません。



だからこそ、熟知するだけの労力をかけ、
もうひとつ、理知まで消化できるように。

掘り下げては頭打ちになってスランプへ。
それを幾度か繰り返し成長したいですね。



私が施術力が限りなくコンスタントに伸びる理由は、
お客様が来て頂いている。
恥ずかしいことをすれば、
どうもバツが悪いのです。
そうなると必死に頑張れる人でもあるのだと実感中。 ^-^
お客様の存在が、私の施術力を高めてくれています。

ありがとうございます!

だったら実習のあるコーチングのクラスに通うのもいい。
周囲の受講生に遅れを取り恥をかかないよう必死ですね。
そうやれば必ず成果はだせるようになるはずです。

一人で本を読むだけなら、恥をかくこともないので。

それでは私の性格上では、成長が遅くなるでしょう。
これからの貴重な時間を、本には長くつぎ込めない。
ここばかりは、他者の教室の力を拝借させてほしい。



施術者の思いが、
施術の色を決めていくものです。

施術をする前提に思いが至るときは、
施術の成果は施術技術の域を超えるでしょう。

今が思い至らぬ程度の認識だったと気づけば、
その色眼鏡を外すきっかけとしたい。


そのように考えております。

そのように私なりに真剣に
前向きにコーチングスクール通いを検討中です。
よほどのことがない限り、
来年の半年間、木曜日を休日とさせていただくこととなりますので、
その際は、どうかご理解、ご協力の程をよろしくお願いいたします。




(終わり)


================-
ボディワイズ
鈴木政春
〒142-0063
東京都品川区荏原5-16-18
電話:03-5498-2220
http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/top.htm

sfcsfcsfc_2001@yahoo.co.jp
================-
posted by スズキ at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

内臓は大海のごとく波打つのが自然

お腹を触ってみてみると、「硬いな〜」と驚く人も。

腹部の表層部が硬い人もいるし、
腹部の深層部が硬い人もいるし。
腹部の浅いところも深いところも、
かなり窮屈な状態ですね。

腹部が硬化しているとき。

内臓同士が癒着したり
腹壁と内臓が癒着したり
椎骨と癒着したり。

血液が腹部に多量に停滞してたまりだすときもある。

内臓疾患が起きている人の殆どは、
事前に内臓の硬さが目立つようだ。

では、腹部の硬さから問題を分析してみましょう。

東洋医学では『腹診』という診察方法があります。
腹診.jpg

腹部の問題箇所の特定位置に該当する内臓の問題点を見つけられるスグレモノなのです。


たとえば、
みぞおちが硬くて、にっちもさっちもいかない。
「心臓に問題がでているな」と考えるわけです。

腹部が柔らかさがなければ、
食事療法も消化に支障が来され、
どんなに肩や背中やさまざまな骨格筋を緩めるマッサージをしてもすぐに戻る。
腹式呼吸がしづらくて、呼吸代謝が密やかに効率悪化をうみ、自律神経系に問題が生じる。
また腹式呼吸が極端にしづらければ、それ自体が不眠状態に陥る原因ともなるだろう。
そして腹部に滞留した多量の血液があるなら、血液の循環が支障が出る。
血液が循環できないような分量が全体の割合の6割を越えてしまうなら、
血は少量しか四肢や末端まで届かなくなり冷え性にもなるだろう。
そして血流の悪化からくる体の冷えは、癌体質にもつながります。
癌になっている人のお腹を幾度も触ったことがあるから、
改善しづらい非常に強い問題がある人の場合には気をつけなければなりません。
胸腺からでるナチュラルキラー細胞を血で運べないようなエリアができてしまう。
そうなるようなウイークポイントは、血液循環に関係する血液量が減れば減るほどきつくなってくる。
だから癌になっている人でも、初期段階で血液循環能力が高い人は、
さらに輪をかけて血液循環をスムース化していき胸腺を賦活すれば、
かなりの確率で解法に向かうこともある。

腹部の血のたまりをみれば、、、いろいろな情報が手に取るようにわかるのです。


また内臓が最奥部にある深層筋そのものだから、
こちらへ対してアプローチを怠ることがあれば芯からくる不調が変化しない。

だがコアにかかる部分のリリースほど、難易度は飛躍して高まる。
だから相当に慎重に計画性を持って緩めなていかなければ、
下手にリリースを強制的にすれば体調悪化を招きますから。

それで施術者のなかにも、
腹部リリースは深いところまでは難しいから手を出さないという人もいます。
その気持、わかります。

私にしても内臓部分のリリースは、硬化が著しい場合は、怖くて仕方がない。
まるで鉄筋のような状態になって、緩まないような状態に陥っているときも。
そこからどうにかして緩ませるような曲芸のようなことも、
ひたすら安全にリリースするための手順を遂行して、
数十のステップに別けてゆるめていってとけるところです。

他者による腹部マッサージの短絡的な解き方は、
すでに炎症が強くなっている臓器の状態であれば事故の元となりやすいのですから、、、。

問題意識を持ってかなりの臨床例を積まなければ難しい。

ただ、先日、お腹が施術を初回受けたときには硬化が著しかった方が、
ずいぶん和らいできて、それが結果的にメリットになった方がおられた。
もしも硬いお腹で癒着をしまくっている状態であれば、
それは、多くの不測のリスクが潜在しているといっていいだろう。



健康管理には、私は、腹部の緩みがあるかどうかという点を、
かなり重視するようにしています。

ここに手抜かりがあるものは、
自分が得た経験則上、どのような療法をしても改善しないかしづらい。


たとえば、
漢方も、、、生薬も、、、生命力をアップさせようとしても困難です。
内臓が受け付けない。

内臓をユルユルに仕上げていけば、
それからは体調管理が飛躍的に安定し下方へ下る恐れが少なくなる。

極論で申し上げれば、腹診がなされずにスルーしていては、
その人の現状を正確に把握しておられるとは言いがたいと。
私はそのように感じられてならない。


腹は大海のごとく、
液状化した臓器が占めるもの。
呼吸により、波が打ち寄せ引いていくもの。
それが自然体の素養そのもの。
基本中の基本。


そうなるように内臓が強化され安定化しないかぎり、
人の生命力の根底は成り立ちはしない。



少しでも内臓のユニットごとに自分の位置を正しく守り、
癒着させず、癒着しづらい姿勢を保たせていこう。
そして腹式呼吸という内臓マッサージがしやすくなるように、
コアの筋肉や骨盤底筋や臀部の筋力や腸骨や仙骨の力を整えていこう。

そうすると私がいずれそのような生薬等に精通したときには、
内臓のコンディションを読んで改善を施し、
それと同時並行でアドバイスができるようになるから、
そういったところは強みなんですね。

そんなところにまで進んでみたい。
posted by スズキ at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 体のイメージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

『湯あたり療法』ってあるんですね

先日、お客様から教えていただいた『湯あたり療法』。

通常、湯あたりを起こすと気持ちが悪くなったり、だるくなったり。
ぐだぁーっと、起きられない感じになってしまう。

だから湯あたりをしない程度にというのが一般的。


湯あたりの症状は、以下があげられます。

・顔が赤くなってのぼせやほてりを感じる
・身体全身がだるくなる
・眠気や食欲不振
・気分がすぐれない
・頭痛や寒気
・発熱

入浴後の数日から1週間ぐらいの内に発症します。
その症状がひどい場合は、すぐに近くの病院で診察してもらいましょう。
といったものですから。。。

ただ、そのような症状を出ることを承知で、
治療に活かすという療法があるそうなのです。

お医者様がお客様に教えていただいたところでは、
一ヶ月間ほどの期間に継続的に湯治場に寝泊まり。
医師や担当の方と電話で連絡をとりあうい進行する。
その際に安全を確保し効果を引き出す指導があるのでしょう。
湯あたりをしっかり起こして、体の回復へつなげるそうです。

場所が変わることで、
日常生活から開放されて気持ちが変わる。
非日常世界にひたる。
それは日頃のストレスが改善されることも大きい。

ストレス性の問題を抱えられているときには、
成果が大きい場合もあるようだ。

ただ数十万はくだらないほどの費用もかかりますよね。

そればかりではなく、
主婦ならば、お子様等に炊事洗濯掃除をしなければ。
会社勤めをしていれば、会社に理由を述べてわかっていただければいいが。。。

諸々の事情から踏み切れないところもあるのではないだろうか。

私もどんな成果が出るのか気になりつつも、
まるまる一ヶ月間を湯治に当てるのは困難。

そこで先日購入した『伊勢五郎太 5-6寸(150-180mm) 20kg(12.5L)』をお風呂に4キログラム分いれてみた。


伊勢五郎太からは、
自然由来の放射線が出ている。
細胞の正常な成長を促してくれます。
その天然の放射能は温泉の効能が高いのです。

そのような石から出るホルシミス効果は、濡れた状態のほうが効果が高まるそうですし。


そう聞いたからだけではなく、どっと汗が。。。 ^-^
なかなか、いい。

いつも以上に体があたたまる気がします。
そして湯冷めもしにくいような気がする。

4キログラムでは十分ではないかもしれないので、
伊勢五郎太を追加注文する予定です。

10キログラムほど湯船の底へ入れ、
少し湯あたりしてみようと思います。
そうすれば湯あたり体験ができるか?

ただ、、、
あまり入れ過ぎるとふろがまに砂利などがこびりついて壊れてしまう可能性も出てきますが、
どうせならば自分の体が壊れるよりふろがまが壊れたほうが交換がしやすいものですからね。


私は、ふろがまの心配と湯あたりのきつさとを自己責任でやってみるつもりです。
もしお体に問題があるときには、リスクがついてきますから、
その場合はネットで検索をなさる等で指導してくれそうな医師を見つけてから行なってくださいね。
その点は、かえって体の体調を崩してしまってはなんにもならないので、
ご配慮の程を、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by スズキ at 02:46| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

体のアプローチだけよりも、心も同時に


エネルギー・メディスン―あなたの体のエネルギーを調整し、健康と喜びと活力を生み出す

こちらの本に載っていた話だが、

「感情の微分子」という本があって、
神経学者のキャンディス・パートが「幸福は人間の自然な状態だ」といい、
エンドルフィン等の神経伝達物質の説明中に「至福」とは人間に組み込まれた必然的なものだといいます。

・-----------------------------・

あまり詳しいことはいえないのですが、
体に負担が著しい女性がおられます。

その方が、日頃からずっと苦しい日々をここ何年も過ごして来られました。
私が診させていただくと、
少しずつ着実に身体の柔軟性は増してきていて、
何らかの改善方向へ向かっていることは確かで。

ですがやはりいまだにつらい状態は続いていて、
病院でも原因がわからないままのところがある。
検査はして結果がでたとしても、
原因がすべてわかるものではないものでから。。。


しかしながら、
私が「その症状が出なかった時って、今まで、なかったんですか?」
とお伺いしたとき。

その女性の息子さんが海外で挙式を挙げられたとき。
そのときだけは、さっぱりと日頃感じていた苦痛を感じることがなかったと回想されておられました。

そうなんです。

ご子息が結婚なされ「幸福は人間の自然な状態だ」といえる状態に身をおかれて、
エンドルフィン等の神経伝達物質が脳内で排出されて「至福」感覚を得たときは、
あれほどつらかった症状がまったく収まってしまっていたのです。


そうなると鍵は、
幸福は人間の自然な状態だから、自分はその幸福な自然状態で生きているし、
脳内から至福を感じさせるホルモンが自然にでて幸福感が満たされれば苦痛は大丈夫。

たとえ、それが体がかなり個性的な前後湾曲があって呼吸がしづらかったり心臓に負荷がかかっていても。
それでもまったく症状が感じられなかったんだとなるわけです。


だったらどう自然な幸福感を味わえるかを、精一杯、工夫して担ぎだしてみませんか?
そういった解決策もあっていい。

そうなると実質、私のボディワークとは接点がなくなりますが、
ですが体は体で相当に大変だという状況設定であるのは確かで、
私はそこに対して積極アプローチをしていくことに専念したい。

そうすれば心身ともに油を挿して動きを良くするよう両面のアプローチができるので。
とても改善への加速度が増し、後戻りが少ないものとなります。
効率がよくなることでしょう。

・-----------------------------・
posted by スズキ at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

30年来の仮説検証


・-----------------------------・

なぜ、いまの日本では、奇病が増えたのか。

なぜ、がんが増えてきたのか。

なぜ、アレルギー性疾患がふえたのか。

なぜ、うつ病などの精神的病が増えたのか。

なぜ、フランス等では出産が軽いのに、今の日本では大変なときが増えているのか。
なぜ、フランスの田舎町では寝たきりの老人は一人いるかどうかでシャキシャキ街を歩くのに、   
   今の日本では圧倒的なまでの介護が必要な方が増え認知症等の問題が吹き出ているのか。

なぜ、20年前はやさしい調整系の鍼灸や整体で体調が取り戻せる人がほとんどだったのが、
   今の日本ではそれでは改善がみられないような人が激増してきたのか。

なぜ、そして赤ちゃんが生まれたてですでにアレルギー疾患が当たり前のようになってきたのか。
   そして特殊学級が増えてきたのか。

・-----------------------------・

いくつもの『なぜ』という言葉を連ねていく。
今後も、新たななぜが増していくのだろうか。

私は施術を始めた当初から、
ズバリ言えば、
右臀部外旋六筋の仙骨側の付け根にできる骨化した部分に、
その『なぜ・・・・。』の解答を求めようとしてきました。

この『なぜ』の、
施術をするものとしての解答のひとつとして提唱すべき部位だと考えていた。

仙骨や尾骨がこの右臀部外旋六筋の仙骨側の付け根にできる骨化した部分により自由と自律性を奪われている。

生命の根幹に関わる仙骨や尾骨などの高速に動き続けるコマの芯棒に、
ディスクブレーキを使ったりサイドブレーキを使ったりして、
右臀部外旋六筋の仙骨側の付け根にできる骨化した部分が異常な減速を加える。

ブレーキを踏まれた芯棒からは、
こすれ、きな臭い感じが私には伝わってくる。

私の直感でしかないため立証はできないのだが、
私にはその部分からエネルギーがショーとして
気が外へと漏れだすようなビジョンが見えます。

それは施術を始めた30年以上前からの話です。

生命の維持と活動、そして生殖にも欠かせない。
それに情熱とバランス感覚のすべてもここから。

今の現代人が送るライフスタイルからの影響からか、
年々、この部位に乱れが生じてきているように感じ、
いつか私が直感する、
なぜを解放へ向かせるためのキーになる部分はここ、
という仮説を検証したいと思い願っていた。

だから私の施術を受けたことがある人は感じるだろうが、
私の施術は右臀部リリースに心血を注ぎつづけていった。

この部分が検証されるべき部位だとわかっていたとしても、
右臀部外旋六筋の仙骨側の付け根にできる骨化した部分の骨化が著しい状態になった方が、
理想状態にまで柔軟性を取り戻す状態まで緩めることができなければ。

その骨化を緩めるための方法が、
一般的なテキストにある筋膜リリースでは歯がたたない。
もちろん私が持っているのは筋膜リリース関係の専門書。
こんなんじゃ、私の施術を受けに来て頂ける方々の対応は無理だと言わざるをえないものばかりだった。

結局は、自分で工夫して解かなければ話にならないのだ。


先日、歯医者さん通いを卒業して、
歯医者さんで治療を受ける度に多くの気づきを得て、
筋膜リリースの自己のやり方を反省して作り変えた。

そんな半年の通院時間を過ごさせていただいてみて、
いくつか一人では乗り越えられないステップを越え、
その工夫に、磨きをかけた。

他にも最近、いくつかのコアになる施術関係の気づきを得て、問題がいい方にいくようになってきた。

そこにたどりつくまで、優に30年はかかった。




その大胆な変化で、
セラバンドでたすき掛けをしなければ務まらないほど、
施術が施術者にとってきついものになったのだが。。。
まさに頭のなかがオーバーヒートするほど透視をして、
てこを使って、力のかけ方を再計算して。
お客様へのリスクを減らし快適に施術を受けていただくためには、
私の負担をどれだけ量をあげなければならないのかを知ってみて。

疲労具合は、こうなるんじゃないかな、と想像していたところが、
まんま、ドーンとやってきたものです。

ここ数日間、お客様が予約がなかったので、
本来なら予約順番待ちのお客様を呼ばなければならない。
ですがそれができないくらい、つらかったのです。

つらいということが、顔にはあまり出ないタイプでして。 ^-^;;
今は、体を立ち直れるスイッチを押せる工夫をしてます。
(私は施術家で、その点はやり方が賢いので大丈夫です)

ただ、予約順番待ちのお客様を呼べなかった。
そうして休んでいる自分がつらかったですね。。。
本当に、申し訳ないです。



ただ、それでようやく30年来の仮説検証が進んだのです。

やはり右臀部外旋六筋の仙骨側の付け根にできる骨化した部分を解くことが、
これからの日本人の持っている能力を引き出し、
皆様の各人が夢をさらに描き出し得るようにするために、
工夫して取り組むべきものだと実感できるようになった。

上記に挙げた「なぜ」をすべて解決するのは「ここだ!」と、
短絡的なものいいをしたいわけではない。
そのことは明言しておきたい。
私は個別具体の各人の証を無視した物言いする人は嫌いです。
本当にものを知らないのかもしれませんし、
策略でそのようないいかたをしたいのかもしれません。
ですが両者とも、私がそうありたいわけではないので。


なぜの解答を得る場合に、
かならず右臀部外旋六筋の仙骨側の付け根にできる骨化した部分が問題として絡んでくる。
そしてときにはこの部位のリリースが対処に効くときがあるから積極的に対応したほうが良いケースもある。
ということにさせてください。




輝くスターとして、誰もが健康的な生活をできるように近づいて欲しいんです。
そう願って施術をしていますから。

もちろん完璧などありはしないが、
眠っている可能性を見たいのです。
少しだけ右臀部外旋六筋の仙骨側の付け根にできる骨化した部分の詰まりが消えて、
そこからうまくいかなかった方が、
そちらが改善されることを体験し、
その体験をシェアしていただける。


そのようなところが、今の私の夢。



右臀部外旋六筋の仙骨側の付け根にできる骨化した部分のリリースには
いろんな危険があります。
効果が大きい部分は、そのまんま、非常にリスキーな急所、そのものなのです。
危機があります。

私自身、取り組みを避けたいところの筆頭です。
ですが可能性を追求するには、
危機を回避するリソースを求め研究に取り組み、
あきらめずに掘り続けたいですね。



ただ、最終段階では、
私が施術で頑張り続ければいいとは思っていない。


お客様が進むための方向を共に考え、
そして進むためにはどうすればいい?

その方向性の有効ないくつか提示するためには、
私が徹底して知っていなければならないのです。

私はその学習をしているのが今の段階なのです。

私がいう右臀部の問題部分はお客様がこさえた。
だからお客様自身が、すべては解決できるもの。
お客様が、新たにそこにしこりを作らないよう、
創意工夫をしなければなりません。

ただそんな創意工夫をしようと解決を促しても、
そうしたくなる動機付けがなければ進めません。

その人、それぞれに合った動機付けが必要です。
それが強烈でなければやり通すことはできない。

だから究極は、その問題部分のしこり化を食い止めるためにはどうすればいいか。
お客様が考えることを促して、私は一部提案をさせていただきつつ進行していく。

そのことにこだわり大切にしたい。

それが自分で自分を律する筋道だから。
自分のことは自分で始末をつけるのです。

それができなければ、
生きる自由が損なわれると思う。

だから、施術は一時的に急場を凌ぐためのカンフル剤でいい。
そのカンフル剤を得て、身が楽になったときに、次の段へと。

どんなステップを提示できるかが、私の今の思い願うところ。

そしてどんなことをしなければならないかのビジョンはある。
本当に絵にかけるようなリアルなものなのですが。。。
できるものなのだろうか。。。?
今の自分には、腰が引けるが。


でも、やはり以前の右臀部の問題部の対応も、
30年前には不可能だろうと思えていたので。


どうにか時間がかかっても、
あきらめずにやっていこう。 ^-^

posted by スズキ at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

伊勢五郎太で、睡眠の質が向上するかどうか?

姫川薬石という石に関心を持ち購入。

自然界にある放射線は体を癒やして、
成長を促進させてくれる作用がある。

それは別府温泉もそうですし、
秋田玉川温泉もそうですよね。

人工的に作られた放射能とは、
人体への作用が変わってくる。


ただ姫川薬石を数個購入しただけで、
それで部屋が全体的に浄化できるか?
といえばそういったものでもないし。
そうする費用捻出もちょっと難しい。

でも自然界の放射線っていうものが、
部屋にあるというとどうなるのかと。

どうしても、実験してみたくなった。

お客様に不眠症で寝付けないという人や、
寝ても数時間で繰り返し起きる人もいる。

実は不眠状態の人も、
自然界の放射線を満たしたリラックスできる部屋にいれば、
問題が小さくなるようなケースがあるというのです。

ただ、それはネット上で販売業者が語るところです。
不眠といっても、その原因は不眠患者の数だけある。
だから原因に見合った解消法でなければ効かない。
それがアタリマエのことですから、
その前提を失ったレビューは価値を感じられない。
それが健康関係のグッズを買うときの心構えです。
業者の話であれば、話半分に聞くのが妥当ですね。

そのような考えだから、
自分で試さなければ気が済まないし。

ただし費用のかさむ姫川薬石は却下。
失敗した際の、リスクが大きすぎる。

そこで、
伊勢五郎太という石に目先を変更へ。
こちらも放射線を出すそうなので。
御影石も出ているそうなのだが、、、
やはりお伊勢様の名がでるのが。
なんだかご利益がありそうです。 ^-^



伊勢五郎太 5-6寸(150-180mm) 20kg(12.5L)

アマゾンで送料込みで¥ 2,980。
これならギリギリ失敗してもお小遣い程度。
間違いなく水質を良くしてくれるというのはわかりますから、
最悪、お風呂の湯船にドーンといれてしまえば無駄がないし。
体がぽかぽかになって湯冷めがしにくくなる。
冬にはもってこいですよね!

実際に届いた石は、
150-180mmの大きめの石が10個。
多少、存在感がありますね。
部屋に置くのは変な感じで。

この際は、細かいことは気にせず。
とりあえず下の部屋と2階の部屋、
そしてトイレにお風呂場に置いた。

部屋の中の変化は、、、
正直、さほど感じられなかった。

ただ効果を私が体感した場所がある。
それはトイレでした。
トイレのなかの気が静まったのか?
なんだか清々しく感じられていい。

現時点では、それだけ。

でも、
意外に気に入ってます。

posted by スズキ at 15:56| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

右臀部仙骨間際の外旋六筋のしこり化した部分を緩める夢

私のことで、すいません。
ここ半年間くらい、ずっと歯医者さん通いをしてました。

歯医者さんに行くきっかけになったのは、
間違いなく逆さぶら下がり健康器のおかげです。

逆さぶら下がり健康器を購入した当初は、
どのようなペースでぶら下がればいいか。
それを自分の身で実験するつもりでいて、
無茶をしました。

その試験的なやり方で、
「どんなことをすれば、どのような悪影響が出るか」を知る一貫で。
数日も、逆さにぶら下がった状態で気を失うように眠っていたとき。

それを繰り返していたら、
背が伸びる、伸びる。。。
ミリ単位の伸びではない。

ただ影響はそれでは終わらない。
体内の血流関係が一気に変貌を遂げたおかげで、
体内の血行が悪化して痛みが感じられなかった危険地帯に血流を届けることにもなる。

私の当時のウィークポイントが奥歯周囲だったのですね。

そのときは非常に驚くほどの痛み。
それに顔を歪めたし家族も驚いた。
地味に流動食で一ヶ月ほど暮らす。 ^-^

突然に降って湧いた痛みでしたが、
それは悪いことじゃないと思えた。


大難が中難に、
中難が小難に、
小難が無難に。

難が大きく出る前に、難のサイズダウンをさせ、小出しにして済ませるので。
そんな難の小型化へ進む道を歩く自覚があるため希望が感じられたものです。


体内の痛みという警報装置が働けばつらい。
だがその裏に隠れている問題と向き合えと、
体の中のメッセージは告げているのですね。


体の中に麻痺が起きた部分は始末が悪い。
火災中だが火災警報器が壊れた状態です。
いずれ麻痺の夢が覚めたときには
取り返しがつかないわけですね。

そこを食い止められたのは非常に大きい。

すばらしい歯医者さんに通えたおかげで、
施術のヒントを幾つかいただきましたし。


・-----------------------------・

ちなみに、私どもの施術について。

それもやはり、
お客様が気づかない隠れた部位を探り出し、
大難になる前に解放することができればと。
そこに可能性を感じとりプロの技と考える。

ただ逆さぶら下がり健康器にも匹敵するような血流の変化が内側に起こりますから。

体の中に幾重にも麻痺を起こした部分で目を届かせられないようにした部分を解き、
そちらに血液が流れ始めた頃には、だるかったり痛みが出たりしんどかったりする。

それは、その人の体の中に貯めこんだ血流が行き届かなくなった部分の量に比例し、
健康的に体液の流れがつねに循環できている人と、
麻痺した部分が多い人とは感覚を取り戻すために、
体内で行われている仕事の総量が変わってきます。

健康的な人は、貯めこんだものを排泄するパワーも強力です。
ドッとひとときか数日間、重いのが出て終わる。
意外に辛かったーとなる。
が、短期で終わりますし。

今まで以上に血液の滞りがなくなるため、
その後も体質を維持向上する力がつづく。

ちなみに重い反動が起こらないようにするには
仙骨を適正化させることです。
そこをうまく調整すれば負担は低減しますから。


ただ症状が重いお客様は、そのような軽い出方ではないのです。
だから体質レベルで変わっていくところまで推し進めることは
大変なことだと私は思います。

最初は体調が悪かったお客様が、
「最近はそこそこ体力がついてきてね!」とおっしゃられると、
その裏側には一人でじっと痛みや不快感や眠気やだるさと戦い、
なんとも言えないときを過ごしてこられたのを知っているから。

「ほんとうに、よくがんばってこられましたね!!」
と耐え抜かれた後に立つ人への尊敬の念を感じています。


・-----------------------------・


私が歯医者さんに、「これで、終わりでーす」といわれたとき。
毎週、仕事の休日午前中に予約を入れさせていただいてきたし、
その生活に慣れてしまっていて。
気持ちいい対応をしていただける歯医者さんスタッフさんたち。

ちょっと嬉しい半面、寂しさも。


・-----------------------------・



卒業というと。

またまた、話が長くなって申し訳ないですが。

私が施術を始めた理由は、
私の父が腰椎椎間板ヘルニアを患い悪化したため。
そして薬の処方で皮膚病に苦しみ続けたことから、
西洋医の薬のありがたさと同時に恐ろしさも知る。
どうにか私の父がかかった病に陥らずに済むよう、
別の手はないだろうかと考えたところが始まりだ。

もともとは体が弱かった私ですから、
施術をするなんて、なんて苦しい道。
疲れすぎていつだって気持ちが塞ぐ。
生きるテンションが下がりますから。
それが施術を始めた当初でしたから。

ですがそんなときから、
ずっと脳裏に絵がかけるほど強烈なビジョンが見えていた。


私が施術をはじめた当初から、
私には右側股関節内部から漏れだす気のようなものを感じ、
そのぎこちない箇所が非常事態を起こす元栓になっている。

そのように察知していたことは、
私の施術を受けたことがある人はわかるでしょう。
「やけに、右側の臀部筋の奥を解くのに時間をかけるよね」
と。 ^-^

この部位がおかしいと思い続けたのは、
施術を生業にするずっと昔からでした。

映画館で観る映像ほどに明瞭なビジョンです。

そこから何かが、崩れだしてきているのでは?

私の頭のなかでは、
体調を崩した理由を仮説として、
いくつもの『なぜ』という言葉を連ねるとき。

たとえば、、、

なぜ、つらい冷え性が。
なぜ、極端な低血圧が。
なぜ、奇病が増えたのか。
なぜ、がんが増えてきたのか。
なぜ、アレルギー性疾患がふえたのか。
なぜ、うつ病などの精神的病が増えたのか。

なぜ、フランス等では出産が軽いのに、今の日本では大変なときが増えているのか。
なぜ、フランスの田舎町では寝たきりの老人は一人いるかどうかでシャキシャキ街を歩くのに、   
   今の日本では圧倒的なまでの介護が必要な方が増え認知症等の問題が吹き出ているのか。

なぜ、20年前はやさしい調整系の鍼灸や整体で体調が取り戻せる人がほとんどだったのが、
   今の日本ではそれでは改善がみられないような人が激増してきたのか。

なぜ、そして赤ちゃんが生まれたてですでにアレルギー疾患が当たり前のようになってきたのか。
   そして特殊学級が増えてきたのか。



日本に住む人の非常事態が、
幾つも現れては重なり複雑化していく。

今後の日本はどうなるのか。
そんな実態に不安を掻き立てられます。
明るい認識ができなくなる。

そんなふうに歯止めなきまま進むのは、どうもいけない。

私ができる範囲の「なぜ?」に対する解答を求めるには、
正直、昔から思い描かれ続けた直感に改善のいとぐちを。



右股関節や右側仙骨の真横にできたしこりたちの存在でした。
私たちの背骨の尾椎末端が右で詰まり勢いを止めているので、
仙骨の正常な動きの多くを妨げるようになっているのではと。

私が歯医者さん通いでつかんだいくつかの施術のしかたへの気づきも手伝い、
その臀部の深層が解けるようになってきた。
(歯医者さんにいけば施術力が上がるわけじゃないので)

そして最近、つとに尾骨骨折をしたんですというお客様がお見えになられて、
そちらに研究時間を多めに割くようになったことも。
興奮するような幸運を連れて来ていただいたと感謝。m__m

私が施術でしなきゃいけないと思い描いてきた部分へ今、触れることができ、
私の施術の研究にも終了や卒業のマークを打つことになれそう。
まぁ、、さらに上の学校に、別の科へ入学する、という話です。 ^-^;

ずっと気になり続けて追い求めてきた点で、
背中の重い荷物がようやく下ろせそうです。

右股関節のズレから生じた外旋六筋の筋の付着部の問題。

ただ間違われそうなので、明言しておきますが、
単純に仙腸関節のリリースをしているわけではありません。
そこは間違えてはほしくないところです。

ちなみにこのような部位のリリースを、
どの施術者も安易になさるというのは、
絶対に慎んでいただきたいところです。

仙骨周囲のリリースは、
命に関わる部分ですし、
傷つけるのは絶対に避けなければならないのです。
それは絶対に、絶対に、絶対にです。

だから核心部に近づけば近づくほど、
お客様への影響が大きくなります。
影響とは、良し悪し含めてです。

悪化を避けて良化のみをとるリリースの際の私の慎重さはきついものです。
曳家職人が慎重に家を持ち上げようとジャッキアップするときに、
多少のミスで一気に壁や家自体が崩壊するという状況が起きやすくなります。
計算の緻密さや神経の使い方が段違いにかかるため、
施術者の肉体にも精神にも負担をかけてくる。

最近、私が体がしんどくてセラバンドでたすき掛けをするのは、
施術を受けるお客様の体にやさしい施術として落としこむため、
脳を今までの何倍も活動させ続けて配慮して身を削ってのこと。
本当に必死でようやくというところ。

その辛さは、昔から予想していたが、
夜明け前の寒さに耐えるようなもの。

やり方を洗練させれば、
負担はいずれ軽減できるでしょうし。
そこの難しさがあるんだということ。

そこを熟知するまで積んできたのは、
現在の施術をするために苦労したノウハウの蓄積が、
緻密な施術をする際の礎になったのですね。


私の文章で右臀部の外旋六筋の仙骨側のしこりを解けというところを読んで、
そこを一点集中的に、計画の見通しがないままにゴリゴリ解くのは危険です。
それはプロの先生はそのような初歩的なミスをするわけはないでしょうし、
ミスってもそれは自己責任で始末をつけることになるでしょう。
施術をするものにあふれる愛情があれば、
取り返しの付かないことはできませんね。
だから大丈夫でしょう。

ですが一般の方は、手を出して欲しくないところの筆頭ですから。
自分勝手なアプローチはやめてください。
そこは、どうかひとつお願いいたします。

ただ注意したいのは、
右臀部の問題部分だけを解けば全てが済む問題だなんて考えて欲しくはない。
そんな大風呂敷を広げる人の気が知れない。
無知か策略家か。

どちらにしても、
よくありません。

私が脳裏で繰り返し見てきた右臀部の外旋六筋関係の骨化した部位のリリース。

その実現に向けて、ノウハウを蓄積していき、そちらに注力すれば、
多くのお客様がより快適な生活が送れるようになると考えています。
それはかなってみなければ、私の妄想や仮説でしかないのですが、
少しずつ自分が観た内容で成果が出てきている。

蛇足ですが、
私が「筋膜を緩めること!」と言い続けたのも、
右臀部の問題部を解く道に進むための地図がそこにあったから。
目的が、「ここを緩める道具が欲しくて」という明瞭なもので。

だから、他の先生がしている、していないなどお構い無く、
巨大なブロックを用いたりもしたんですね。
右臀部の外旋六筋部分の仙骨側の硬化著しい付着点を解くための道具を創りだしたくて。
なりふり構わず進んできたから、
他者からみれば奇異なことをするなと思われていたでしょう。
私は、目的を適えるための結果が出るかどうかしか考えずに
なんだって取り入れてみるつもりで研究してきたつもりです。

私が、他人の目で私のすることをみれば、
営業形態も変だし、施術のしかたも変わってるし、
やっているのは看板ひとつない一般の家の中だし。

おかしいところばかりですよね。

でも、そんなことをしてでも、
私は右臀部の問題部分の解放にこだわり続けたのです。

ただし、ここが解けても私には次の仕事なんですよね。。。

脊椎に、曳家職人のごとく家の柱を正しつつ引き上げ移動する。
そのような精度の高い差金とセンサーが育てなければならない。
結局は、そんな身体操作能力が身に備わらなければ、
施術とは悪化を一時的にリセットするカンフル剤。
そこが私自身も未だできていないので、
完成像への道のりは長くもありますが。
ただ右臀部の問題部分が緩められれば、
そちらへ進み行く容易さは段違いへと。
そこを見越しているので、
今後の展開が面白いのですが。

それもまた私の脳裏で映画を観るように流れるひとつのシーン。
私はこのようなビジョンがかなわなかったことは、一度もない。

posted by スズキ at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

遠赤外線サウナスマーティとバックストレッチャーの掛けあわせで背骨を緩める

先日、体が厳しい感じになっていたので、
ひさびさにセルフケアの一環として遠赤外線ドーム型サウナのスマーティを用いて汗をかきました。

そのときの一工夫として、
バックストレッチャーという、
あおむけ寝て胸側を反らしたり、
うつ伏せ寝て背中を反らせたり、
横向けで寝て体側を反らせる道具をつかいスマーティに入ってみました。


バックストレッチャー
上図、サロフィックス バック・ストレッチャー DXを仰向けで寝て胸前を反らしストレッチしている



スマーティ
上図、スマーティ F4-A5  ドーム型遠赤外線サウナ


私はうつ伏せに寝て、
熱さは中の上程度で、
5時間くらい入っていたでしょうか。
長時間入りすぎで過酷ですが、強いカンフル剤的に試したらどうなるか知りたかったのです。
そのため4日間ほど連続で、強制的に夜間に入り続けるようにしておりました。

すると背中側の筋緊張は、
普通にスマーティに入る以上に緩み、
『画期的なコリのリリースだな、これは!』
と思った次第です。

個人的な体感ですが、
いつものリリースの4〜5倍も脊椎の椎間板の詰まりがリリースされたでしょうか。
遠赤外線という皮下の奥の奥まで熱が届く熱源で暖められたためと、
バックストレッチャーで背中が持ち上げられて熱源に近づいたため。
普通にうつ伏せでスマーティにかかるときより、成果がかなり高く感じられました。


脊椎の椎間板をソフトな方法で傷つけずリリース法としては、
逆さぶら下がり健康器で逆さ吊りになるという手もあります。
それもいいのですが、
逆さぶら下がり健康器では心臓に負担が強い人や緑内障等の一部の疾患を持たれている人は利用できない。

それに長時間、逆さ吊りでぶら下がり続けるのはしんどいし、
過矯正になって憂き目に合うような場合もでてくるのですが。


そういった負担が心配いらない状況で
椎間板の詰まりが効率よく温めてゆるめている状態で、
バックストレッチャーで持続的に引き伸ばせるものですから。
その点はシニア層にも体の負担が少なくて優秀だなと感じる。

そうなる成果を期待し予測しつつやってみたことですが。
結果は賢いことをしたなと自助努力を褒めたい気持ちに。
短期間でスマーティに入るだけ以上に、
けっこう回復できるもんですね。
喜ばしいことです。
そう体で感じ取りました。

^-^



これはぜひ、他の人にも勧めたいと。。。

私の知人にはスマーティを個人宅で所有している人は少ないのですが、、、
(sさんとtさんの2名ほど)
そのうちのTさんはスマーティとバックストレッチャーの両方をご自宅に持っておられました!
それでメールで、そのようにしてみたんですという報告をさせて頂きました。 ^-^
かなりおせっかいですね。


他にも、スマーティとバックストレッチャーの両方をお持ちの方がおられるようでしたら、
ぜひ、試してみてください。



人間は椎間板が萎縮して背中が寸が短くなるにつれ、
人は自律神経系の機能も劣化して老化すると言われます。
ボディワイズのワークではそのような椎間板の萎縮を緩めるため、
あらゆる知恵と工夫と努力でリリースさせていただいております。

それがもし「スマーティとバックストレッチャーを、両方持ってるよ!」といって、
定期的に頻繁に、自分の椎間板部分が詰まっているところを見つけ出し緩めるなら。

これまたすばらしい長寿の相に背骨を蘇らせてくれることでしょう。

背骨の詰まりは外側のしこり部分から優しく緩みだして、
比較的短期間にしなやかになってくるのでしょう。

つまりしこり部分とは、熱をなくした筋膜の癒着箇所と言い換えることができるため、
外部から熱を照射して筋膜の癒着部分のしこりは溶かすことができるんですよ。
そしてこのやり方だとストレッチなどでは筋肉を痛めることもありますが、
そのような過伸展のようなリスクもなくて。
しこり部分は熱で溶解するという特徴から、
熱パネルに気になる部分だけを近づけたい。
そう思っていたところ、バックストレッチャーで底上げしてみようというのは、
かなり当たったような気がします。

ただ、最初の5〜8回程度までは椎間板が萎縮している人ほど、
萎縮させられていた状態を作りだす筋拘縮部分が緩みだすとき、
今までに感じたことがない張りが強く感じられるかも知れない。

実際は、以前に筋硬化が進みだしたころに感じていたしんどい張りが体の中に封印されていたものですから、
以前は固まりだしたときに辛さを感じていたわけですが。。。

そういった過去の不具合部分は麻痺してしまい体の奥にとどまることが多いのです。
痛覚などの感覚が麻痺するほど体を固めた人は体の中にあり続けて炎症を持ったまま生活をしています。
そちらの体の中にある麻痺した問題部分は、放置されれば徐々にダメージある状態が周囲を侵食しだし、
問題を本質的な部分にまで落としこむものです。

だから私は絶対放置すべきではないと思います。
そんな不安材料になる根っこは勇敢に取り除き、
長く健康で美しく暮らすべきでしょう。 




そんな場合の対処法として考えられるのは、
頻繁に30分程度のバックストレッチャーとスマーティ入浴を繰り返すことで、
小出しで震度1〜2程度のゆるい地震が起きる程度の跳ねっ返りでとどめられ、
変化後にも良好な状態を探りつつ移行してくれやすく定着しやすいでしょうね。

ただバックストレッチャーとスマーティを自宅にはなくってという場合は、
思い余って一時的に強い熱設定で長時間はいることもなされそうで、、、。
そのようなときは、体の芯からの変化量が大きい分だけ、
体がその変化についていけないことも考えられますから。

リバウンドがドーンと震度8レベルのきつい地震で訪れてきては大変です。
内部にある地震断層のようなずれの力をためていたから吐き出すのはいいんだよ!
なんて悠長なことを言ってはいられないリバウンドが襲ってくるのですから各人の体調を考えて。

体が弱く虚弱体質であったり、なんらかの疾患がある場合は、
注意深く行なったほうがいい人もおられるのでしょう。

なかなか自宅にスマーティ等がない場合には、
やりづらい健康法のようなのですが、
やってみて良さを実感中です。

なので、とりあえずご報告まで。


余談ですが。

姫川薬石 原石 大サイズ (1点入)という、
健康増進作用を生み出せる程度の放射線を出す石がありまして、
そちらをスマーティ内に入れるなど、新たな実験を試行錯誤中。
こちらの石を枕元に置くとよく眠れるようになってみたり、
お風呂に入れれば体が温まるといわれております。
私にはピリピリしたよい作用を感じられているようです。。。
ですが、プラシーボ効果かもしれません。 




体がつらくなるときこそ、
お客様の身になって考え、
自身の体験値を増すとき。


転んでもただでは起きないよう心がけてます。
posted by スズキ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

副鼻腔炎に利く、漢方ってあるの?



漢方関係の書籍を図書館から借りたり買ってみたり。
今まで馴染みがなかった分野なので、
バランス力よいように取り組むため
情報量を多く集めまんべんなく学習。

意外に資料点数が増えてきてしまい、
机上の学習に終始してはならないと。
そうは思いつつも、
徹底して資料を集め確信を得てから、
動く時は数手先まで読んで動きたい。

そんなことを考えているところです。

だからぼちぼちの自分の体を使った
生薬を定期的に飲み続ける実験中で。



そんな、漢方の本の多読中にて、


和漢診療学――あたらしい漢方 (岩波新書)

上記の本をアマゾンでチェック。
カスタマーレビューを読んでいたとき。

〜〜〜〜〜
> すぐに「麗澤通気湯(れいたくつうきとう)」が処方された。
> 蓄膿の改善とともに咳やのどの炎症が改善され、あわせて多くの不定愁訴もなくなってしまった。
> 和漢診療学の不思議を感じた次第である。
〜〜〜〜〜

という、副鼻腔炎(=蓄膿症)が、麗澤通気湯により改善したと書かれていた。

非常に興味深い。

実は、私が漢方の研究をし始めた数々ある理由のうちのひとつに、
副鼻腔炎が施術では現状ではなかなか改善の一手が打てないため、
漢方で対策を打つことはできないだろうか?
という新たなるお客様の改善へのアドバイス上の一手を他に求めてのことであった。

カスタマーレビューで、患者様自身がが改善した体験が述べられているのは、
私の手持ちの本ではあまりみることができずに、
よろこばしい感情が伝わって爽やかに感じます。

実際は患者様の証を読んで、
それに対応した処方をして、
それで効果がでるかどうか。

だから蓄膿症でも人それぞれ病気になられた原因が違うため証は同一ではないので。
だれもがこの漢方を飲めばそれでいいというわけではありません。

たとえば

私の手持ちの「フローチャート漢方薬治療」という本では、
蓄膿症に対して、
まずは「葛根湯加川きゅう辛夷」を試してもらい、
そちらで効かなかったり副作用があれば
「辛夷清肺湯」を試すようにという指示が書かれている。

だから麗澤通気湯という漢方薬の名前は出てこないわけです。

副鼻腔炎の改善に向かうために可能性が高そうな情報を得られれば、
それをとりあえず麗澤通気湯でグーグル検索をすればいい。

すると検索して突き当たったサイトには、
成果が出ている場合もあるのだと納得できるような実験データーと呼べそうな情報も得ることができる。

そのような情報は貴重です。
効果が高いだろう打ち手が広がってきますし。

実際的には私はまだ漢方や生薬は自分の体で実験して、
メリットとデメリットが明らかにならなければ、
お客様に勧めようとはしづらいところです。

ですが現状では資料も点数が集まってきたので、
それ相応に数冊の本をまたいで物言いのズレや、
幾冊もの本に同様に語られるダブリがあるため
信頼性が高いだろうと言う情報なのかなどがわかるまでにはなってきました。

1冊や2冊の権威あるテキストを目を通しただけでは、
私には行動に移すほどの情報量が揃ったとは言いがたい。
知っているかどうかが勝負になる世界ってあるのですね。
後々になってこのような遠回りのような仕込みの情報は、
必ず生きてきます。

かなり膨大な時間はかかるが、
自分が自分を納得させるには、
その投資は高くはないのです。 ^-^

そのようなところでの情報提供ができそうなところがでてきたなら、
もしこのような漢方薬が効きそうだからと情報を伝えることができ、
漢方薬を処方するような病院へいかれる橋渡しになればそれもいい。

最近ではアマゾンで、必要な漢方薬名が分かればお手軽に。
ツムラや他の製薬メーカーから漢方薬が手に入る時代です。
ただ病院へいって処方箋を書いていただければ、
症状が出ているような場合には、
保険対応でお薬を手に入れることができますから。
そうなれば、費用負担がかなり低減するでしょう。

結果的に私が漢方等を学ぶことがきっかけで、
お客様がしあわせになれるところまでいければ。

そのような好例がひとつでもふたつでも出てきていただければ何よりだと思います。


posted by スズキ at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

指揮者の伸筋主体の手さばきのおもしろさ

私はあまりクラシック音楽界について詳しくありません。


ときどきなにげなくYouTubeで聞いてみたりという程度で、
思わしい高水準の音色とはほど遠いですが。
それでもけっこう満足して聞いてます。


最近、気に入っているのは、次の映像の指揮者。

ピエール・ブーレーズ

なんだか、指揮棒を握らないこちらの指揮者の手先をジーっと見ていると、
これって、伸筋の吊りをイメージするかのような、
バレエダンサーのすばらしい踊りを観てるように。

そんな不思議な光景がそこにあるような気がして。
見入ってしまいます。

軽やかで無駄がない。
水中を揺らめく如く。
しなやかなやさしさ。

ジーっと見ていると、
引きこまれてしまう。

屈筋主体では出せない右脳と直結しているかのような伸筋の繊細な表現。

それを見せられると目が離せなくなり、催眠術にかけられるかのようだ。

もう指揮者の手先しか見えてこない。。。


おもしろい。 ^-^



https://youtu.be/ZzrN4ZAZ890
ピアノ協奏曲第20番(モーツアルト)
2003年5月1日 リスボン ジェロニモス修道院
ピエール・ブーレーズ指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
マリア・ジョアン・ピリス(Maria João Pires):ピアノ


ピアニストのマリア・ジョアン・ピリス

ピアニストって、すごいですね。
こんなに指って動くものですね。

こちらの女性ピアニストの曲は、
他の曲も気になるものばかりで。

たとえば
Frédéric Chopin - The Nocturnes | Maria João Pires


ショパンのノクターンだな。。。
感傷的になり、癒やされてます。
posted by スズキ at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

ヴェレダ カレンドラベビーオイルを購入!用途イメージは、、、



ヴェレダ カレンドラベビーオイル 200ml

こちらを試しに購入しました。

会陰マッサージとは。
妊産婦さんが出産前に会陰切開をされないようにするためには、
会陰部をマッサージして柔軟性を向上させておくことが推奨されています。
会陰部がしなやかさを保ち続け、柔軟性が増すためのサポーティングマテリアルとして、
カレンドラオイルが推奨されているのですね。


ただ、私がどのような利用法があるかイメージしたのは、
もうちょっと違ったものでした。

骨盤底筋部分が、もし、緩んでくれるようならば、
・正常な泌尿器の筋力がしっかりいくのではないか?
・腹式呼吸が楽になるのではないか?
・骨盤底部のリンパの代謝が促進されるのではないか?
とか、、、
そして、
・そしてこの先の話に大きくつながるのが、尾骨の歪みに改善がみられるのではないかという仮定。



人は左右の足に利き足側と利き足ではない側という、
左右で使い方の違いを設けています。

骨盤底筋は、左右の足の付け根の真ん中に位置する。

単純に言えば、左右の足の使い方が鏡に映すほどに
左右が正確に対照的に動くようならば骨盤底はいい。

ちょうど真ん中にいて癖のない左右の足が動く際の
中を分ける干渉部分として存在する性格のものです。

それが左右の足の使い方が、
ちぐはぐであればあるほど、
骨盤底筋はねじれゆがみだすのです。

世間ではあまりそちらへ注目がいっていないようですが、
数歩も私の目の前で歩いてもらえれば、
その方の脚を出す際のつま先の向きや膝の向きや上げ下げ、
内転筋やハムストリングの使い方が理想的か、
間違って大腿直筋過多で使用していないか、、、
その他、いくつかの情報を分別してつかみ、
骨盤底筋部分のねじれ等があることを発見は容易です。


そして今、
私がなにげなく町中で観察をすると、
多くの若者たちや子供たちまで問題がでてきています。
大人たちの場合は、年齢を加えた多年に渡り左右差の大きい脚部の使い方をしていれば、
それに比例して問題が増すのは言うまでもありません。

足の使い方の質がいいものと悪いものとは、
一面的に言うと骨盤底の問題にまで飛び火するのです。

歩くというものは、
「頑張って、歩け!歩け!歩け!」というのは、
私に言わせていただければ、効率が悪く思える。

美容や健康や長寿まで、
美しく左右シンメトリーな脚部の捌き方ができているかどうかで決まるのです。

そこには歩く量より歩き方の質。
そちらにまずは着眼しなければ。

距離を歩くのも大事ですが、
シンメトリックな脚部の操作と、
操作する筋骨格の使い方の技術があって生きるものです。

歩き方が理想形から遠のいた状態で長年繰り返していれば、
そのような歩き方の癖を抜くことは至難の業だと思ってください。

本来は解剖生理学的な理合にあった繊細な脚部の使い方が必要で、
逐次的な指導で指示されるならば、その内容は広範囲に渡ります。

理想形の歩きに近づけるには、いくつもの壁を打ち破らなければ。
それには歩き方の質を上げようとする自学研究が、まず必須です。


そんな理想的な繊細な歩き方をしていなければ
左右の脚部の筋肉発達の偏りが影響しますし、
骨盤底筋が引きつり、ねじられるようになります。
同時に骨盤の最後尾にある尾骨がゆがんでしまう。

(※ デスクワークを長時間している人が、ついつい足を踏ん張って座っていれば、
   それが利き足側が強く踏ん張ればそちら側に尾骨が折れ曲がり持っていかれますし、
   両足で踏ん張りすぎればそれは、加速度的に尾骨が前に前にと折れ曲がりだします)

そのように、脚部の理想的な使い方から離れれば、
その人が気付かぬうちに日常生活を送るだけでも、
尾骨は誰もが普通に理想位置から徐々にずれだして変位してしまうものなのです。



ということで、歩き方等がちょっと難がありそうだと私が目をつけた人は、
大なり小なり、尾骨の曲がりだしてしまうような変位の問題がでてきます。

それが小さな変位ならば日常生活の送る場では、さほどは問題無いでしょう。
ですが大きな変位ならば日常生活を送る上では、生活の質を落としだします。

なんだか、いやな不安を煽り立てるようなことをいうなぁと言われそうですね。
申し訳ない。

ただ私は、耳の痛いことも、理由があれば聞いておこうと言うひとは、
成長しつづけられる認知力が富んでいる人であると賞賛したいですね。

隠されたものを見つけ出されたようなときに、
どのように対処するかは個人の自由ですから。


ただ尾骨の曲がり方の状態が多大にな人の場合は、
ゼがひにでも私は対処して改善を求めて欲しいと思います。

それが生活のレベルを向上させてくれることでしょう。


たとえば、あるお一人のお客様の様子をお伝えしようかと思います。
もちろんのこと個人名は当然あげられません。
内容を詳しく話しすぎるのも個人のプライバシーもございますので、
表面をかいつまんだ形で語らせていただきます。

・----------------------------------------------・

私の施術をお受けいただいているお客様で尾骨骨折をしたことがある男性が、
私に教えてくれました。

骨盤底筋群を一生懸命に自力でマッサージを加えたところ、
問題のしこりなどが奥から奥から見つかってはリリースし、
それを繰り返していくうちあることに気づいたといいます。
(※ すでに数ヶ月、
   独自に骨盤底筋へアプローチなさっておられます)

尾骨骨折をした尾骨ですが、
触ると、すでに動くようになっているのだそうです。

^-^ かなり画期的な、素晴らしい変化です。これは。


なんと、なんと。
その尾骨の動きはまっすぐに理想形に伸びやかになる日もあるのです。
そんな日はとても爽快感がある一日を過ごせます。
生活も精神的にも肉体的にも楽なのです。

その尾骨の動きが肛門側に曲がりがきつく変位が大きい状態の日もある。
そんな日はとても不快でつらい一日になる。
精神的にはいらいらしたり怒りっぽくなる。
肉体的には腰痛や疲れやすくなってしまう。

そのようなことが日々、波が来るように変わるものだそうです。

大変に、これは興味深い内容です!!!


おそらく以前は尾骨骨折をして肛門側に曲がりっぱなしでした。
それは臀部筋の硬化や膀胱経のラインの筋緊張が解けないなら、
そこから逃れることはできないでしょう。
それらの尾骨を前へと押し曲げる力が、
自らの体の中の筋緊張が著しく歪んだ筋膜の牽引力により、
尾骨は容易に曲げられてしまうものです。

つまりここで言えるのは、
尾骨骨折をしたことは、
尾骨が前方へ曲がってしまう、きっかけにはなります。
ですが尾骨自体が骨折して前方に曲がってしまっていただけではないんですね。

やはり尾骨の骨自体が骨折して前方に押し出されRようであれば、
それは骨のジョイント部分が骨化してにっちもさっちも動かないわけですから。
尾骨骨折をして前方へ押出して歪んだ状態にキープする部分が消せるようなら、
この男性のように尾骨の曲がり変位は改善するような可能性があるのでしょう。

私は、お客様に、
尾骨周囲にある歪みに関連する大立者のしこりを解き進めて、
相応に自身でも骨盤底部分のマッサージをしてくださいねと。
お勧めしてよさそうなタイミングでお願いをしていました。


特にこちらの男性は、自身の体の探究心が旺盛で、
同時に体力もかなりあるという恵まれた状況です。

尾骨周囲にあるしこりが大きく解けるということ、
それはすなわち体の軸が急激な変化を迎えるため、
地の力が備わっていなければ、どんどんがんばれ!
とは絶対に言えない部分です。

変化するというリスクは、
改善する方向へばかり進めるならばいいのだが、
ともすると後退へのきっかけにもなりますから、
そのようなリスクテイクしても立ち直れる人が、
私がどんどんがんばれ!と言える対象ですので。


こちらの男性は登山をなさられており、
現在は私と同様に長距離散歩の愛好家の男性で、
体力的には下半身の充実安定が図られ問題なし。


日々めまぐるしく変わる自分の尾骨に付き合い、
それを鋭い観察眼で調査し自分の身をわかろうとする理性が働いておられる。
私には理性の力で自分の体を見つめ続ける努力。
本能的には不安で仕方ないような事態になって、
動揺し苦境に落ちていった自分を見つめる力は、
並の人間ではキープし得ないことでしょう。

実際、尾骨が曲がっている朝は起きづらいし、しんどい。
それが自分の体を触り観察を続けることで見えてきます。

精神的にもどんよりとかいらいらしたり、怒りがトップスピードで降って湧いたり。
それが常日頃だったらまだ、「自分ってこういうものだからな」と割り切りますが、
めまぐるしく尾骨がすっと伸びたら快調で腰部のだるさや痛みもなく立つのが楽で、
もう何時間だってルンルン気分で歩けそう!という日が訪れる。

まるで富士山麓にあるような画期的なジェットコースターで、
登ったり降りたりをドーンとしてしまうようなことですから。
自分の感情の恒常性などあったものではないのです。
恒常性とは、常日頃からの一定の状態に保つことで、
変化対応のストレスを減らす仕組みです。

特に絶好調から絶不調になったときは、
快晴から嵐の真っ只中という落差です。

そのようなところを耐え乗り切るには、
やはり、誰もができるものではなくて、
人を選ぶものなのだと思います。。。


安直に曲がった尾骨を伸ばせば済むときと、
それでは済まない状態い自分がいるときと。

それを悟るのも、この男性の場合は自力で。
それは自分の身を自分で知ろうとすること。
深く知ればコントロール可能な領域が増え、
いざ何時、何かが起きたとしても自力でも
きっちり復旧できますし、
改善の筋道も自ずとわかりだします。

深く自分の体を知り、コントロール可能な状態にステップアップできること。
そこには今まで知らなかったものに対して、敬虔な気持ちで接することから、
無知の知を乗り越えて知恵者になろうとする尊さがあると思うのです。

すでに知っているというスタンスでは、
人は、目に映るものも観察が滞りなにも見つからずにいるものです。

深く接して知りつくせば、
自動車が運転できるようなライセンスが得られるようなものですね。

施術家の手を、きっぱりと卒業できるタイプの方です。
そして話を伺うにつけ、私にもよい勉強をさせていただけています。

また、現在であれば定期的に私の施術を受けにきていただいているので、
今のお通いいただいているタイミングで、
もし何かネガティブな変化があったとしても、
私が軌道修正をさせていただくことはできるので。

そこも安心材料で、頑張って「前進、前進を繰り返す様子の報告」を、
私も「なるほど〜」や「ほ〜、それはすごいですね」と聞き取れます。

私も少しだけはお客様の水先案内人のようなサポートができますから。
少しは頑張りやすいかもしれません。 ^-^

まったくの体についての素人で独力でどうにかやろうというと、
どうしても迷宮にさまよい、数度も痛手を被れば不安で投げ出すところでしょう。

ただ水先案内人がいたとしても、他人の言う戯れ言。
そうならないように私も信頼関係が結べるようにしたいと思います。

この男性の変化対応力の優秀さやモチベーションの高さがあってこそ、
数十年来の尾骨骨折をしてその後につらい体調不良を引き起こされた
苦境を乗り越える力になっているのでしょう。


と、、、、。


ずいぶん話が回りくどくなりましたが、
ヴェレダ カレンドラベビーオイル 200mlを、会陰部にコットンに浸して一昼夜を過ごすことで、
女性の場合はカレンドラベビーオイルに含まれるホルモンに作用するらしい成果で、
会陰部がふかふかの柔らかさになるといいます。

会陰縫合部分は、相当に硬い部分へ陥っている人も多いのですから、
そこが緩むだけでも骨盤底筋全体を緩ませるのに弾みをつけられる。

それは尾骨の変位を改善させるところにも、
バトンは渡されるのではないだろうかと考えました。

実際はデータが、今の段階では取れていませんから、
なんとも言いがたいところですが、
こちらの文章を読んで、
何らかの気づいたことがある人がいたら、ぜひ体験情報を寄せていただければという思いもありますので。


もしかすると、
会陰部が緩むのは女性の場合だけの成果なのかもしれないので、
男性には門外漢かもしれないのですが。。。
それは後日、他になにかいいものがあれば探しだすにしましょう。


ただ実際に女性のお客様の中に、
今回の予約順番待ちにお並びになられているお客様の内に3名、
尾骨の変位が大きいのではという方がおられました。
お一人は、本当に尾骨骨折をしてからの体調不良が深刻だと語っていただけました。
それを聞きまして思い出したら、やっぱりどうにかわらにもすがる思いで手を考えねば。
(同じ時期に同じ症状を持つ方が、シンクロして申し出ていただけることが多いのです。
 それにより尾骨の変位を改善させることが必要な方が共鳴して集まっていただけたのでしょうか)

もしかすると、こちらのオイルが福音をもたらすのかもしれないと思い、購入決定しました。


ボトルのフタをを開けて、
どのような香りか、粘りはどうか、等は手に入れなければ伝えられません。
ここへは、、、やっぱり優先的に教材費として投資しておこうかと思って、
購入し昨日の夜に届きました。

私にはアーモンドオイルよりもごま油ベースが存在感が大きく感じられました。
配合されたトウキンセンカ花エキス、カミツレ花エキスの作用はわかったかどうかというと、
「どうなんでしょう!」という感じですが、
香料は女性にはあまり好き嫌いのないような女性らしい香りづけのような気がしました。

マッサージをするために肌へ塗りこむ際の浸透力がよい。
そしてごま油のサラサラ感が好きな人はいいのでしょう。

パッケージにはすべての方にアレルギーが起こらないということではありませんと書かれていますが、
ごま油もアーモンドオイルも酸化しづらいキャリアオイルで安定していますし、
もとがベビーオイルという赤ちゃんの肌にも問題が起きづらいよう工夫されているので。
そこは相応の安心感があります。

ただ、最大のネックは200MLで2700円。
そちらが購入するには高いもののように思えて、
躊躇させられるところですよね。


私が普段使いしていたものは、
次のオイルです。。。

エミューマッサージオイル 350ml

今はアマゾンでは¥ 10,800もするんですよね。

値段分の価値はあると思います。

私が自分で利用しての感想では、
ちょっとした筋肉痛などは魔法のように消える。
べたつかないし少量で伸びもいいから。
意外に長期にわたって持つところがいい。

ただ私は医療関係の販社から買っていたからもうちょいと安く手に入れていたものの、
どんどん高くなっていくのは確かでして。

どこぞの人が「あのかわいいエミューをオイルにするなんて」と、
悲痛な面持ちで申されていましたし。^-^;

だから私にはヴェレダ カレンドラベビーオイルは、
エミューオイルと比較すると、安価に見えてしまう。



とりあえず、当分の間は自分用のマッサージオイルとして利用しようと思います。

私がこちらを使いきる前に
もしお客様のなかに、こちらのオイルの感触を知りたい人がおられましたらお申し出ください。

posted by スズキ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

呼吸関連筋たちの改善と、もう少し拡大して立位での足裏重心がどうかかるかで呼吸を眺めたとき

先日、メールでお客様にお返事をさせていただいた部分の抜粋をのせさせていただきます。
後に思いついたことを一部加筆させていただきました。
また加筆箇所は(  )でくくりました。

まだお会いしてボディチェックをさせていただいていないお客様です。
それゆえ一般的なところでの物言いになってしまい、
個別具体的な状況はわかりません。
それはそれでも一部でも参考になればと思い、
ざっくりと回答させていただいたので項目の箇条書きに書き方が留まりました。

とりあえず、
呼吸がしづらいと感じておられる方は、ご一読を。 ^-^

・----------------------------------------------・

(事前に『漏斗胸』ではないと、医師に確認していただいた後のこと)
※ 漏斗胸とは、胸骨部分が内側に凹んでしまっている状態のこと。
  その場合には、手術対象となる場合も含まれますから、
  自身で胸骨下部の凹みが気になるときは医師に相談を。
  
(また漏斗胸ではないが、『胸郭変異』という症状はより多くの方に見られている状況です。
シンメトリックな動きが必須のバレエをなさっておられる方にも、
実際、体のバランスをこれで崩していることに気付かれていない。
そのようなケースでは練習でどうにかしていくというよりも、
胸郭変異を正常化させることが優先したほうがいい練習になると思います。

と、すぐれたダンス能力をもつ彼女たちでも、気づいていないことが多く、
いわんや、一般の方にて、首こりや肩こり、腰痛、背部痛などが強い人達、
その他、何気ない慢性的な胴体部分の不調を抱えている人の多くに、
事の大小がありますが胸郭変異になっている不都合を抱えているようです。

すると一見すると健康体と見られている方々のなかでも
胸郭変異が見られるということ。
それにより体の重心が高止まりして安定せず、
疲れやすいし、呼吸器系にとどまらず心臓に負担をかけるなどの様子がみられる。
胸郭は正常な左右シンメトリー状態が理想だが、
骨盤の左右の歪みや手の片側を使いすぎたり首や肩のこりなどから肋骨の骨自体が位置ずれを起こす。
この場合は症状とまで明言されることはないケースも多いのであるが、
呼吸のしづらさや自立神経失調症といえそうな不調を覚え、
不眠や疲れやすさや気力減退、精力の減少などの調子の悪さを感じることもあるようです。

また理想的な肋骨は、仰向けに寝ていただいて胸骨部を押すと、
柔軟剤を効かせてふわふわな洗いたてのタオルを10枚重ねした感じで、
ふんわりと沈み込みます。

それが胸郭変異があれば、ふんわりと沈み込まなかったり、左右に沈み込みがずれたり、
手の圧を弾かれて沈み込まずに粘ってしまうような状態です。

胸郭全体は、正常でしなやかな状態ならば、どこを押しても別段痛みも感じません。
「あっ、押されてるな〜」程度です。
ただし問題が出ると極端に鋭い痛みがでるのがこちらの特徴です。
胸郭変異が、肋間筋や横隔膜部分、大胸筋や首筋の筋肉、
それに腕の筋肉などの呼吸関連筋等で起きているとき、
まだ状態としてそれらがいくらかでも柔らかさがあれば強烈な痛みがでるほどの炎症を持っています。
このような場合は、自身でオイルマッサージを丁寧に繰り返すことで緩みが増していく傾向があります。
またすでに柔軟性が低下して筋の伸張性が劣化した場合は、痛覚神経が麻痺を起こして無痛となります。
後者のほうが、状態の変化を作り出すことはかなりのテクニックが必要となります。
セルフではとても難しいので、一部著名なヨガの先生等でもこの障壁を崩せないほどの厄介なものです。)



呼吸関連部と言っていい場所は、
詳細にみていけば数限りないもののように感じています。
そこでそのなかの一部の私が、そのなかでも一般的に主だったものだと思えるものを挙げておきます。

腕のこりや腕と肩の付け根の奥のこり、
肩甲骨周り(特に大円筋や肩甲下筋などの硬化)、
肋間筋の筋緊張や虚脱して伸びきっている部分、
鎖骨上下の可動が可能か、鎖骨の位置が高止まりしていないか

また大腰筋部分が硬化が強すぎるときには
腹部の奥が緊張して硬化が著しい状態になり、
それが横隔膜や骨盤隔膜という直接呼吸に関わる隔膜を動かせないように
動きづらさをだしてしまいます。
そちらは察していただけているようですね。 ^ー^すばらしい。

また単純に腹直筋が硬化していても呼吸がしづらくなります。
その際は腹直筋が骨に付着している胸骨や肋骨部分や恥骨部の付着点が硬化が強いときが見受けられますので、
それらを緩めるようにオイルマッサージ等を試されるのもよいでしょう。

(以上、さらっと書きましたが、どれも本当に実直に解ける量に比例して呼吸のしやすさが増していきます。
ただし腕の片側を使いすぎるとか片方の側ばかりでものを噛むとかいうだけでも、
胸郭は歪み始めるものですから、
解いていく必要性と同時に、新たに歪ませないようにする改善の徹底がなければ問題は早々に再燃します)


あとは大きな姿勢でとらえてみると、
かかとで立つかつまさきで立つかという違いがでてきてしまいます。
うまく深い呼吸ができる人は、
左右のかかとがしっかり息を吸うときに地面を押すことができるようになっています。

(通常、右利きならば利き足側のつま先側にばかり重心をかけてしまう。
腹式呼吸では、つま先側に重心が来ると楽に息が吐ける、かかと側に重心が来ると楽に息が吸える。
それが右利きなら右つま先側と左かかとに乗っかったままで、
前後の揺れの移動が自律的に自発的に起きないようになっている。
この立ち方をしている時点で、腹式呼吸が苦手なんだなと判断されるので、
フットプリントで足裏の地面への接触の様子を見れば、それで呼吸がしにくいかどうかも一目瞭然です。
それが理想通りの足の裏で呼吸をするかのような、息を吸う時はかかとで、吐く時はつま先が両足とも、
しっかり揃えて自発自立で起こるようになれば、黙っていても全身に至るまで体調はよくなるでしょう。 )

ただこの姿勢の改善は、全身のバランスを読みながら調整をしていかなければ
かえって現状のバランスを見失って苦しい状態が上塗りになることがあるので、
できれば信頼の置けそうな施術家をみつけていただき腰部の詰まりをゆるめていただいて、
臀部の深部のコリをゆるめていただいて、脚部の大腿直筋や外側広筋等をゆるめていただいて、
などのすでに硬化した筋肉に自由な動きを与えるような下準備をしてから、
それから、全身のバランスを再構成していくよう修正をなさると安全です。
やっていて迷宮にはいることも少ないでしょう。

(すでに長年に渡り体を歪める姿勢を維持していたならば、その状態で体を支えようと体制が整えられ、
その状態をうまく矯正できなければかえって体調不良の深刻なものを与えられることもある。
その場合には、理にかなったプログラムで少しずつ改善を上乗せするようにしなければダメ。

欲張って一気に治そうと考えていては、
「リバウンド」から状態の改善方向を模索する気力も萎えることが多い。
胸郭変異があると、有無を言わさず安定感を乱すような上半身に重心が留まりつづけるので、
先行して全身の筋骨格系の筋肉や骨格の問題をリセットして置くようにするといいでしょう。
ただし3〜5手とか先々まで読んでリリースしないと、このリセットはできないと思います。
それはすでに歪みがでていて、歪ませる状態が身に板についた状態ですし、
体を歪ませることが無意識に起きてしまう癖が強く体に残っているのです。
つねに歪み運動を加えて体を歪ませ続けているので、
この人はどのような歪みを作り出すのが得意なのかを読み、
それに対処した割合で調整をしなければうまくは先に進めないのです。
動物という動き方のプログラムを脳に神経筋に仕込んでいる関係上、
筋膜をリセットしただけでは
そこへの改善力は十分だと言える人はすでに動きのプログラムに精通して理解のある人という少数派です。
だからこそ、体の使い方について、重箱の隅をつつくようなことをいいます。
今までの体の使い方のパターンに、少しでも別の動きのバリエーションを加えさせて、
定番化した歪みへ向かう動き方のリセットへのきっかけとなればという考えです。

それらは
フェルデンクライス等で、熱心にそれらの癖を抜くことは可能だと思います。
他のボディワークを手を広げてしてみたいとおっしゃられれば、ぜひ!と勧めます。)

(以上、一部抜粋終わり)
・----------------------------------------------・

気づいたら補足の(  )が大きくなりすぎて、
最初のメール転載部分を探すほうが難しくなってしまいました。

保育園に務めている保母さんから、
多くの園児がアレルギー性疾患を持っているんですよと教えていただきました。

アレルギー性疾患を含んだ人のほとんどは、
胸腺部分に負荷がかかるような胸郭の状態であるケース。
つまり漏斗胸まではいかないが、胸郭変異ではあります。
私の少ない臨床例でも、
アレルギー性疾患を持つ小さなお子さんの胸郭を実際にチェックしてみたところでは、
柔らかさがある胸郭ではありましたが、胸骨に圧をかけると左右どちらかに偏った凹みになりました。
胸郭変異傾向があるのだろうと考えて、
注意をパンダのおもちゃを握らして、
ご両親と必死に施術をさせていただいたことがあります。

ただ個人的には、痛みが伴うような施術ですから、
幼い子供には操体法のような痛みのないものでのリリースがよろしいのでしょう。


そう考えててみただけでも、胸郭部分のリリーステクニックの恩恵は、
意外なところでも多くの方々の生活向上に寄与すると思っております。




追記:

---また、余談だが、
私にメールをお送りただきました方は、
自力で自分の体の状態を調べていくと
どうやら筋骨格系の緊張やコリが問題。
その発見をネット上の情報から得られ、
自分自身でもアプローチをしています。

そして万全ではないが、
自分で問題箇所をマッサージしていき、
(※問題箇所=呼吸関連筋たちのこと)
以前よりも楽になったといわれました。

私は今は施術のデモの見学会はせずに、
地道に対面での施術の日々となります。

ですがやる気がある人や、
自分のコンディションをどのようにしたら改善できるかのヒントがほしいなと思う人には、
どのようなことを施術ですることで体が変わっていくものなのか。
私のおこなう施術を見学をするだけでも、
何らかの気づきがあるのかもしれません。

たとえば、
腕を解くというのはかなり悲鳴ものの「痛いな〜」となるのかというのもわかります。
「えっ、ここまでやんないと解けないの?!」という印象でしょう。
それ以前に、骨と筋肉が硬化した部分の区別がつけられる人のほうが少ないものです。
それではセルフマッサージをするにしても、本当にここを圧していて意味あるの?と。
そんなところもでてくるでしょうし、
あまりの硬さに驚くこともあるはず。

それでもしこりは有限ですから無限にあるものじゃないのです。
具体的に自分の体を知らずに、施術家の先生だからといって、
おいそれと信用して、自分の可愛い体を任すのはいただけない。^-^;;
できれば自分の体を正確に把握できて、
どこをどう解いてくださいという指示をできることこそ、
自分の体にしっくりしたいいことを受け取れるようになるのでしょう。
詳細までは知り尽くさなくてよいでしょうが、
私はアウトラインは知っていて欲しいと思う。

なので私が施術をさせていただいているとき、
それとなくかまたは露骨に、
「腕の硬さは右が硬いよね〜」とか
「この場所は、こんな感じですね」などと、
微妙な言葉で実況中継をしていることが多い。

意外に私が自分自身に聞かせているようでいて、
お客様の中にはそのような情報を知りたいひともいるだろうから、
ぶつぶつわざと言っているところもあるのです。


または、、、
重心がちょっとでも狂えば、人の体は支えをなくしたおもちゃのようにぐらつくもの。
胸郭異常があれば少なからず重心がずれていて、体に疲れがたまりやすいのは、
ぐらつく体をつねにぐらつかないように筋緊張を強いて、筋が疲弊するからとか。

実際に通しで施術を見学すれば、長い時間がかかります。
手当をするべき必要な箇所の多さに、ちょっと嫌気が刺しそうなほどでしょうが。


私は、施術を受けると言う前に、
自主的に自分の体と向き合いセルフマッサージ等に余念がない人ほど、
その後の自分自身の体のなかに潜在する問題を明瞭に気付かれるので、
とても素晴らしいことだと思っています。

自分でやり方を試行錯誤して工夫したものは、
自分のかわいい持ち物になります。

他人がやり方を造作なく教え伝えたものは、
他人の意味不明すぎな持ち物でしかないといえるもののときが多いから。

たとえ施術者のように十分なことができていなくても、
自分で自分の体を癒やすための試行錯誤をした人ほど、
自力で自分を変える力を信じられる人です。

私には他人の借り物よりも自分の頭を使って工夫した持ち物の方を、
断然、評価します。

それはそのような評価が高い人は、
後に私がこのようにするといいよ、とアドバイスをするときなどに、
水を得た魚のように「なーるほど、そういう考えもあったのですね」
といって、要領よく自分のものに、他人の知識も昇華させるのです。

現在はデモ見学会などは時間の都合上予定するつもりはありません。

ですが他のアイデアで。

施術は文章化してしまうと立体的な人体とは思えない平坦な感じに。
それではまったく使い物になりづらいよなというのはわかってます。

自分の足や手や頭を使って前進するぞ!という人には、
頑張れという言葉以上の何かを送りたい気持ちになる。

(都合、文章よりも、音声での解説。音声よりも映像・・・だろうか。
一般公開については、
施術技術を要領を得る前に真似られても責任を取れませんからしない方向で)

そのようなことを思う、この頃です。 ^-^
posted by スズキ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする